パソコン修理ブログ > Windows > 7

7 Archive

TOSHIBA dynabook TX/66FBL

こんにちは。
今回修理依頼を頂いたパソコンはこちらです。

TOSHIBA dynabook TX/66FBLです。

症状は動作全てが遅い、そしてフリーズしてしまう症状です。

早速分解を行い、ハードディスクやメモリの検査を行いました。

まず、メモリ。こちらは異常は出ていない状態です。
問題なくテストをクリアしました。

続いてハードディスクの検査を行ったところ、
残念ながらハードディスクからエラーが検出されました。

動作の遅さやフリーズの原因の1つとして間違い無いでしょう。

恐る恐る破損しているハードディスクのクローンを作成し、
取り付けて起動させてみると、なんとか問題なく起動しましたので、一安心です。
と思いきや、フリーズの症状発生。
メモリテストはパス。もちろん検証用のハードディスクにも異常はありません。

セーフモードで起動の確認を行なうと、なんと普通に(?)起動する状態でした。
なにせインストールされているアプリケーションの数が多いので、スタートアップを
全てOFFにして見ましたところ、通常起動の際のフリーズや動作の遅延は起きないようです。

気になりインストールされているアプリケーションの中を見てみるとなんとセキュリティソフトが
3種類もインストールされていました。何かのインストールの際に入ってしまったのでしょうか。
これはイカンと思い、セキュリティソフトをアンインストールし、スタートアップを戻し、再起動!

その後の動作は問題なく、快適に動作します。年のためCPUやメモリに負荷をかけてみたり
ブラウジングや各種基本アプリケーションの動作の確認等を行いましたが、全く問題がない状態です。

今回の原因はハードディスクが劣化してしまっていて事と、セキュリティソフトのバッティグが原因でしょう。
お客様にお見積もりをお出しして、ご回答を待っている状態です。

例えばGoogle Chromeをインストールする際にもマカフィーがセットで入ってきたことがあったので、
パソコンに慣れてる人、そうでない人も注意が必要だと思いました。

FMVF573BMBの修理

こんにちは!

今回はインターネットに繋がらないという事でFMVF573BMBというパソコンをお預かりさせて頂きました。

早速症状を確認します・・・

 

インターネットエクスプローラーを立ち上げると、ページを読み込んだままで表示されません。

URLを見てみると海外サイトに飛ばされているようです。

 

プログラムの中に怪しいものがないかどうか調べてみると・・・。

多々怪しいプログラムがパソコンの中に入っていました!

まずは、この怪しいプログラムをキレイに消して様子をみます。

 

 

削除が終わり、再起動をかけた後に再度確認しましたがインターネットには繋がらず。

どうやらこのプログラムだけが原因ではないようです!

 

さらに細かく原因になりそうなものを探していきます・・・。

セキュリティソフトやフィルター機能を持つものなどが多数入っているようでしたのでこちらを切って検証を進めます。

 

 

フィルター機能を持つソフトを切ったところで、正常にインターネットに繋がるようになりました!

セキュリティ機能が強すぎるものだったりすると、インターネットへの接続を邪魔してしまうものがあるので注意が必要ですね!

 

 

今回は不要なプログラムの削除を行なって確認を行い、作業完了です!

原因が複数重なっていると修理もやりがいがありますね!

 

 

NEC VN770Vが起動しない

こんにちは。

今日はNECのVN770Vが起動しないパソコンの修理についてです。

今回パソコンの電源を入れるとBIOSからSMARTエラーが検出され起動しない

状態でした。

SMARTエラーはハードディスクが出している信号のようなものなのですが、

この症状が出ていると大体ハードディスクに異常が出ている状態の可能性が高いですね。

 

セーフモードも起動しない状態なのでシステムにも異常が出てしまっている状態のようです。

 

早速お預かりさせて頂いて、分解を行い、ハードディスクのチェックを行ったところ、

やはりエラーが検出されました。

購入して2~3年程度とのことですが、最近のハードディスクは大体2年位たったものの

故障率が若干高い気がしますね。

 

さて検証結果としてはハードディスクに異常がでていて、システムが破損してしまっている状態ですが、念には念を入れて、テストハードディスクを使用し、リカバリーテストを

行なってみました。

 

