パソコン修理ブログ > メーカー別

メーカー別 Archive

DELL XPS M1530の修理

こんにちは。

パソコンのお医者さん やまだです。

 

今日はDELL XPS M1530の修理です。

修理といっても起動しないという訳では無く、光学ドライブ内にディスクを入れたら取れなくなってしまったそうです。

早速起動確認を行うために電源を入れると、光学ドライブの中から「ウィーン、ガチャ、ウィーン、ガチャ」と音がします。原因はなんとも言えませんが光学ドライブの破損が原因で間違い無いと思います。

また今回お客様の方で新しいパソコンはすでに購入済みとの事。

ただ中に取り込まれてしまったディスクは知り合いに借りたものなので

取り出したいとのことでした。

 

このXPSですが、光学ドライブが通常のタイプのものとは異なり

スロットインタイプです。ディスクを飲み込ませるイメージですね。

今のモデルのMacに採用されているタイプですね。

さてまずこのXPS。

光学ドライブまでたどり着くのに裏のネジ、キーボード、スイッチ部分、キーボード下のパネル、止めにディスプレイまで外さないと光学ドライブにはたどり着けません。

 

更にお客様からのご要望で急ぎでとのことでしたので、お預かりして直様分解を行いました。

まず、裏のバッテリ、パネル、ネジを外します。

正面電源部分を外します。が、ここで注意。

フラットケーブルでマザーボードと接続されていますので、勢い良く引っ張ると・・・

すごく残念な事になりますので、細心の注意を払って下さい。

電源スイッチ、キーボードを外したら、液晶パネルを慎重に取り外します。

そして最後に天板を外し、ようやく光学ドライブが触れる位置に到達しました。

 

固定されているケーブルとネジを取り外し、光学ドライブを摘出。

中を覗いてみるとディスクが確かに入ってます。

 

更にディスクが取り出せない原因の一つがわかりました。

ディスクが飛び出さないようにストッパーのようなものがあるのですが、

それが常に動いてしまっていてディスクの排出を邪魔していた状態ですね。

その為、光学ドライブを分解し、ディスクを取り出しました。

 

逆の順序で組み立てなおし、起動確認を行い、問題なく起動するので、これにて解決です!

 

パソコンのお医者さんではこのようなトラブルにもスピーディーに対応します。

お困りの際は是非一度ご相談下さい。

 

よろしくお願い致します。

NEC VW500/MG 起動しない

こんにちは!

今回お預かりさせていただきましたパソコンは、「NEC PC-VW500MG」一体型のパソコンです!

こちらのパソコン、テレビが見られるパソコンでして大きくて安定感もあるので使いやすい機種ですね。

症状と致しましては、起動しないということでお預かりさせていただきました。

検査させていただきました所、ハードディスクが少し動いては動きが止まってしまうような状態でして、OSが起動できない状態となっていました。

WindowsなどのOSや、データ関係は全てこのハードディスクに保存されていますので、そこが故障してしまうと読み込めなくなってしまう為、起動できない状態となってしまいます。

お持ち込みいただきますパソコンの中でも、ハードディスクの不具合は非常に多くパソコンの部品の中でも壊れやすい部品です。

ハードディスクの交換は可能な状態ですが、こちらの機種はリカバリー領域が内蔵されているタイプでしたので、リカバリディスクが必要となってきますが、お客様はリカバリディスクの作成をしていなかったので、取り寄せが必要でした。

最近のパソコンでは、多くのものがリカバリー領域内蔵型となっており、自分でディスクを作成しないと起動しなくなった時にハードディスクの状態が悪いと、再セットアップができなくなってしまったりします。

電気屋さんなどで購入されたものですと、作成してもらえる所もあるようですが多くは自分で作成しておく必要があると思いますので、パソコンを購入したらまずリカバリーディスクを作成しておくことをおすすめします。

