パソコン修理ブログ > メーカー別 > NEC

NEC Archive

NEC PC-VN770FS6W 液晶パネル交換修理

こんにちは。
本日はNECの液晶ディスプレイ一体型パソコンの液晶パネルの交換修理事例をご紹介します。
今回お預かりしたパソコンはNECのPC-VN770FS6Wという21.5型の液晶ディスプレイ一体型の機種で、液晶を割ってしまったということでお持込いただきました。


店頭にて確認させていただくと、画面に何か物を当ててしまって液晶パネルが割れてしまったという状態でした。
お客様から、パソコンの中のデータも必要なために、どうしても修理したいとのことでしたが、こちらのパソコンを購入した某家電量販店に持ち込んだところ修理はできるがデータは消えてしまう可能性があると言われてしまい、そこには依頼できずにパソコンのお医者さんへ持ち込んでいただいたということでした。

お預かりし、早速分解してハードディスクを取り出しデータのバックアップが可能かどうか試したところ、問題なくバックアップできました。
早速お客様へデータは消えない状態で修理ができるとお伝えし安心していただきました。
それから部品を探し始めたのですが・・・弊社でいつも部品の発注をしている問屋では部品がなく、部品探しが難航しました。


ようやく海外から取り寄せられるという問屋を探し発注。部品は海外からの発送となったので少し時間がかかってしまいましたが
無事に割れてしまった液晶パネルを新品の液晶パネルに交換することができました。
そして、お客様にとって一番重要なことなのですが、パソコンに入っていたデータも壊れる前と同様の状態でお客様にお返しすることができました。

このようなある程度大型の液晶パネルなどはメーカー特有のものが多く、なかなか部品を見つけるだけでも困難ですが、弊社にお任せいただければ修理いたします!!

また、メーカーに出すと、修理と一緒にリカバリー(初期化)されてしまうことが多いのですが、パソコンのお医者さんではパソコンの中のデータを最優先で修理させていただきます。
そういった観点からも、メーカーに修理を依頼する前にパソコンのお医者さんにお持込ください。

以上、またどこかの記事でお会いしましょう^^

NEC LL550/Tのパソコン修理

こんにちは!
パソコンのお医者さんの大畑です。

連日雲行きが怪しく、雨が降ったり止んだりの忙しい天気ですね。
傘が手放せない天気ですが、風邪には気をつけましょう。

今回お預かりさせていただいたパソコンは「NEC LL550/T」というノートパソコンです。

一度電話で、パソコンが上手く立ち上がらないということでお問い合わせいただきまして、その後店頭にご来店いただきました。
店頭にてお話を伺いながら症状を確認すると、Windowsロゴの画面出フリーズしているわけでは無いのですが、いつまで待ってもそこから進まないという状態です。
詳しくお話を聞いていると、何かソフトを入れたり、Windowsのアップデートが合ったということではなく、前日の夜まで使用できていて、朝になって電源を入れたら、立ち上がらなかったということです。
ここ最近、パソコンの動作が重たくなったかも?と感じていたということでしたので、ハードディスクやメモリの可能性を考えて一度お預かりさせていただきました。


分解し、各部品のチェックをしているとメモリには異常ありませんでしたが、ハードディスクの認識具合が悪く、検査の結果、不具合が生じていることがわかりました。
ハードディスクとは、パソコンのWindowsというシステムを保存したり、データを保存したりすることに使用するパソコンにとって必要不可欠な部品です。
ハードディスクが弱ってくると、正常にシステムやデータにアクセスすることが困難になり、動作が遅くなったり、最悪は、パソコンが立ち上がらなくなってしまうこともあります。

今回は、ハードディスクに不具合はあるものの、なんとかデータは取り出せる状態でした。
家族の写真をパソコンに撮り溜めていたそうで、パソコン自体は最悪ダメでも、データだけはなんとか・・・とお話伺っていたので、データが無事なことをお客様に伝えることができて幸いでした。
修理内容としては、ハードディスクの交換と初期化作業、データの取り出し作業を行い、正常な状態に戻ったパソコンにデータをお戻ししてお返しさせていただきました。

ハードディスクはパソコンの中では壊れやすい部品の1つです。
しっかりメンテナンスをしているパソコンでも、持ち運びをしないパソコンでも、絶対に壊れないと言うわけではありません。
ですが、しっかりとしたメンテナンスを行うことで少しでもパソコンの寿命を長くしてあげる事ができると思います。

なかなかめんどくさいと思ってしまうことですが、パソコンのメンテナンスはしっかりしてあげましょう!

NEC PC-VL300 シリーズ

こんにちは。
パソコンのお医者さんの人見です!
今回は、ある特定の機種の不具合についてお話させていただきます。

最近、同症状で弊社によく入ってくる機種があります。
NEC VALUESTERシリーズでPC-VL300Lシリーズの、ある特定のマザーボード搭載機種にて起こる症状があります。


その症状というのが、通電はしているのに(電源ランプは点く)画面が映らないという症状となります。こちらの原因は、熱がこもりやすい筐体なのにグラフィックチップに熱対策がほとんどなされていないために、グラフィックチップが熱で壊れてしまうという現象です。
チップ自身の発する熱によって自身が壊れてしまうという、なんとも皮肉な現象です。
この症状が出てしまうと、基本的には熱対策を施した新しいマザーボードに交換をすることで修理を行います。
特にこの夏暑かったこともあり、今期だけで今のところ5台も同症状で修理させていただきました。
残念ながらこちらの不具合ではリコール等にはなっていなく、症状が出てしまったら修理しなくてはならないのが現状です。

まず、原因がマザーボード上のグラフィックチップの破損とわかった時点で、マザーボードを発注します。
このとき、不具合対作品(熱対策済み品)があればいいのですが、なかなか対策品はありません。
なので、同型番のマザーボードを購入しグラフィックチップのヒートシンクに小型のファンを取り付けます。
こうすることによって、グラフィックチップが冷却され不具合が発生しなくなります。

VL300Lシリーズ以外にも、VL300RシリーズやVL300Mシリーズでも同症状がでるようです。MS-7402という型番のマザーボードを使用している、NEC製の省スペース型パソコンでは要注意です。

もしこちらの該当するパソコンをご使用中の方で、現在まだ症状が発生していなく熱対策がお済みでない方はぜひ当店で熱対策をどうぞ。
また、こちらの症状が発生してしまった場合、なかなかご自分でマザーボードの交換+熱対策といった修理は難しいかと思いますので、
ぜひ最寄のパソコンのお医者さんにお持ちください。

といった形で、特にメーカー製のパソコンでは、稀にこういった機種特有の不具合というものがあります。
故障した際にパソコンのお医者さんにお持ちいただければ、リコール対象品か否か等もお調べさせていただきますのでまずはお気軽にご相談ください。

ホーム > メーカー別 > NEC

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る