リカバリー事態には問題なく行うことができて、動作も軽快で

CPUもQuad Coreなので、ばっちり動作します。

 

ですが、一つ問題があり、メーカーのパソコンなので、ドライバーの問題が発生します。

メーカーからのダウンロードが出来ないので、リカバリーディスクの取り寄せを

行う必要があります。

 

NECのオペレータさんに話を聞いたのですが、今のパソコンはリカバリーディスクは付属していなくて、基本的には購入した人が自分で作らなければいけません。

ですが、パソコンに詳しくない人にとってリカバリーディスクの作成は取り掛かるのが

難しいと感じますね。

 

今回のように、メーカに依頼すれば大丈夫ですが、作り置きはしないで、完全受注生産制だそうです。

個人的には2~3日で準備してもらえると思っていたのですが、2週間もかかってしまいました。

 

首を長くしてまったリカバリーディスクを使用し、新しいハードディスクでリカバリーを行ったところ、無事にリカバリーが成功し、ドライバーも全てあたり、完全な状態での

リカバリーを行うことが出来ました。

 

WindowsUpdateを行いサービスパックを最新にして、無事にお客様にお返しすることが出来ました。

 

無事に起動するようになり、お客様にも喜んで頂けました。

今回は重要なデータはなかったので、データの心配はありませんでしたが、

お返しの際に、データのバックアップをオススメさせて頂きました。

 

パソコン本体は部品さえあれば修理は可能ですが、データはそうも行かないので・・・

 

何はともあれ、無事に修理できて、喜んで頂いて良かったです。

これからも喜んで頂けるような修理を心がけていきたいと思います。

NEC LaVie L LL730/Tのパーテーションサイズ変更

  • 2012-10-09 (火)
  • 7 | SONY

こんにちは!

今回の修理はこちら、「NEC LaVie L LL730/T」のパーテーションサイズ変更についてです。

症状としては、Cドライブがいっぱいになってしまい空き容量が少なくなっていますという警告が頻繁に出るので、空き容量を増やしたい、というご要望でした。

元々のCドライブの容量が少なく、Dドライブは大きいのですがほとんど使用していない状態で、Dドライブは空きがある状態でした。

特にSONYのパソコンだと多いのですが、元々出荷時の状態はCドライブが少なめに取られていることがあります。
昔のパソコンですと特に多いと思います。

多くの方は、Cドライブにソフトのインストールをしたりデータの保存などをされていらっしゃるかと思いますので、これではすぐに容量不足となってしまいます。

容量不足になるとどのような現象が起こってくるかというと、上記にも記載したように「空き容量が少なくなっています」という表示が頻繁に出るようになったり、ソフトの新たなインストールができなくなってしまったり(またはエラーが発生する)、動作がおかしくなってしまうなど、システムに不具合をきたすことがあります。

CドライブからDドライブにデータの移行をしたり、外付けHDDなどに移行をすれば空き容量は増えますが、手間がかかりますし、移動してはいけないもの(ソフトやシステムのデータ、関連付けされているデータなど)を移動してしまいますと、更にシステムの不具合が起こる可能性があります。

このような時に有効なのがパーテーションサイズ変更です。

Dドライブに空き容量があれば、パーテーションサイズの変更での対応が可能となり、データの移行や削除をする手間も省け、今後も空き容量を気にせずデータを保存できるようになります。
こちらのパソコンも、Dドライブに100GBほど余裕があったのでDドライブのサイズを縮小し、その分Cドライブの容量を大きくしかなりの余裕がある状態となりました。

元々のハードディスクの容量が小さいと、パーテーションサイズの変更を行なってもさほど変わらない場合もありますが、その場合はハードディスク自体の容量を大きくしてしまう、という手もあります。

同様の症状でお困りの方、パーテーションサイズ変更や、ハードディスク容量の変更など、お客様のパソコンの環境や使用状況を加味したご提案が出来るかと思いますので、ぜひ一度ご相談ください。

NEC LL750 液晶パネル交換

こんにちは!

今回はNEC LL750の液晶パネルの交換修理です。

今回は画面が割れてしまっている状態でした。

早速電源を入れてみましょう。

見事に割れているところが映りませんね。

外部出力は問題ないので、パネルの交換を行うための検証を始めます。

まずはパネルを取り外します。

液晶画面のフレームと取り外します。フレームは脆いので、取り外しの際は

慎重に行います。

フレームを外すと本来、大体の機種にはインバータとバックライトが見えるのですが、それは見えません。どうやら今流行りのLEDパネルですね!