リカバリディスクは内蔵タイプのものですとほとんど取り寄せは可能となりますが、中には在庫がなく取り寄せができないものや、ディスク代などもかかってきてしまいます。

今回のパソコンに関しては在庫がありましたのでディスクのお取り寄せをし、ハードディスクを新品のものに交換してリカバリーをし、作業完了です。

Officeはお客様がお持ちでしたので、再インストールをすることで再度ExcelやWordが使用できる状態となりました。

パソコンの初期化をすると、様々な購入後に入れたデータやソフトが購入時の状態に戻ってしまうとともに、Officeも消えてしまいます。

Officeが元々入っているパソコンのモデルでしたら、購入時についていた書類などと一緒についていると思いますので、こちらも大事に保管しておいたほうがいいかと思います。

パソコンの不具合で最も多い症状のパソコンが起動しない症状、そんな状態でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

NEC LaVie L LL730/Tのパーテーションサイズ変更

  • 2012-10-09 (火)
  • 7 | SONY

こんにちは!

今回の修理はこちら、「NEC LaVie L LL730/T」のパーテーションサイズ変更についてです。

症状としては、Cドライブがいっぱいになってしまい空き容量が少なくなっていますという警告が頻繁に出るので、空き容量を増やしたい、というご要望でした。

元々のCドライブの容量が少なく、Dドライブは大きいのですがほとんど使用していない状態で、Dドライブは空きがある状態でした。

特にSONYのパソコンだと多いのですが、元々出荷時の状態はCドライブが少なめに取られていることがあります。
昔のパソコンですと特に多いと思います。

多くの方は、Cドライブにソフトのインストールをしたりデータの保存などをされていらっしゃるかと思いますので、これではすぐに容量不足となってしまいます。

容量不足になるとどのような現象が起こってくるかというと、上記にも記載したように「空き容量が少なくなっています」という表示が頻繁に出るようになったり、ソフトの新たなインストールができなくなってしまったり(またはエラーが発生する)、動作がおかしくなってしまうなど、システムに不具合をきたすことがあります。

CドライブからDドライブにデータの移行をしたり、外付けHDDなどに移行をすれば空き容量は増えますが、手間がかかりますし、移動してはいけないもの(ソフトやシステムのデータ、関連付けされているデータなど)を移動してしまいますと、更にシステムの不具合が起こる可能性があります。

このような時に有効なのがパーテーションサイズ変更です。

Dドライブに空き容量があれば、パーテーションサイズの変更での対応が可能となり、データの移行や削除をする手間も省け、今後も空き容量を気にせずデータを保存できるようになります。
こちらのパソコンも、Dドライブに100GBほど余裕があったのでDドライブのサイズを縮小し、その分Cドライブの容量を大きくしかなりの余裕がある状態となりました。

元々のハードディスクの容量が小さいと、パーテーションサイズの変更を行なってもさほど変わらない場合もありますが、その場合はハードディスク自体の容量を大きくしてしまう、という手もあります。

同様の症状でお困りの方、パーテーションサイズ変更や、ハードディスク容量の変更など、お客様のパソコンの環境や使用状況を加味したご提案が出来るかと思いますので、ぜひ一度ご相談ください。

NEC VALUESTER PC-VR300EG1Kが使用中頻繁にフリーズしてしまう。

こんにちは。
パソコンのお医者さんのひとみです。

先日『 NEC VALUESTER PC-VR300EG1K 』という、少し古目のXPパソコンにて、使用中にパソコンがフリーズしてしまうという症状にて修理の依頼がありました。


