ヴィトックスαでハゲる噂は嘘?AGA治療薬との飲み合わせはOK?

何かを得るためには別の何かを失わなくてはならない…というような設定を漫画などで見かける事はありますが、ペニス増大サプリのヴィトックスαでも似たような噂がささやかれています。それは「ヴィトックスαでペニス増大効果を得られる代わりにハゲてしまう」という噂です。火の無い所に煙は立たないとは言いますが、何故ヴィトックスαを飲むとハゲると言われているのか、その噂の真偽について調べました。
また、既に薄毛治療をしている人は飲んでいる事も多い、ミノキシジルやプロペシアとの飲み合わせについても書いています。

 

【このページの目次】
1 ヴィトックスαでハゲるのは嘘?
・ヴィトックスαは何故ハゲると言われるのか
・ヴィトックスαでハゲるのは嘘!
2 ヴィトックスαは薄毛回復に効果ある?
3 ヴィトックスαとAGA治療薬の飲み合わせはOK?
・ヴィトックスαとミノキシジルの飲み合わせ
・ヴィトックスαとプロペシアの飲み合わせ

 

 

ヴィトックスαでハゲるのは嘘?

ヴィトックスαは何故ハゲると言われるのか


ヴィトックスαを飲むとハゲるという説が流れているのは、「男性ホルモンが多いとハゲる」という都市伝説レベルの情報が出回っているからなのではないでしょうか。

 

■男性ホルモンが多いとハゲるのは本当?
男性ホルモンが多いとハゲるという説は聞いたことがあるという人も多いと思います。そこで、実際その説が本当なのか調べてみたところ、ハゲる原因の一つに男性ホルモンが関係していることは事実ですが、男性ホルモンがハゲの直接の原因ではないという事がわかりました。
男性の薄毛の型として最も多いと言われているのはAGA(男性型脱毛症)という症例なのですが、このAGAは男性の頭皮に存在している「5αリダクターゼ」という酵素と男性ホルモンが合体することで出来上がるDHT(ジヒドロテストステロン)という成分のせいで進行してしまうのです。
男性ホルモンは個人差はあるものの男性であれば食生活やサプリメントの効果などによって増減はしますが、5αリダクターゼの分泌量は遺伝子によって決まっているのでハゲやすい人とハゲにくい人がうまれるのです。ですので、男性ホルモンの量が多かったとしても5αリダクターゼの量が元々少ないのであればハゲる可能性が低いので、男性ホルモンがハゲの直接の原因ではないのです。

 

■ホルモンバランスの崩れには注意!
サプリメントによる男性ホルモン分泌の促進であればホルモンバランスが崩れるほどの効果は起きませんが、ホルモン関連の医薬品などを服用するとバランスが崩れる可能性があります。もちろん医師に定められた範囲内であれば低いですが、ホルモンバランスの乱れにより髪の毛の成長にも影響を与えて薄毛になる可能性もあります。また、栄養不足などでもホルモンバランスの崩れは起きますので正しい食生活は心掛けましょう。

 

 

ヴィトックスαでハゲるのは嘘!


ヴィトックスαに含まれているシトルリンやアルギニンと言った成分には成長ホルモンの分泌を促進し男性ホルモンの働きを活性化させる効果があります。ですのでヴィトックスαを飲み進める事で男性ホルモンが増える事には繋がるのですが、先ほども説明したように5αリダクターゼの量が増減するという事にはつながらないので、ヴィトックスαが原因でハゲるという事はありませんので安心してください。

ただ一点気を付けなくてはならないのはヴィトックスαの過剰摂取による副作用です。ヴィトックスαは医薬品ではなくサプリメントですが1日の推奨摂取量がメーカー側から定められています。ホルモン系に影響を与える医薬品ほどの効果はないので、過剰摂取をしてもハゲてしまうということは考えられませんが、副作用が発症してしまう可能性もあるので、摂取量はしっかりと守って飲み進めていきましょう。

 

>>摂取量を守れば心配なし!ヴィトックスα公式サイトはこちら

 

 

ヴィトックスαは薄毛回復に効く?

