パソコン修理ブログ

2008年モデルimacの修理について

  • 2013-06-25 (火)
  • Mac

こんにちは!

今回は2008年モデルimacの修理についてご紹介したいと思います。

 

 

電源を入れると?マークが出てしまい、起動する事ができなくなっている状態になってしまったそうです。

発売当初にご購入されたそうなので、約5年程度経過してますね。

 

 

パソコン内部の部品も4~5年前後から故障してしまうケースが多いのです。

一度お預かりさせて頂いて、内部の部品に異常がないかどうかをお調べする形となりました。

データが重要とのことですので、そちらを優先して検査を行っていきます。

 

 

Imacからハードディスクを取り出すには、液晶パネルのカバー及び液晶パネル自体を取り外す必要があります。
windows機とは少し変わった作りをしているのが少しおもしろいですね!

さて、液晶パネルを取り外しハードディスクを取り外し、データの救出を試みました。

ところが、ハードディスクを接続しても全く反応がありません。

 

通電はして動いてはいますが、うまく認識できないようです。

もしかするとハードディスクの故障が今回の原因の可能性があります。

試しにハードディスクの状態を検査してみると・・・

 

 

エラーが出ました。やはりハードディスクが故障してしまっているようです。

ハードディスクを交換することによって正常に動作することが分かりましたので、今回はハードディスクの交換及びリストア作業をして修理完了となります!

VGC-JS50Bの修理について

こんにちは!

今回はVGC-JS50Bの修理についてご紹介したいと思います。

 

 

こちらは使用中に電源が落ちてしまう事があるということでお預かりさせて頂きました。

特にパソコンに負荷をかける作業をしている際に落ちてしまうことが多いようです。

 

 

店頭で起動させた限りでは症状はでませんでしたので、お預かりして詳しく診させて頂くことになりました。

まずはパソコンを簡易的に分解し、ハードディスクやメモリなどの検査を行います。

特にハードディスクは様々な不具合の原因になっていることが多いので、データが正常に読み書きできるかどうかのテストをします。

今回お預かりさせて頂いたパソコンは、ハードディスク・メモリ共に正常な状態で異常がありませんでした。

 

 

データのバックアップもきちんと行えたのでハードディスクをお客様のパソコンに戻して検証を行います。

起動自体は問題なく行え、インターネットの観覧や音楽鑑賞なども正常に行なえました。

負荷をかけると症状が出るとのことでしたので、負荷をかけるツールを使用して検証したところ、負荷をかけて20分手前くらいで急に電源が落ちてしまいました。

 

 

パソコン自体も熱を持っていたので細かく分解してみると、熱を逃がす排気口付近に埃がびっしりと溜まっていました。
ここまで埃が溜まっていると、本来外に逃げるはずの熱が逃げずに内部に篭ってしまうので熱暴走を起こしてしまう恐れがあります。

試しに埃の除去とグリスアップを行いました。

 

 

すると、負荷をかけても1時間が経過しても症状は出ず、安定して動作するようになりました。

今回はパソコンの内部のクリーニング作業をさせて頂きました。

NB14Bの修理について

こんにちは!

今回は富士通のノートパソコン「NB14B」の修理についてご紹介していきたいと思います。

 

 

こちらは今となっては珍しいwindows XPがインストールされているタイプのパソコンになります。

段々と動きが遅くなって起動ができなくなってしまったということでお持ち込み頂きました。店頭で実際に確認させて頂いたところ、windowsのプログレスバーで固まってしまう状態でした。

 

 

こちらで固まってしまう場合は、システムの不具合やハードディスクなどの故障などが原因のことが多いです。

その場でのお直しが難しいタイプの症状のため、一度お預かりして検査させて頂くことになりました。

パソコン自体も年数が経っているため、部品自体も弱っている可能性がございます。

 

 

ですので部品の検査はいつも以上に入念に行います。

初めにはハードディスクとメモリの検査を行いますが、ハードディスクのデータをバックアップする際にエラーが確認されました。

一部正常にデータが読み込めない場所があるようです。

 

 

エラーが出ながらもバックアップは正常に行なえましたので、テスト用のハードディスクにデータを移行して検証をしていきます。

テスト用のハードディスクをお客様のパソコンに使用したところ、正常に起動しました。

その後、お客様のハードディスクを精密検査したところ、一部に読み書きが正常に行えない不良セクタを見つけました。

 

 

ハードディスクを交換することによって正常にお使い頂ける事が分かりましたので、ハードディスクの交換及びデータの全環境以降作業といった形で修理させて頂きました。

 

G550の修理について

こんにちは!

