パソコン修理ブログ > メーカー別 > FUJITSU

FUJITSU Archive

fujitsu FMVF76CDW ウィルス駆除

こんにちは。
パソコンのお医者さん 山田です。

さて今回はウィルス駆除についてですが、
今は少し落ち着いて来ましたが、
先月、先々月くらいは猛威を振るったウィルスがこちら。

駆除事態はわかってしまえば大丈夫ですが、
問題は感染している間はインターネットや各種ソフトウェアの起動が
妨害されることです。

さらにこの手のウィルスは
セキュリティソフトでブロックされにくい傾向にあります。
では対策についてですが、以下の3点に注意してもらえれば
感染する可能性を防ぐ事が出来ます。

・きちんとWindowsUpdateを行なう
・JavaのUpdateを行なう
・AdobeReader、念のためFlashPlayerのUpdateを行なっておく。

どれか1つでも欠けるとそこがセキュリティホールになって
感染してしまうようです。

もし心当たりがある方は今すぐ上記3点のチェックを行いましょう!

まずは感染しない環境をつくるところから始めましょう!

FMVNFG40 windows8の設定

こんにちは。

今回は今話題のwindows8について富士通「FMVNFG40」という機種をお持ちのお客様よりご依頼いただきました。

ご依頼内容は、先に使っていたWindowsXPのパソコンから移動した、JPG形式で保存した文書ファイルがWindows8で開くと非常に写りがきたないのでなんとかしてほしいというご依頼でした。

 

店頭にていろいろ見させていただき、標準設定となっているタイル画面上にもある「フォト」というビューワを使ってみたところ、部分的に拡大すれば文字等ははっきりと読めるのですが、全画面表示をしたときの画質が非常に悪い。

画面の解像度や各部の設定等隅々まで確認・調整を行ったが改善されませんでした。少々あきらめ気味で、お客様にはこの画質がWindows8の標準で・・・という話をしようかと思い、もう一点だけ思いついた操作をしてみたところ、今までの見え方とほぼ同じというお客様のお墨付きをいただけました。

何をしたかというと、標準で設定されていた「フォト」というビューワを「写真を右クリック」→「プログラムから開く」→「規定のプログラムの変更」→「windowsフォトビューアー」として、今までのwindowsに標準で設定されていたビューワを使用する設定に変更しただけです。

 

このようなトラブルもあり、これからWindows8のトラブルが増えてきそうです。トラブルでなくても、何かありましたらお気軽に弊社までご連絡くださいね。

 

 

NEC LL750 液晶パネル交換

こんにちは!

今回はNEC LL750の液晶パネルの交換修理です。

今回は画面が割れてしまっている状態でした。

早速電源を入れてみましょう。

見事に割れているところが映りませんね。

外部出力は問題ないので、パネルの交換を行うための検証を始めます。

まずはパネルを取り外します。

液晶画面のフレームと取り外します。フレームは脆いので、取り外しの際は

慎重に行います。

フレームを外すと本来、大体の機種にはインバータとバックライトが見えるのですが、それは見えません。どうやら今流行りのLEDパネルですね!

 

液晶の天板を外し、液晶パネルの裏側を確認するとケーブルが差し込まれています。

これがパソコンと液晶パネルを接続しているケーブルでしょう。

 

慎重にパネルから取り外します。このケーブルを壊してしまうとせっかく液晶を直しても

正常に画面出力がされないので細心の注意を持って外します。

 

ケーブルを外したらサイドのネジを取り外して液晶パネルと取り外します。

 

これでパネルが取り外せました。

 

液晶パネル自体の破損の場合、部品の取り寄せで対応をしますので、

型番等で調べます。

今回、新品の同じタイプの液晶パネルが見つかりましたので、新品液晶パネル交換で

お見積もりです。

 

お客様にお見積もりしたところ、ご成約を頂きましたので、早速部品を注文し、

交換作業を行いました。

 

交換後、電源をいれると、正常に画面が出力されていました。

 

これにて無事、液晶交換完了です。

動画などを長時間再生してみて確認を行いましたが、問題なく綺麗に映像が流れていました。流石LEDパネル!

 

通常のバックライトを搭載している液晶パネルよりも寿命が長いそうですが、

流石に割れてしまっては致し方無いですね。

 

今後使っていく上で綺麗に映像を出力し続けてくれればと思います。

 

パソコンのお医者さんでは液晶パネルの交換もスピーディーに行うことができます。

急ぎのお客様のニーズにお答えすることが出来ると思いますので、是非お困りの際は

一度ご連絡下さい!

 

よろしくお願い致します。

FUJITSU AH520/2Aが起動しない

こんにちは。

今日はFUJITSU AH520/2Aの修理事例です。

 

マシンの外観はこのような感じです。

 

今回の症状は通電はするのですが、BIOSが表示されない症状です。

前日までは普通に使用出来ていたそうですが、次の日に立ち上げを行ったら

起動しなくなっていたとのことでした。

 

店頭にて症状の確認も出来ましたので、早速検証開始です。

 

まずはバッテリーを取り外しハードディスクを外し、電源を投入したところ、

症状は変わりませんでした。

バッテリーの障害で稀にこのような症状が発生する場合もありますが、

今回は違ったようです。

 

続いてメモリを取り外し、簡易放電を行い、再度組立を行い、通電させてみましたが

症状は変わらず、BIOSの表示はされません。

 

かなりマザーボードの可能性が高い状態ですね・・・

 

この場合、一度完全に分解を行い、完全に放電を行う作業が必要になります。

 

ということで、一度取り付けたメモリを取り外し、本体のネジを取り外していきます。

 

取り外したネジがどこのネジかわからなくならないようにきちんと管理しましょう。

 

スイッチのパネルと取り外し、キーボードを取り外します。

 

その後、パームレスト部分を外し、マザーボードを取り外します。

 

各種ケーブル、ヒートシンクを取り外し、CPUを取り外して、完全分解終了です。

 

その後30分から1時間程度放電の為、放置しまして、再度組立を行います。

分解した工程と逆に進めていって組み立てて行きます。

 

組立を終えて、バッテリーと取り付けて、ACアダプタにつないで電源を投入すると

起動しました!

 

動作も問題ない状態です。

その後、負荷テスト、メモリテスト、再起動、シャットダウンからの再立ち上げなど

基本動作のテストを行い、様子を見たところ、問題無い状態です!

 

ここまでの完全分解はある程度の知識がないと出来ないので、オススメは

できませんが、簡易的な放電作業であれば誰でも出来ますので、起動しないパソコンに

試してみるのもいいかもしれませんね。

 

メモリの取り外しは昔のマシンはキーボードの下にあったりして、分解が大変ですが、

最近のマシンはネジを1つ外せばメモリが露出しますので、簡単です。

 

取り外したメモリは正常に取り付けないとマザーボードの破損につながるので、

細心の注意が必要です。油断すると余計に症状が悪化しますので、注意が必要です!

 

完全放電作業が必要な場合は一度当社にお気軽にご相談下さい。

ホーム > メーカー別 > FUJITSU

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る