パソコン修理ブログ > メーカー別

メーカー別 Archive

自作系パソコンの修理

こんにちは。

パソコンのお医者さんでは各メーカのパソコンはもちろんのこと、

自作したパソコンの修理もお受けしています。

今回のパソコンはファンエラーが出てしまう症状と起動中に電源が落ちてしまい、

その後起動しない状態になってしまうそうです。ですが、1時間くらい放置しておくと

起動するとこの事。確かに店頭では正常に起動することができました。

店頭で起動してみるとファン部分から「カラカラカラカラ・・・」と異音が・・・

ファンの軸がブレてしまっている可能性がありますね。

ファンの不具合により、熱暴走が起きてしまっている状態の可能性があります。

 

早速お預かりして、分解を行い、基本診断を行いました。

基本診断に異常は出ませんでしたので、はやりファンの不具合に起因するものだと思います。

 

早速CPUファンをテスト用の物と交換し、CPUもグリスアップを行い、起動したところ、

もちろんファンエラーは起きない状態で、1日フルでCPUとメモリに負荷をかけ続けても

電源が落ちることはありませんでした。CPUの温度も平均値でしたので、これで問題なくお使いいただけると思いますので、お客様にお見積もりをお出しして、修理して頂くことになりました。

CPUファンもリテールのものではなく、ちょっとゴツくなりますが、空冷もいいと個人的に思います。またグリス一つとってもCPUの冷却効率は変わります。高ければいいというものではないですが、安すぎても効果がいまいちだったりするので、グリスはそこそこの物を使用するといいと思います。これからもよりよいご提案が出来るように部品や使用する機材などにアンテナを向けていきたいと思います。

DELL Inspiron N5110の修理

こんにちは!
やっと日中が暖かくなってきた今日このごろですが、それと合わせて花粉の時期が近づいていますね。
パソコンとはあまり関係はありませんが体調を第一にしましょう。

さて、今回の修理事例は「DELL Inspiron N5110が起動しない」です。

店頭にお持ちいただいた時点では、起動ができない状態を確認。
症状としては、電源入れても画面になにも出力しないということでしたが、店頭では画面は映るもののエラーメッセージが出ていました。

ハードディスクのエラーが濃厚なメッセージでしたので一度お預かりさせていただき、ハードディスクの動作確認を致しました。

検査の結果、やはりハードディスクのエラーを確認。
データはなんとか取れそうな状態ではありましたが、ハードディスクの状態が思わしくなく、全ての環境を新品のハードディスクに移すのは厳しかったので、データの取り出しとリカバリの提案をさせて頂きました。

お見積りご了承後、データを壊れているハードディスクから抽出。
パソコン本体に関しては、新品のハードディスクを組み付け、リカバリ作業を行いました。

ご返却の際に、環境移行は出来なかったものの、データが救えてよかったとおっしゃっていただけたことが非常に良かったです。

TOSHIBA AX/740LSKの画面が暗い

こんにちは!
日中晴れていても雪が振る変な天気ですが、皆さま事故にだけは気をつけて移動しましょう。

さて、今回紹介する事例はコチラです。

「TOSHIBA AX/740LSKの画面が暗い」というものです。

画面が暗いと言うのは、画像の出力はされていて薄っすらと見える状態です。
この現象は主に、バックライトと呼ばれる蛍光灯の小型タイプのようなものが切れてしまっていたり、インバータと言われるそのバックライトへ電気や信号を送る基盤が故障している場合に発生することが多い症状でもあります。

他にも液晶パネルの基板やケーブル、最悪はマザーボードということもありますが、このケースは少ない方ではありますね。

今回のお客様の場合、分解してお調べした所、インバータと液晶ケーブルの2ヵ所に不具合があったため正常にバックライトが点灯しない現象がでていました。

お客様自身が何かしてしまったというのは無かったそうですが、停電が1日に2度ほどあってからこの症状がでたとのことでしたので、それが原因の可能性が高いですね。

2ヶ所を修理し、正常に動作することを確認してお返しすることができました。

よく、画面が暗い=バックライトとなることが多いですが、判断が難しい場合もありますので気をつけましょう。

SOTEC S501B9Kのマザーボード交換

こんにちは。
パソコンのお医者さん 山田です。
今日はSOTEC S501B9Kのマザーボード交換です。

写真の取り方が下手くそですみません・・・
このコンデンサ、破損しているコンデンサです。
症状としては通電はするが、画面出力が出来ない症状です。

グラボでの出力も試したのですが、やはり症状は変わりませんでした。
写真の箇所以外にもいくつかコンデンサの破裂や膨張が確認出来ました。
実は私事ですが、実家で家族が使っていたパソコンも同じ機種でした、
同様にマザーボードのコンデンサが破裂して使用不可になってしまいました。
もしかしたらこの機種系列が若干破損率高いのかもしれないですね。