では逆にヴィトックスαは薄毛回復に効果はあるのか調べてみました。

 

■ヴィトックスαに5αリダクターゼを抑制する効果はなし
ペニス増大サプリの中でもトップクラスの100種類以上の成分配合数を誇るヴィトックスαですが、残念ながら薄毛の原因のひとつである5αリダクターゼの分泌を抑制するほどの効果は期待できません。というよりもヴィトックスαに限らずペニス増大サプリで5αリダクターゼの分泌を抑制するほどの効果を持つものは販売されてないと言っても過言ではないでしょう。

ヴィトックスαを始めとするペニス増大サプリには亜鉛が含まれていることがあり、亜鉛には5αリダクターゼを抑制する効果があるとされているので配合している育毛サプリなどはあります。ですがそれはあくまでも5αリダクターゼの抑制を目的として他の育毛成分との飲み合わせを考えて適量を配合しているので、ヴィトックスαに含まれる亜鉛の効果で5αリダクターゼの抑制というのは難しいでしょう。
また、亜鉛自体にも摂取量の基準は定められており、その基準量を超えると副作用が起きる可能性もあるので、ヴィトックスαを飲み進めている時に育毛サプリを飲む場合には基準量を超えないように意識して飲むようにすると良いでしょう。

 

 

■ヴィトックスαの血行改善効果が薄毛に効く?
5αリダクターゼと並んで薄毛の原因として挙げられることが多いのが血行不良による薄毛です。人間の体内では端から端まで血液が循環しておりその血液に乗って栄養などが運ばれていますが、頭皮は身体の頂点にある部分なのでなかなか血液が行き届きにくい部分なので血行不良が進むと髪の毛が成長しにくくなり、薄毛になりやすくなってしまいます。

そこで役に立ってくれるのが、ヴィトックスαが誇る効果の一つ「血行促進効果」です。ヴィトックスαに配合されているシトルリンやアルギニンは成長ホルモン分泌の促進の他にも血行を促進する効果があります。男性のペニスは海綿体という細胞で構成されていて、そこに血液が流れ込むことで海綿体がスポンジのように膨らみ勃起するので、ペニスに流れ込む血の量を増やすことでペニス増大を狙うというのがヴィトックスαの本来の効果なのですが、血行が促進されるのはペニスに限ったことではありません。ヴィトックスαの効果で体内の血行が良くなるのでもちろん頭皮の血行も良くなることに繋がります。

そのため、ヴィトックスαの薄毛に対する効果をまとめると、抜け毛の原因などを抑えるような効果はありませんが、体内の血行を良くして髪の毛へと栄養が行き渡りやすい状態にして、丈夫な髪の毛を作る効果には期待できます。

 

>>血行促進は頭皮にも効く!ヴィトックスα公式はこちら

 

 

ヴィトックスαとAGA治療薬の飲み合わせはOK?

育毛剤よりもハゲの改善に効果があるとされているものがAGA治療薬。そしてそのAGA治療薬は専門のクリニックで処方して手に入れるか、海外から個人輸入をすることで手に入れる事が可能です。中でも有名な発毛剤がミノキシジルとプロペシア。この2つを常用している人、またはこれから飲もうかと考えている人がヴィトックスαと同時に飲んでも大丈夫なのか調べてみました。

 

ヴィトックスαとミノキシジルの飲み合わせ


ミノキシジルは体内の血管を拡張して血液の流れを改善するために、もともとは高血圧の治療のための薬として使われていました。その医薬品を服用していた人の体毛が濃くなるという副作用が見つかったため、発毛剤として使われるようになりましたが、元々血圧に異常が無い人がミノキシジルを飲むことで頭痛などの副作用が発症してしまう可能性が高いので、慎重に扱う必要のある医薬品という立ち位置になっています。
そのためミノキシジルを飲む時には他の血圧に関する薬を常用している人やアルコールなどの血流に変化を与えるものを飲むことが禁止されています。医薬品ほどではないですが、血行を促進させ血流改善の効果を持つヴィトックスαもミノキシジルと同時に飲むことは控えた方が良いでしょう。

 

 

ヴィトックスαとプロペシアの飲み合わせ


プロペシアもミノキシジルと同様本来は薄毛回復ではなく別の用途で使われていた医薬品です。本来は前立腺肥大の治療で使用されており、5αリダクターゼの抑制の効果を持つので薄毛の治療に使われるようになりました。そのため、ヴィトックスαの血行促進効果がプロペシアの効果と喧嘩してしまうことも無いので同時に飲むことが可能です。もちろん過剰摂取には気を付ける必要はありますが、医師に処方された範囲内で飲み進めていけば、ヴィトックスαとプロペシアの飲み合わせは問題ないと言えます。
ただし1点気を付けなくてはならないのが、プロペシアは成人男性専用の薬なので、子どもや妊娠中の女性が飲んだり触れたりすることが禁止とされていますので子どもや女性の手の届かない所に置いておくなどの注意が必要です。

ヴィトックスα単体であれば副作用の危険性は無い安全なサプリメントなのですが、それと同時に薄毛治療を進めていきたいと考えている方は飲み合わせに注意しましょう。

 

公式サイト
>>あなたもサイズアップしたいなら今が買い時!ヴィトックスαはコチラ!