パソコン修理ブログ > Mac

Mac Archive

2008年モデルimacの修理について

  • 2013-06-25 (火)
  • Mac

こんにちは!

今回は2008年モデルimacの修理についてご紹介したいと思います。

 

 

電源を入れると?マークが出てしまい、起動する事ができなくなっている状態になってしまったそうです。

発売当初にご購入されたそうなので、約5年程度経過してますね。

 

 

パソコン内部の部品も4~5年前後から故障してしまうケースが多いのです。

一度お預かりさせて頂いて、内部の部品に異常がないかどうかをお調べする形となりました。

データが重要とのことですので、そちらを優先して検査を行っていきます。

 

 

Imacからハードディスクを取り出すには、液晶パネルのカバー及び液晶パネル自体を取り外す必要があります。
windows機とは少し変わった作りをしているのが少しおもしろいですね!

さて、液晶パネルを取り外しハードディスクを取り外し、データの救出を試みました。

ところが、ハードディスクを接続しても全く反応がありません。

 

通電はして動いてはいますが、うまく認識できないようです。

もしかするとハードディスクの故障が今回の原因の可能性があります。

試しにハードディスクの状態を検査してみると・・・

 

 

エラーが出ました。やはりハードディスクが故障してしまっているようです。

ハードディスクを交換することによって正常に動作することが分かりましたので、今回はハードディスクの交換及びリストア作業をして修理完了となります!

Mac Bookの修理について

こんにちは!

今回はMac Bookの修理についてご紹介したいと思います。

急に画面が映らなくなってしまったということでお預かりさせて頂きました。

電源を入れると動作音はする状態なので、画面は映りませんが起動は出来そうな状態です。

ハードディスクを取り出し検査を行ったところ、正常に動作していた状態でしたのでデータ等は無事でした!

画面が映らない原因を探るべく分解作業に取り掛かります。

Macのパソコンはネジの形や長さなどがバラバラに作られているので、どれがどこのネジか分かるように慎重にメモを取ります。

慣れるまでは分解しづらい機種の一つですね!

画面が映らない場合は、液晶パネルや周辺のケーブル、基盤などの原因がありますので細かく分解する必要があります・・・。

液晶のパネルを外し、テスト用のパネルを取り付けたところ画面が正常に出力されました!どうやら基盤側ではなく、パネル自体の故障が原因だったようです。

テスト用のパネルを装着したまま、組み直しを行い動作の確認を行います!

 

 

画面の表示やソフトウェアの動作等の確認を行いましたが、特に問題はありませんでした。

今回は液晶パネルの交換といった形で修理させて頂きました。

 

MacBookPro起動しない

こんにちは。

本日は、MacBookProが起動しないということで千葉のお客様より宅配サービスにてお預かりしました。

詳しい症状としては、電源投入後に起動音がしてずっと読み込み中の状態から先に進まないという症状でした。

ハードディスクの中を確認すると、データ自体は問題なく見れ、セーフブートでなら起動ができる状態。

検証を進め、ロジックボードの不具合が疑われましたが、テスト環境でお客様システムを上書きインストールすると問題なく起動・動作が確認できましたのでハードディスクが原因と判明しました。

お客さまからの要望でハードディスクを交換するならSSDに換装したいとのことでしたのでSSDを搭載し環境移行を行いました。

 

 

ハードディスクの場合とSSDに換装後とでは体感速度が全く違い、スピードアップを大きく体感できました。

容量が大きいSSDに換装しようとすると高額になりがちですが、もともと80GBのハードディスクでしたので、120GBのSSDを使用し容量アップを行いながらもコストは抑え速度アップという非常に有意義な修理になったと、お客様にも喜んでいただきました。

このようなスペックアップなどのご相談も対応させていただきますので、パソコンの悩みがあればぜひ一度当店にご相談ください。

Mac Mini A1347の修理

こんにちは。

最近、非常にMacをお預かりすることが増えてきています。

iPhoneやiPad、iPodなどのApple製品の人気に引っ張られ、ユーザーが増えている気がしますね。

本日は、そんなMacの希少種(?)の「Mac Mini」の修理の事例を紹介します。

 

 