今回はLenovo製のノートパソコン「G550」の修理についてご紹介したいと思います。

 

 

雷があって以降パソコンが起動しなくなってしまったということでお持ち込み頂きました。

電源ボタンを押すと、通常は電源やハードディスクのアクセスランプが光りますが、これが全く光らない状態でした。

内部のファンなども動いている様子はないので、通電自体が上手く行っていない感じです。

 

 

こういった場合はパソコン内部の部品に不具合があるケースが多いので、一度お預かりして検査を行う形となりました。

まずはハードディスクやメモリなどの部品を外して、検査を行います。

と並行致しまして、ノートパソコンをバラバラに分解して内部の基盤などのチェックを行います。

 

 

雷などの場合は、コンセントを伝ってパソコンに強い電流が流れ故障してしまうといった事があります。

また、内部の基盤に静電気などが溜まってしまうと同じように通電しなくなってしまうことがございますので合わせて放電の検査も行います。

今回の検査の結果、データを保存しているハードディスクやメモリ等の部品にには異常はなく、内部のマザーボードと呼ばれる基盤が破損してしまっている状態でした。

 

 

マザーボードを交換すれば以前の様に正常に起動する事が可能ですので、今回はマザーボードの交換といった形で修理させて頂きました。

600Xの修理について

こんにちは!

今回はIBMのノートパソコン「600X」の修理についてご紹介したいと思います。

 

 

こちらは起動全くできなくなってしまったということでお持ち込み頂きました。

電源を入れるとメーカーのロゴは表示されますが、その後はいくら待っても反応がない状態です。

こうなってしまう前には、使用中に画面が固まってしまったり、動作が遅かったりしていたようでした。パソコンの中にはお仕事で使用されているデータがたくさんあるということでしたので、お急ぎで診させて頂きました。

 

一度パソコンをお預かりさせて頂き、中の部品の検査などを行います。

パソコン自体も新しいものではないため、部品も入念に見ていきます。

分解し中を見てみたところ、ショート痕や破損などは確認できませんでした。
データが重要とのことでしたので、ハードディスクからデータが読めるかどうか確認を行います。

内部のデータのバックアップをとっている最中に、ソフト上でハードディスクにエラーがあると表示がでました。

 

どうやらハードディスクの故障が疑わしくなってきました。

データ自体は何とか救出することができ、このデータをテスト用のハードディスクにコピーしました。

このハードディスクをお客様のパソコンに入れて電源を入れたところ、正常に起動するようになりました。

 

ハードディスクの故障が今回起動しなくなっていた原因でした。

今回はハードディスクの交換及びデータの全環境移行といった形で修理させて頂きました。

 

LL750/Mの修理について

こんにちは!

今回はLL750/Mの修理についてご紹介したいと思います。

 

 

こちらのパソコンは使用中に固まってしまうということでお持ち頂きました。

起動はするものの、インターネットをしていたり、ワードなどで書類作成などをしていると固まってしまうとのことでした。

店頭で確認してみると、起動して何も操作をしていない状態で固まってしまうことが確認できました。

こういう状態ですと、その場でシステムが原因なのか部品的な故障が原因なのか特定することは難しいため、一度検査のためにお預かりさせて頂きました。

固まってしまう原因として、セキュリティソフトの競合や、データを保存しているハードディスクの故障などがあります。

また、固まらないにしても、重くなっている原因として同じような原因によって起きている可能性もあります。

まずはバックアップなどを取って、安全に作業を行います。

合わせて部品の検査も行なっていきます。

今回、部品の検査を行なった結果、ハードディスクに異常がある状態でした。

内部のデータを救出することはできましたので、こちらのデータをテスト用のハードディスクに移して動作を確認したところ、固まってしまう症状が改善されました。

今回はハードディスクの交換及びデータの全環境移行作業といった形で作業させて頂きました。

LL550/Rの修理について

こんにちは!