 

液晶の天板を外し、液晶パネルの裏側を確認するとケーブルが差し込まれています。

これがパソコンと液晶パネルを接続しているケーブルでしょう。

 

慎重にパネルから取り外します。このケーブルを壊してしまうとせっかく液晶を直しても

正常に画面出力がされないので細心の注意を持って外します。

 

ケーブルを外したらサイドのネジを取り外して液晶パネルと取り外します。

 

これでパネルが取り外せました。

 

液晶パネル自体の破損の場合、部品の取り寄せで対応をしますので、

型番等で調べます。

今回、新品の同じタイプの液晶パネルが見つかりましたので、新品液晶パネル交換で

お見積もりです。

 

お客様にお見積もりしたところ、ご成約を頂きましたので、早速部品を注文し、

交換作業を行いました。

 

交換後、電源をいれると、正常に画面が出力されていました。

 

これにて無事、液晶交換完了です。

動画などを長時間再生してみて確認を行いましたが、問題なく綺麗に映像が流れていました。流石LEDパネル!

 

通常のバックライトを搭載している液晶パネルよりも寿命が長いそうですが、

流石に割れてしまっては致し方無いですね。

 

今後使っていく上で綺麗に映像を出力し続けてくれればと思います。

 

パソコンのお医者さんでは液晶パネルの交換もスピーディーに行うことができます。

急ぎのお客様のニーズにお答えすることが出来ると思いますので、是非お困りの際は

一度ご連絡下さい!

 

よろしくお願い致します。

DELL XPS 8300 システム修理。

こんにちは。
パソコンのお医者さんのひとみです。

最近、急激な気温の変化のせいか、私の周りでとても風邪がはやっています。
かという私も最近まで辛い思いをしていました(笑)
皆さんも、体調を崩さないように気をつけてくださいね。

さて、本日はDELLのハイスペックモデルのシステムが壊れてしまい、Windowsが起動しなくなったパソコンの修理実例を紹介します。
機種は、DELL XPS 8300 というモデル。搭載OSはWindows7で、電源を入れてもエラーメッセージが出てしまい起動しないとのことでした。

 


さっそく症状確認のため、電源を入れると「DISC BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER」のエラーメッセージ。
スタートアップ修復で直ればいいが・・・などと考えながらも、まずはハード面のチェックを行う。
とくに、ハードディスクやメモリ等には異常はなく、システム面の不具合と断定。ここからシステムの修復に取り掛かる。
まず、先に書いたスタートアップ修復を試すが直らずに、その他、多々修復作業を行うも全て撃沈。
結果、リカバリーをするしかない状態と判明いたしました。ただし、リカバリーをするにあたり、全データが消えてしまうことになるため、
先にデータを取り出してからのリカバリー作業となりますが、お客様の重要データが膨大な容量だったために、データ取り出しの料金がかなりの高額になってしまいます。
ハードディスク自体は異常がないために、普通にデータは取り出せる状態・・・と考えた結果、ハードディスクを1基追加して、Windowsを新しいハードに入れてしまえばデータも残り
高額にならずにうまいこといけるのではと考えました。しかも、その追加するハードディスクをSSDにすれば高速化も合わせてできてしまうではないか!!
と考え、早速お客様にご提案。すると、修理できてかつ速度アップして帰ってくるなんてと喜んでいただき、注文をいただきました。

こういった感じで、修理だけではなく+αのご提案などもさせていただきますので、不具合があった場合や、不具合がなくても壊れる前にメンテナンスしたいという方。
一度、パソコンのお医者さんに当てもちのパソコンをお預けください。親切丁寧に、かつ誠心誠意対応させていただきます。
パソコンのことなら、パソコンのお医者さん!!おススメです^^

以上、またお会いしましょう^^

FUJITSU AH520/2Aが起動しない

こんにちは。

今日はFUJITSU AH520/2Aの修理事例です。

 

マシンの外観はこのような感じです。

 

今回の症状は通電はするのですが、BIOSが表示されない症状です。

前日までは普通に使用出来ていたそうですが、次の日に立ち上げを行ったら

起動しなくなっていたとのことでした。

 