今回お預かりしたのは、Mac Mini A1347という比較的新しい型です。

症状は、電源を入れると起動はするが画面が荒れてしまい使えない状態。という症状です。

セーフブートでは起動するのではじめはシステム系の不具合を疑っていましたが、調べていくとハードディスク自体に不具合があることが判明。

ハードディスクを交換し、システムにも不具合があったためシステムを修復し、データを移行して問題なく修理が完了。

 

・・・かと思いきや、ハードディスクの温度センサーの不具合のためか、ファンが高回転してしまうというトラブルが。

再度分解し、センサーをつけ直したところ、正常に戻ったので一安心でした。

これで問題なく今回の修理は完了しました。

Macの修理を行っている業者は少ないかと思いますがパソコンのお医者さんでは古いMacから新しいMacまで修理いたしますので、

一度お問い合わせください!!

Apple PowerMac G4 MDD(ミラードドア)の修理

 

こんにちは。

今日はApple PowerMac G4(MDD)が通電しないという症状でお預かりした修理の

内容です。

会社で使用しているパソコンとのことでしたが、通電しなくなってしまい、困ってしまったとのこと。

店頭にお持ち込み頂き、早速電源スイッチを押してみると何の反応もしません。

電源部分に耳を当てて確認してみましたが、通電している様子がありません。

 

これはMDDだけに言えることではないのですが、G4の他の種類(クイックシルバー、グラファイト)でも

同様の症状が出るケースが多いです。G4関連は電源ユニットの破損率が高いと思います。

お客様に現在の状態をご説明させて頂き、お預かりさせて頂きまして、早速分解を行いました。

ロジックボードにショート痕やコンデンサ破裂は見当たらないので、ますます電源ユニットが怪しいと思いました。

もちろんメモリや内部電池も交換し、確認してみましたが、症状が変わることは無かったので、ロジックまたは電源ユニットが

濃厚と思われます。

 

早速MDD用のテスト電源を使用し、通電・起動確認を行ったところ通電しました。

起動確認の際はテストのハードディスクを使い、リストアを行い確認しましたところ、問題なく起動してくれました。

ロジックボードではなく一安心です。電源ユニット交換でのお見積りをさせて頂き、

無事に修理完了することが出来ました。

G4はまだまだ使用しているお客様が多いマシンですので、もっと知識を深めて行きたいと思います。

MacBook Air 13インチ 2011年モデル

こんにちは!
今回お預かりさせていただいたパソコンは
「Apple MacBook Air 2011年製 13インチ」モデルです。


昔まではMacに対しての敷居があったような気がしますが、近年ではiPhone等の影響や、Intel化したことによってWindowsが搭載できる昨日があったりするので、一般の方でも購入しやすい傾向にありますね。

それもあり、ここ最近当社でのMac関係のお問い合わせも今まで以上に増加傾向にあります。

さて、今回のMacBook Airの症状は「飲み物をこぼしてから起動が出来ない」というものです。
こぼしたものがコーヒーということですのでなかなか厄介なシロモノです。

お預かりさせていただき、早速分解を行うと・・・


内部から甘い臭いがします。
コーヒーがかかってしまい基盤の腐食等もしていたため完全にロジックボードがダメになってしまっていました。
また、キーボード、バッテリーもダメになってしまっていたため、修理が概算の時点でも高額に・・・。

お客様としては「データだけでも」ということでしたので、早速SSDの中からのデータの取り出し作業を行いました。
幸いなことにSSDは無事だったため、なんとかデータを無事に取り出すことができ、お客様にもご満足いただけました。

小型のノートパソコンをカフェで開いている人をよく見かけるようになりましたが、飲み物こぼしもそれに比例して多くなってきてる気がします。
皆さまも気をつけて快適なパソコンライフを送りましょう。

Power Mac G4 MDDの修理

こんにちは!
パソコンのお医者さんの大畑です。

台風が多い毎日ですが、風が強いので外出の際は気をつけましょう!

今日紹介するのは「Apple Power Mac G4(MDD)」です!