フリーズして強制終了後、時間をおかずに再起動すると、Windowsが起動せずにフリーズしてしまいます。しかし、1~2時間時間を置いて
再度起動させるときちんと起動するが、また数十分使用するとフリーズしてしまうという症状でした
一体型のパソコンのため、また、背面のダクト部にホコリが積もっていたこともあり、はじめは熱暴走かと思いクリーニングすれば・・・なんて
甘い考えをしていました。
しかし、この一体型パソコン、少し調べてみるとマザーボードのコンデンサが破裂しやすい機種だそうで・・・。
早速背面下部のパネルを外し、ハードディスクを取り出します。ハードディスクのエラーチェックをかけている間に背面のカバーを外すと、金属カバーが
出てきました。こんなもので塞がれていれば熱がこもりやすいわけだ・・・などと思いつつ金属カバーを外します。
すると、思っていたほど内部にはホコリ等は溜まっていなくいやな予感が頭をよぎりました。
ぱっと見たところ、見える部分のコンデンサに異常はなかったのですが、3枚刺さっている拡張カードを外すと隠れていたコンデンサが現れました。
そして、よくよく確認してみると、1つのコンデンサに膨らみを発見しました。しかし、ふくらみ程度ならまだ大丈夫か・・・と思いつつ、よーく確認してみると
表面は膨らんでいるだけでしたが、反対側(基盤側)が破裂していました。
この場合、コンデンサ交換でもいけると踏んだのですが、お客様に確認したところ、マザーボードの交換という形で修理する運びとなりました。
原因がわかってしまえば、後は部品を発注し、届いたマザーボードに交換するだけなので作業は簡単です。CPUクーラーやファン周り、排気口周辺等も
きれいにクリーニングをおこないました。後は、カバー等を全部閉め、負荷をかけるためFFベンチを掛け一晩放置。
これで問題がなかったため、お客様にぶじおかえしができました。

年式の古いWindowsXPパソコンもさることながら、さらに古いWindows2000やWindows98といったパソコンも修理できますので、まずはお気軽にご相談くださいね^^
以上、パソコンのお医者さん、ひとみでした。

NEC LL750 液晶パネル交換

こんにちは!

今回はNEC LL750の液晶パネルの交換修理です。

今回は画面が割れてしまっている状態でした。

早速電源を入れてみましょう。

見事に割れているところが映りませんね。

外部出力は問題ないので、パネルの交換を行うための検証を始めます。

まずはパネルを取り外します。

液晶画面のフレームと取り外します。フレームは脆いので、取り外しの際は

慎重に行います。

フレームを外すと本来、大体の機種にはインバータとバックライトが見えるのですが、それは見えません。どうやら今流行りのLEDパネルですね!

 

液晶の天板を外し、液晶パネルの裏側を確認するとケーブルが差し込まれています。

これがパソコンと液晶パネルを接続しているケーブルでしょう。

 

慎重にパネルから取り外します。このケーブルを壊してしまうとせっかく液晶を直しても

正常に画面出力がされないので細心の注意を持って外します。

 

ケーブルを外したらサイドのネジを取り外して液晶パネルと取り外します。

 

これでパネルが取り外せました。

 

液晶パネル自体の破損の場合、部品の取り寄せで対応をしますので、

型番等で調べます。

今回、新品の同じタイプの液晶パネルが見つかりましたので、新品液晶パネル交換で

お見積もりです。

 

お客様にお見積もりしたところ、ご成約を頂きましたので、早速部品を注文し、

交換作業を行いました。

 

交換後、電源をいれると、正常に画面が出力されていました。

 

これにて無事、液晶交換完了です。

動画などを長時間再生してみて確認を行いましたが、問題なく綺麗に映像が流れていました。流石LEDパネル!

 

通常のバックライトを搭載している液晶パネルよりも寿命が長いそうですが、

流石に割れてしまっては致し方無いですね。

 

今後使っていく上で綺麗に映像を出力し続けてくれればと思います。

 

パソコンのお医者さんでは液晶パネルの交換もスピーディーに行うことができます。

急ぎのお客様のニーズにお答えすることが出来ると思いますので、是非お困りの際は

一度ご連絡下さい!