今回はNECのノートパソコンLL550/Rの修理についてご紹介したいと思います。

急に使えなくなってしまったということでお持ち込み頂きました。

電源を入れてみると、電源のランプやハードディスクのアクセスランプが光る状態なので、通電はしている状態でした。

しかし、画面は真っ暗のままで全く映りませんでした・・・。

全く画面が映らない状態ですと、液晶パネル周りの部品や基盤周りの部品が故障してしまっているケースが多く見受けられます。

内部の部品の検査を行うために一度お預かりさせて頂く形になりました。

 

 

こういったケースですと、液晶パネル・LCDケーブル・インバータ・バックライト・マザーボードなどの部品を確認するためにパソコンを細かく分解していきます。

ハードディスクも合わせて分解し状態を確認致しましたが、こちらは問題なく動作している形でした。

また、液晶パネル周りの部品を交換してみたりしましたが症状が改善されません・・・。

今回の画面が映らない原因はマザーボードにあることが分かりました。

ハードディスクは正常に動いていた形になりますので、マザーボードの交換といった形で修理させて頂きました。

 

 

FMVNFG40の修理について

今回お持ち込み頂いたノートパソコンは起動中に「ファンが停止しています」とのメッセージが表示されたとのことです。

まず、起動時の表示が信頼できるものなのか調べたところ、メーカー製の信頼できるソフトであることが分かりました。表示から考えるとファンの異常が考えられますが、別の部品の故障が原因で結果的にファンが停止していることも考えられるため、故障部位の特定作業を致しました。

作業内容としては、故障が疑われる部位のテストを行いまして、正常に動作しているか確認致しました。その結果、他の部品には問題が無かったため、ファンの動作テストに進みまして、CPUファンの故障であることが特定することができました。

完動品のCPUファンと交換してから動作テストを行ったところ、問題なく正常にファンの回転が確認できました。その後、詰めの確認作業として正常に動作しているかの負荷テストを行いました。今回は「ファンが停止しています」との表示が出なければ修理完了ということで、高負荷テストを数時間行いまして、全体の正常動作を確認致しました。

ファンが停止したままでの使用は故障範囲が広がる危険性がありますので出来るだけ起動させずにご依頼頂ければスムーズな対応が可能となっております。

 

FMVEK30WKの修理について

今回のお持込み頂いたパソコンは、デスクトップ型のもので症状は「Cドライブの容量がほとんど無い」とのことでした。

まず、起動テストをしたところ問題なく使用できますが、Cドライブの空き容量が数メガバイトとなっており、容量マークが赤く点灯している状態でした。空き容量が全く無くなってしまうと、システムの動作にも悪影響が考えられますし、新しくエクセルやワードを作成する際にトラブルとなる可能性も在りますので、空き容量を確保したいと思います。

まず、不要なデータの削除で対応出来ないかチャレンジすることにして各フォルダの容量を調査したところ、特に不要なファイルで圧迫されているわけでは無く、必要なデータの容量が大きくなっている状態でした。

この解決策としてDドライブの空き容量に注目しました。今回のパソコンでは、CドライブとDドライブは同一のハードディスクに作られている状態でしたので、CドライブとDドライブの統合が可能でした。Dドライブ内にはデータが空の状態でしたので、Dドライブを削除後、Cドライブを拡張致しました。

今回のように必要なデータにより容量が不足している場合でも、Cドライブの拡張などを行うことで、対応出来ます。

LATITUDE D505の修理について

こんにちは!

今回はLATITUDE D505の修理についてご紹介したいと思います。

 

 

電源を入れるとエラーが出て起動しなくなってしまったということでお持ち頂きました。

早速確認してみると、BIOS画面が表示された後に白い文字でエラーが出ました。

エラーの内容から、ハードディスクを上手く読み込めないことが分かりましたので、ハードディスクを取り出し検査を行いました。

結果、やはりハードディスクが故障しており読み書きが正常に行えていない状態でした。

ハードディスクの状態はあまり良くないので、全てのデータを救出することは難しい形でしたが、一部のデータのみをピンポイントでお取り出しすることが可能でしたのでデータのお取り出しをさせて頂きました。

パソコンを使用できるようにするために、ハードディスクの交換及びシステムの初期化作業も合わせて行わせて頂きました。

搭載されていたハードディスクもあまり大きな容量のものではなかったので、容量の大きいモデルを使用させて頂きました。

今回は、ハードディスクの交換及びシステムの初期化、データお取り出しといった形で修理させて頂きました。

 

Home

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る