「MDD」とは「ミラードドライブドア」の略称で、PowerMacG4を大分類する際に呼ぶ名前でもあります。
MDDはPowerMacG4のシリーズの中でも新しく、MacOS9がClassic環境で使用ができるため現在でも使用している方が多いモデルです。
古いOSのほうが業務的には使いやすい場合があるというのは、MacでもWindowsでも変わらないものですね。


さて、今回の症状は「Appleマークから先に進まない」というものです。
長年使用していなかったのですが、引っ張り出し使おうと思った所このような症状がでてしまい、お持ち込みになられました。
店頭でもAppleのロゴマークでフリーズしている様子が確認できたため、一度お預かりさせていただいました。

さっそくケースを開けてみると、内部にHDDが2基接続されていました。
検査を進めていき、RAIDでは無いことがわかりましたが、システム用のHDDと、データ用のHDDにわかれていて、そのうちのデータ用のHDDがセクタエラーを起こしていたため、正常に読み込むことができず、システムの起動を邪魔してしまっている状態だということがわかりました。
システムには問題がなかったため、まずはシステム用HDDのみで起動ができるか確認。
問題なく起動ができ、ソフトやインターネットの動作も問題ないため、データ用HDDのデータが取り出せるかどうかの検査に移りました。

データ用HDDはセクタ不良を起こしていたものの、データは取り出せる状態でしたので、一度データを全て退避させ、問題なくデータを開けることが確認できましたので、お客様には、データ用HDDを新品のHDDへの交換、不具合が出ているHDDからのデータ取り出しをご提案させていただきました。

ご了承後、修理を行い、お客様にパソコンをお返しさせていただきましたが、その際「Macの古いパソコンにも対応してくれて助かるよ」とお言葉をいただきました。

当社ではWindowsでもMacでも対応することができます。
近くに修理に対応してくれる業者が無いという方に対しても宅配にて対応することができますので、お気軽にご相談ください。

MacProの電源が入らない

こんにちは!
パソコンのお医者さんの大畑です。

夏も過ぎてきた感じで、少しずつですが涼しくなって来ましたね。
パソコンとっては過ごしやすい陽気が続きそうな今日この頃です。
といっても、パソコンはメンテナンス次第で長持ちを見込めるものですので、皆さんしっかりメンテナンスはしてあげましょう。

さて、今回の案件は2008年製のMac Pro「MA356J/A」の電源が入らないと言うものをご紹介していきます。
この電源が入らないという症状は、Power Macシリーズの時から、Macのデスクトップ型PCによく見られている症状で、当社に入ってくるMacのパソコンの中でも、1,2を争うくらい多い症状であります。
電源が入らないと言っても、様々な形があり「電源ボタンを押しても通電しない」「電源ボタンを押すと押している間はボタンが光るが、離すと消える」「通電はするけど、ファンが回っている音だけで画面が出ない」というのが主なものとなっています。
Power MacG4シリーズでは「電源ボタンを押している間だけボタンが光る」という症状が多く、基本的にはその症状が出た場合は、電源ユニットが不具合を起こしていることが多いです。


ですが、今回のMac Proは「通電はするがファンが回っているだけで画面が出ない」と言うものです。
この場合は何が考えられるかというと「電源ユニット」もしくは「ロジックボード」の二点が考えられます。
症状的に軽いものでは、帯電現象が起きていて、メモリの抜き差しなどで治る場合もありますが、それでもダメだと。先ほど上げた2点の部品のどちらか、もしくは両方に不具合が生じている可能性が高いと考えられます。
Mac Pro自体、電源が弱いというわけではありませんが、使用している方々は、結構ハードに使用している方が多いためか、電源ユニットがダメというパターンのほうが個人的には多いと思っています。
今回の案件のお客様のMac Proも検査を進めていった所、電源ユニットが不具合を起こしていることで起動ができない状態でした。
通電をしているから大丈夫というわけではなく、正常に電気を供給できていないことで「通電はするけど、ファンが回っている音だけで画面が出ない」という症状は起こりうるという事ですね。

上記のように述べましたが、必ずしも上記症状で合った場合「電源がダメ」と言うわけではありません。
正確に、原因を知るためには、検査を行い、細かく部品を調べる必要があります。
自己判断で修理を行う場合、間違った場所を直しても、しっかり治りませんし、場合によっては悪化してしまう危険性がありますので、当社「パソコンのお医者さん」までご相談ください。

 

ホーム > Mac

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る