 

よろしくお願い致します。

DELL XPS 8300 システム修理。

こんにちは。
パソコンのお医者さんのひとみです。

最近、急激な気温の変化のせいか、私の周りでとても風邪がはやっています。
かという私も最近まで辛い思いをしていました(笑)
皆さんも、体調を崩さないように気をつけてくださいね。

さて、本日はDELLのハイスペックモデルのシステムが壊れてしまい、Windowsが起動しなくなったパソコンの修理実例を紹介します。
機種は、DELL XPS 8300 というモデル。搭載OSはWindows7で、電源を入れてもエラーメッセージが出てしまい起動しないとのことでした。

 


さっそく症状確認のため、電源を入れると「DISC BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER」のエラーメッセージ。
スタートアップ修復で直ればいいが・・・などと考えながらも、まずはハード面のチェックを行う。
とくに、ハードディスクやメモリ等には異常はなく、システム面の不具合と断定。ここからシステムの修復に取り掛かる。
まず、先に書いたスタートアップ修復を試すが直らずに、その他、多々修復作業を行うも全て撃沈。
結果、リカバリーをするしかない状態と判明いたしました。ただし、リカバリーをするにあたり、全データが消えてしまうことになるため、
先にデータを取り出してからのリカバリー作業となりますが、お客様の重要データが膨大な容量だったために、データ取り出しの料金がかなりの高額になってしまいます。
ハードディスク自体は異常がないために、普通にデータは取り出せる状態・・・と考えた結果、ハードディスクを1基追加して、Windowsを新しいハードに入れてしまえばデータも残り
高額にならずにうまいこといけるのではと考えました。しかも、その追加するハードディスクをSSDにすれば高速化も合わせてできてしまうではないか!!
と考え、早速お客様にご提案。すると、修理できてかつ速度アップして帰ってくるなんてと喜んでいただき、注文をいただきました。

こういった感じで、修理だけではなく+αのご提案などもさせていただきますので、不具合があった場合や、不具合がなくても壊れる前にメンテナンスしたいという方。
一度、パソコンのお医者さんに当てもちのパソコンをお預けください。親切丁寧に、かつ誠心誠意対応させていただきます。
パソコンのことなら、パソコンのお医者さん!!おススメです^^

以上、またお会いしましょう^^

FUJITSU AH520/2Aが起動しない

こんにちは。

今日はFUJITSU AH520/2Aの修理事例です。

 

マシンの外観はこのような感じです。

 

今回の症状は通電はするのですが、BIOSが表示されない症状です。

前日までは普通に使用出来ていたそうですが、次の日に立ち上げを行ったら

起動しなくなっていたとのことでした。

 

店頭にて症状の確認も出来ましたので、早速検証開始です。

 

まずはバッテリーを取り外しハードディスクを外し、電源を投入したところ、

症状は変わりませんでした。

バッテリーの障害で稀にこのような症状が発生する場合もありますが、

今回は違ったようです。

 

続いてメモリを取り外し、簡易放電を行い、再度組立を行い、通電させてみましたが

症状は変わらず、BIOSの表示はされません。

 

かなりマザーボードの可能性が高い状態ですね・・・

 

この場合、一度完全に分解を行い、完全に放電を行う作業が必要になります。

 

ということで、一度取り付けたメモリを取り外し、本体のネジを取り外していきます。

 

取り外したネジがどこのネジかわからなくならないようにきちんと管理しましょう。

 

スイッチのパネルと取り外し、キーボードを取り外します。

 

その後、パームレスト部分を外し、マザーボードを取り外します。

 

各種ケーブル、ヒートシンクを取り外し、CPUを取り外して、完全分解終了です。

 

その後30分から1時間程度放電の為、放置しまして、再度組立を行います。

分解した工程と逆に進めていって組み立てて行きます。

 

組立を終えて、バッテリーと取り付けて、ACアダプタにつないで電源を投入すると

起動しました!

 

動作も問題ない状態です。

その後、負荷テスト、メモリテスト、再起動、シャットダウンからの再立ち上げなど

基本動作のテストを行い、様子を見たところ、問題無い状態です!