店頭にて症状の確認も出来ましたので、早速検証開始です。

 

まずはバッテリーを取り外しハードディスクを外し、電源を投入したところ、

症状は変わりませんでした。

バッテリーの障害で稀にこのような症状が発生する場合もありますが、

今回は違ったようです。

 

続いてメモリを取り外し、簡易放電を行い、再度組立を行い、通電させてみましたが

症状は変わらず、BIOSの表示はされません。

 

かなりマザーボードの可能性が高い状態ですね・・・

 

この場合、一度完全に分解を行い、完全に放電を行う作業が必要になります。

 

ということで、一度取り付けたメモリを取り外し、本体のネジを取り外していきます。

 

取り外したネジがどこのネジかわからなくならないようにきちんと管理しましょう。

 

スイッチのパネルと取り外し、キーボードを取り外します。

 

その後、パームレスト部分を外し、マザーボードを取り外します。

 

各種ケーブル、ヒートシンクを取り外し、CPUを取り外して、完全分解終了です。

 

その後30分から1時間程度放電の為、放置しまして、再度組立を行います。

分解した工程と逆に進めていって組み立てて行きます。

 

組立を終えて、バッテリーと取り付けて、ACアダプタにつないで電源を投入すると

起動しました!

 

動作も問題ない状態です。

その後、負荷テスト、メモリテスト、再起動、シャットダウンからの再立ち上げなど

基本動作のテストを行い、様子を見たところ、問題無い状態です!

 

ここまでの完全分解はある程度の知識がないと出来ないので、オススメは

できませんが、簡易的な放電作業であれば誰でも出来ますので、起動しないパソコンに

試してみるのもいいかもしれませんね。

 

メモリの取り外しは昔のマシンはキーボードの下にあったりして、分解が大変ですが、

最近のマシンはネジを1つ外せばメモリが露出しますので、簡単です。

 

取り外したメモリは正常に取り付けないとマザーボードの破損につながるので、

細心の注意が必要です。油断すると余計に症状が悪化しますので、注意が必要です!

 

完全放電作業が必要な場合は一度当社にお気軽にご相談下さい。

NEC PC-VN770FS6W 液晶パネル交換修理

こんにちは。
本日はNECの液晶ディスプレイ一体型パソコンの液晶パネルの交換修理事例をご紹介します。
今回お預かりしたパソコンはNECのPC-VN770FS6Wという21.5型の液晶ディスプレイ一体型の機種で、液晶を割ってしまったということでお持込いただきました。


店頭にて確認させていただくと、画面に何か物を当ててしまって液晶パネルが割れてしまったという状態でした。
お客様から、パソコンの中のデータも必要なために、どうしても修理したいとのことでしたが、こちらのパソコンを購入した某家電量販店に持ち込んだところ修理はできるがデータは消えてしまう可能性があると言われてしまい、そこには依頼できずにパソコンのお医者さんへ持ち込んでいただいたということでした。

お預かりし、早速分解してハードディスクを取り出しデータのバックアップが可能かどうか試したところ、問題なくバックアップできました。
早速お客様へデータは消えない状態で修理ができるとお伝えし安心していただきました。
それから部品を探し始めたのですが・・・弊社でいつも部品の発注をしている問屋では部品がなく、部品探しが難航しました。


ようやく海外から取り寄せられるという問屋を探し発注。部品は海外からの発送となったので少し時間がかかってしまいましたが
無事に割れてしまった液晶パネルを新品の液晶パネルに交換することができました。
そして、お客様にとって一番重要なことなのですが、パソコンに入っていたデータも壊れる前と同様の状態でお客様にお返しすることができました。

このようなある程度大型の液晶パネルなどはメーカー特有のものが多く、なかなか部品を見つけるだけでも困難ですが、弊社にお任せいただければ修理いたします!!

また、メーカーに出すと、修理と一緒にリカバリー(初期化)されてしまうことが多いのですが、パソコンのお医者さんではパソコンの中のデータを最優先で修理させていただきます。
そういった観点からも、メーカーに修理を依頼する前にパソコンのお医者さんにお持込ください。

以上、またどこかの記事でお会いしましょう^^

ホーム > Windows > 7

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る