さてよくコンデンサ交換などで修理可能な事もありますが、今回は
安定して使い続けて頂くためにもマザーボードの交換をご提案させて頂くことになりました。

ただ困ったことに部品の流通が殆ど無く、メーカ修理も出来ないと来ました。

お客様に事情をご説明し、少しお時間を頂き部品を調査するお時間を頂きまして、
ようやく動作品を確保することが出来ました。

まだまだ現役で動作できるスペックを持っているのに部品の流通が無いと修理出来る物も
出来なくなってしまう可能性がありますので、そこが難しいところだなと最近痛感しました。

部品さえアレば究極ですが、殆どのパソコンを修理することが出来ます。
もちろんケースバイケースですが・・・

これからは素早く必要な修理部品を確保出来るように目を光らせていきたいと思います!

Mac Mini A1347の修理

こんにちは。

最近、非常にMacをお預かりすることが増えてきています。

iPhoneやiPad、iPodなどのApple製品の人気に引っ張られ、ユーザーが増えている気がしますね。

本日は、そんなMacの希少種(?)の「Mac Mini」の修理の事例を紹介します。

 

 

今回お預かりしたのは、Mac Mini A1347という比較的新しい型です。

症状は、電源を入れると起動はするが画面が荒れてしまい使えない状態。という症状です。

セーフブートでは起動するのではじめはシステム系の不具合を疑っていましたが、調べていくとハードディスク自体に不具合があることが判明。

ハードディスクを交換し、システムにも不具合があったためシステムを修復し、データを移行して問題なく修理が完了。

 

・・・かと思いきや、ハードディスクの温度センサーの不具合のためか、ファンが高回転してしまうというトラブルが。

再度分解し、センサーをつけ直したところ、正常に戻ったので一安心でした。

これで問題なく今回の修理は完了しました。

Macの修理を行っている業者は少ないかと思いますがパソコンのお医者さんでは古いMacから新しいMacまで修理いたしますので、

一度お問い合わせください!!

TOSHIBA Qosmio F30/670LSの修理

こんにちは!
今回紹介する事例はコチラです。

「TOSHIBA Qosmio F30/670LS」です!

症状としては、光学ドライブに入っているCDが読み込むことが出来ず、取り出すことができなくなってしまったとのことです。

このタイプのノートパソコンは光学ドライブが開くタイプではなく、CDを飲み込むのようなタイプの為、強制排出が厳しい状態。
そのため、一度お預かりさせていただき、分解、検査を行わせて頂きました。

お預かり後、パソコンを分解し、光学ドライブの取り出し。
その後光学ドライブを分解した所、CDの他に、透明なディスクが入っていました。
この透明なディスクですが、空のCDやDVDを買った人なら見たことがある蓋の役割を果たしているようなディスクです。

CDに張り付くようにしてくっついていたため、おそらくCDを入れた際に一緒に重ねて入れてしまった可能性が高いですね。

2枚のディスクを取り出し、組立後、正常に動作することが確認できましたので、一安心です。

今回の件では、透明なディスクが入ってしまったということですが、他にも異物を入れてしまうケースが多数あります。
皆さまも、間違えて異物を入れてしまわないように気をつけましょう!

TOSHIBA製 TX/66LBLK キーボード修理

こんにちは。

最近、私の周りで非常に風邪やインフルエンザが流行ってしまっています。
皆さんは大丈夫でしょうか?お体は、パソコンのように部品を交換すれば…
というわけにはいかないので、日々の生活の中で注意してくださいね。

さて、本日はTOSHIBA製 TX/66LBLK(PATX66LRTBLK)にて、キーボードのキーが数か所効かなくなってしまったという
ご依頼がありましたのでご紹介させていただきます。


こちら、数か所キーが打てなくなり、ローマ字入力が非常に打ちにくいので修理してほしいとのことでした。
症状を確認したところ、お客様からお伺いしていたキーが確かに効かない状態でした。
まずはじめにキーボードの隙間からエアーブローを行い、クリーニングしてみましたが症状は同じ状態。
接触不良を疑い、一度外して再度接続し直しても同症状。なので、テスト用のキーボードを試したところ
効かなかったキーも問題なく打てる状態でしたので、キーボードそのものの故障ということに。

 

こちらは、キーボード自体を交換という形で修理を行わさせていただきました。
同タイプのキーボードが同時期に数機、効かないキーは違うものの、同症状での修理の依頼がありましたので、
もしかするとキーボードがもともと弱いタイプの機種なのかもしれません。
同シリーズで同症状になってしまったかたがいらっしゃいましたら、ひどくなる前にパソコンのお医者さんに
修理のご用命をお待ちしております。