 

ここまでの完全分解はある程度の知識がないと出来ないので、オススメは

できませんが、簡易的な放電作業であれば誰でも出来ますので、起動しないパソコンに

試してみるのもいいかもしれませんね。

 

メモリの取り外しは昔のマシンはキーボードの下にあったりして、分解が大変ですが、

最近のマシンはネジを1つ外せばメモリが露出しますので、簡単です。

 

取り外したメモリは正常に取り付けないとマザーボードの破損につながるので、

細心の注意が必要です。油断すると余計に症状が悪化しますので、注意が必要です!

 

完全放電作業が必要な場合は一度当社にお気軽にご相談下さい。

NEC LaVie N LN530/RJ6MのSSD化。

こんにちは。
パソコンのお医者さんのひとみです。

関東地方は明日辺り台風が来るそうで・・・。
大きな台風になりそうなので、皆さんお気をつけくださいね。

さて、本日はWindowsXPのノートパソコンにて「 OS Not Found 」というエラーが出てしまい、Windowsが起動しないというパソコンの修理事例を紹介します。
機種は、NECのLaVie N LN530/RJ6Mですが、WindowsVistaからWindowsXPのダウングレードをしたり、使いやすいようにとご自分でかなり設定をカスタマイズしていたそうです。そして、このパソコンの見た目がとても気に入っているとのことでした。
なので、できるだけそのままの環境で、かつ、動作が少し遅いのでスピードもアップさせて修理したいとのことでした。

 


まず、ハードディスクをパソコンから取り出し、ハードディスクの状態を確認。若干エラーは出ていましたがバックアップは取れる状態でした。
そこで弊社のテストハードディスクでクローンを作成しお客様のパソコンで起動させたところ、やはり「 OS Not Found 」にて起動はしませんでした。
そこで、OSの修復を行ったところ、うまく起動できるようになりました。起動確認を行ったところ、お客様の環境もデータもそのままの状態で起動できました。
次に、スピードアップしたいということだったので、メモリや細かな設定を確認しましたが、体感できるようなスピードアップはできませんでした。
そこで、今回の修理ではハードディスクを交換する予定でしたが、SSDへの換装をご提案させていただきました。
保存できるデータの容量は半分以下になってしまいますが、ハードディスク交換とそれほど変わりないコストでスピードアップも体感できるといった内容に、お客様も二つ返事でOKしていただきました。
早速、SSDに修復したお客様の環境を移行し立ち上げてみたところ、ハードディスクだったころより、数段速度が上がっていることを体感できました。
お客様に修理完了のご連絡をさせていただき早速引き取りに来ていただき、動作確認をしていただきました。
環境やデータが壊れる前と全く同じだったため喜んでいただけました。が、それ以上にSSD化したパソコンの速度に感動していただきとても喜んで帰られました。

このように、ただ修理するだけでなく、お使いのパソコンをパワーアップさせることも色々な方法を検討し提案させていただきます。
お使いのパソコンの調子が少し悪くなってきたという方、一度パソコンのお医者さんにご相談ください。

では、またお会いしましょうね^^

 

PC-LL550RGの画面が暗い

こんにちは!

今回、画面が暗いという症状でお預かりさせていただいたパソコンはこちらです。

NEC PC-LL550RG


一度症状をして確認させていただいた所、画面が暗いのですがよく見たら薄っすらと映っている状態で、起動はしています。
デスクトップ画面が映っているのが確認できました。

こういった症状の場合で疑わしい箇所はバックライトやインバーター、液晶パネル、マザーボードなどの可能性が高くなってきますので、各部品の検査をさせていただきました。

まず、テストのバックライトを接続しての点灯確認です。

点灯テストを行った所、こちらは問題なく一定時間点灯していることを確認できました。

同時にお客様のバックライトで、テストのパソコンに接続し、どのような状態になるかのテストをした所、一瞬点灯したもののすぐに切れてしまう状態でした。

こうなってきてしまうと、バックライトの消耗となりますので交換が必要になります。

他の修理でもそうですが、液晶周りでも同様に部品ひとつひとつを慎重に検査する必要があります。

また、バックライトはパソコンごとに長さや太さが変わりますので、ズレがないように正確に測定させていただき、同サイズのものに交換させていただきます。

液晶パネルの分解をさせていただき、ハンダ修理にて交換となります。

バックライトの交換をした所、問題なく綺麗に画面の点灯、起動していることを確認できましたので、修理完了です。

その他部品や動作などにも問題なく、今まで通りの環境で使用できる状態となりました。

こちらのパソコンは4年ほど使用されているそうですが、非常に使いやすく慣れていらっしゃるパソコンだそうでして、まだまだ使いたいのでぜひ修理してほしいということでご依頼いただきました。

普段お仕事で主に使用されていらっしゃるそうなので、こちらにソフト関係やデータも入っているのでこちらのパソコンがないとお仕事も進められないということでしたが、スムーズに修理の方が完了しましたので非常に喜んでいただけました。

最近のパソコンではLED液晶のものが多いですが、まだまだバックライトの修理も行なっておりますのでバックライト切れや、液晶が暗いなどの症状でお困りの際は、ぜひ一度ご相談ください。

DELL OPTIPLEX GX280が起動しない

こんにちは。
今日はDELL OPTIPLEX GX280が起動しない症状です。


詳しい症状ですが、電源投入後にCPUファンが拘束回転をして、ジェット機のような音がする症状です。

以前にも同じ症状の案件の修理を行ったことがありますが、今回も同様の症状でしょうか。

早速分解を行い、メモリのテストを行いたいところですが、BIOSが出ない状態です。

なので他の部品のチェックを行います。
ハードディスクの状態から行います。
今回の原因として、ハードディスクでは無いですが、もちろん検査します。
特に目立った障害は無く、異音もしない状態です。
ハードディスクのチェックには多少時間がかかりますが、問題なくテストをクリアしました。
中のデータも生きてるいるので、重要なデータはなんとかなりそうです。

続いてメモリを交換して、通電させてみましたが、症状は変わりませんでした。
メモリのリードエラーでファンコントローラーが異常な動作をしているかもと思ったのですが、
あてが外れました。

CMOS電池を交換しての動作確認を行いましたが、ファンは相変わらず拘束回転しています。
ここまで来るとマザーボードの障害の可能性が高くなって来ました。

もちろん電源ユニットを検査用の物と交換してみましたが、症状は変わらないので、
マザーボードの可能性が濃厚になってしまいました。

完全放電も兼ねて、取り外せる部品は全て取り外し、マザーボードの破損を目視で
無いか確認したところ、コンデンサが破裂し中の電解液が漏れている状態でした。
しかも1つだけでは無く、複数個破裂してしまっています。


1つや2つならコンデンサの交換で対応が可能なのですが、あまりに多いと
交換しても正常動作しない可能性があります。

お見積もりをお出しするために、故障部品であるマザーボードを探してみましたが、
なかなか見つかりません。メーカーに確認を取ったところ、部品の保有期間を過ぎているため
メーカーも部品を持っていないそうです。

様々な部品を取り扱っている問屋に問い合わせたところ、なんとか部品の確保ができる事がわかりましたので、
マザーボード交換でお見積もりをお出しして、お客様からご成約頂きまして、
部品を発注し、修理することが出来ました。

ファンも正常に回転し、画面の出力も問題なしです。
メモリのテストも行い、問題なくクリアしたので、無事にお返しすることが出来ました。
重要データなデータの破損もありませんでしたので、一安心です。

旧モデルのマザーボードの場合、コンデンサの破裂による障害が起こる可能性は
思っているほど低くありません。

同じパソコンを愛用している方は一度開けて確認をしたほうがいいかもしれません。

不安な時はお気軽にご相談下さい!

ホーム > メーカー別

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る