では、またお会いしましょう。

Apple PowerMac G4 MDD(ミラードドア)の修理

 

こんにちは。

今日はApple PowerMac G4(MDD)が通電しないという症状でお預かりした修理の

内容です。

会社で使用しているパソコンとのことでしたが、通電しなくなってしまい、困ってしまったとのこと。

店頭にお持ち込み頂き、早速電源スイッチを押してみると何の反応もしません。

電源部分に耳を当てて確認してみましたが、通電している様子がありません。

 

これはMDDだけに言えることではないのですが、G4の他の種類(クイックシルバー、グラファイト)でも

同様の症状が出るケースが多いです。G4関連は電源ユニットの破損率が高いと思います。

お客様に現在の状態をご説明させて頂き、お預かりさせて頂きまして、早速分解を行いました。

ロジックボードにショート痕やコンデンサ破裂は見当たらないので、ますます電源ユニットが怪しいと思いました。

もちろんメモリや内部電池も交換し、確認してみましたが、症状が変わることは無かったので、ロジックまたは電源ユニットが

濃厚と思われます。

 

早速MDD用のテスト電源を使用し、通電・起動確認を行ったところ通電しました。

起動確認の際はテストのハードディスクを使い、リストアを行い確認しましたところ、問題なく起動してくれました。

ロジックボードではなく一安心です。電源ユニット交換でのお見積りをさせて頂き、

無事に修理完了することが出来ました。

G4はまだまだ使用しているお客様が多いマシンですので、もっと知識を深めて行きたいと思います。

NEC LL750/8

こんにちは!
今回ご紹介するパソコンはこちら!

「NEC LL750/8」というWindows XPのノートパソコンです。
症状としましては、前日まで問題なく使用できていたのに、今朝付けてみたらキーボードの一部キーが正常に入力できなくなってしまったとのことでした。

店頭で確認した所、一部キーが反応しないだけでなく、押しっぱなしになってしまうものもあり、一度お預かりをさせて頂き詳しく検査を行うことになりました。

早速パソコンの分解を行い、キーボードを取り外し、背面を見ると何か水の後が・・・。
ジュースやお茶などでは無く、水のようでしたがこれが原因でキーボードが正常に動かなくなってしまった可能性が高い状態でした。

テスト用のキーボードを使用し、問題なく動作をすることが確認出来ました。
お客様のキーボードに関しましては水分を飛ばして乾かすことで回復できないかを確認シましたが、染みこんでしまいショートしてしまっているのか症状変わらず。

マザーボードには染み込んだ後も無いため、キーボード交換作業の見積もりをさせていただき、ご了承後、部品のお取り寄せ、交換作業を行いました。

元通りキーボードが使用出来るようになったことで大変喜んで頂いて幸いでしたが、お客様に改めて聞いてみると前日の夜窓際にパソコンがあり、少し雨が降ったとのことで、それじゃないかということでした。

皆さんもパソコンの置き場と、戸締りはしっかりしましょう!

NEC LM750/Dの修理

こんにちは!
今回お預かりさせていただいたパソコンはコチラ!

「NEC LM750/D」です!
お持ち込みの理由としては「昨日まで普通に使用できていたのに、今朝電源を入れたらパソコンが立ち上がらなくなってしまった」ということでした。

店頭への持ち込みのご案内をさせて頂き、お持ち込み頂いた所、機種としてもまだ新しいパソコンのため、どこか部品が壊れてしまったというのも考えにくい状況でしたが、起動中に青い背景に「0x000000ED」と他に英文字が出て起動が出来ない状態でした。

これは「ブルースクリーン」といわれるWindowsのシステムやハード面に重大な不具合が出た場合に出るエラー画面で、今回の語尾に「ED」と付くタイプに関しましてはハードディスクの故障による不具合の可能性が高い状態が考えられました。

検査を行った結果やはりハードディスクに不具合がありましたが、なんとかデータや環境は救出出来る状態でしたので、全環境移行作業のご提案をさせて頂きました。

パソコンの高速化に興味があるとのことでしたので合わせてSSDと言われるハードディスクの代わりのようなものをご提案させていただいた所そちらを使用した全環境移行作業を行うことになりました。

今までどおりの環境を再現するだけでなく、SSDに換装したことで起動や動作が段違いで早くなったため、お客様が大変喜ばれていたことが私としては嬉しい限りです。

これからもお客様の快適なパソコンライフの為に、色々なご提案をさせていただければとおもいます。

ホーム > メーカー別

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る