パソコン修理ブログ > ノートパソコン

ノートパソコン Archive

HP Pavilion dv7の修理

こんにちは!
本日は東北の大震災より2年の月日が経った日です。
あれからもう2年経ってしまったと思う今日ですが、復興が一日も早く進み良い形でできることを栃木から祈っています。

さて、今回紹介するのは「HP Pavilion dv7のファンのエラーが出る」と言うものです。

この機種は出てから2年ほどの機種で、比較的新しいですが、当社ではすでに何件か同じエラーでお預かりさせていただいています。

原因としてはCPUのファンが正常に回らなくなってしまっている状態をBIOSが感知して警告を出している状態です。
確かにこのままではCPUの冷却が出来ないため、最悪はCPUも壊れてしまいます。

温度も100℃近くまで上がってしまう状態なので、早急にファンの交換が必要ですね。

お客様にお見積りのご了承を頂き、早速CPUファンのお取り寄せ、交換作業を行いました。

交換作業後、念のためCPUの温度を測定しつつ負荷テストを行いましたが温度も安定し、問題なく動作していることが確認できましたので、お客様へパソコンのお引き渡しをさせて頂きました。

メーカーのリコール等無い場合でも機種によっては一部の部品が弱りやすい傾向にありますので、一度自分のパソコンの型番を調べてみるといいかもしれませんね。

NEC LS550/F マザーボードショート

こんにちは。

最近、ノートパソコンに水や飲み物などをこぼしてしまったというお客様が非常に多いです。

奇跡的にほぼ異常がなく無事な場合もありますが、ほとんどの場合はキーボードや無線カード、USBが使えなくなったり画面が映らなくなったりと、こぼしてしまった場所によっても様々なのですが、今回のお客様は全く通電すらしなくなってしまったということでした。

今回お預かりしたパソコンは、NEC製の『LS550/F』という機種で、ちょうど真ん中あたりにお茶をこぼしてしまったということでした。

こぼした後、2~3時間電源を切った状態で放置し電源を入れたとのことですが、最初の1回だけ一瞬映ったと思ったらすぐに電源が落ちてしまい、それ以降通電しないといった状態でした。

お預かりして分解してみると、マザーボードにはっきりとしたショート痕が。完全にショートしてしまい再起不能な状態でした。

 

 

キーボード以外のハードディスクやその他の部品には問題がなく、マザーボードとキーボードを交換すれば今まで通りの状態で使用できることが確認できたため、マザーボードとキーボード交換といった修理を行いお返しさせていただきました。

 

飲み物を飲みながらパソコンを使用する際は、こぼれにくいタンブラーなどを使用することをおススメします。

皆様も、こぼさないように注意してくださいね!!

 

 

 

DELL Inspiron N5110の修理

こんにちは!
やっと日中が暖かくなってきた今日このごろですが、それと合わせて花粉の時期が近づいていますね。
パソコンとはあまり関係はありませんが体調を第一にしましょう。

さて、今回の修理事例は「DELL Inspiron N5110が起動しない」です。

店頭にお持ちいただいた時点では、起動ができない状態を確認。
症状としては、電源入れても画面になにも出力しないということでしたが、店頭では画面は映るもののエラーメッセージが出ていました。

ハードディスクのエラーが濃厚なメッセージでしたので一度お預かりさせていただき、ハードディスクの動作確認を致しました。

検査の結果、やはりハードディスクのエラーを確認。
データはなんとか取れそうな状態ではありましたが、ハードディスクの状態が思わしくなく、全ての環境を新品のハードディスクに移すのは厳しかったので、データの取り出しとリカバリの提案をさせて頂きました。

お見積りご了承後、データを壊れているハードディスクから抽出。
パソコン本体に関しては、新品のハードディスクを組み付け、リカバリ作業を行いました。

ご返却の際に、環境移行は出来なかったものの、データが救えてよかったとおっしゃっていただけたことが非常に良かったです。

TOSHIBA Qosmio F30/670LSの修理

こんにちは!
今回紹介する事例はコチラです。

「TOSHIBA Qosmio F30/670LS」です!

症状としては、光学ドライブに入っているCDが読み込むことが出来ず、取り出すことができなくなってしまったとのことです。

このタイプのノートパソコンは光学ドライブが開くタイプではなく、CDを飲み込むのようなタイプの為、強制排出が厳しい状態。
そのため、一度お預かりさせていただき、分解、検査を行わせて頂きました。

お預かり後、パソコンを分解し、光学ドライブの取り出し。
その後光学ドライブを分解した所、CDの他に、透明なディスクが入っていました。
この透明なディスクですが、空のCDやDVDを買った人なら見たことがある蓋の役割を果たしているようなディスクです。

CDに張り付くようにしてくっついていたため、おそらくCDを入れた際に一緒に重ねて入れてしまった可能性が高いですね。

2枚のディスクを取り出し、組立後、正常に動作することが確認できましたので、一安心です。

今回の件では、透明なディスクが入ってしまったということですが、他にも異物を入れてしまうケースが多数あります。
皆さまも、間違えて異物を入れてしまわないように気をつけましょう!

TOSHIBA製 TX/66LBLK キーボード修理

こんにちは。

最近、私の周りで非常に風邪やインフルエンザが流行ってしまっています。
皆さんは大丈夫でしょうか?お体は、パソコンのように部品を交換すれば…
というわけにはいかないので、日々の生活の中で注意してくださいね。

さて、本日はTOSHIBA製 TX/66LBLK(PATX66LRTBLK)にて、キーボードのキーが数か所効かなくなってしまったという
ご依頼がありましたのでご紹介させていただきます。


こちら、数か所キーが打てなくなり、ローマ字入力が非常に打ちにくいので修理してほしいとのことでした。
症状を確認したところ、お客様からお伺いしていたキーが確かに効かない状態でした。
まずはじめにキーボードの隙間からエアーブローを行い、クリーニングしてみましたが症状は同じ状態。
接触不良を疑い、一度外して再度接続し直しても同症状。なので、テスト用のキーボードを試したところ
効かなかったキーも問題なく打てる状態でしたので、キーボードそのものの故障ということに。

 

こちらは、キーボード自体を交換という形で修理を行わさせていただきました。
同タイプのキーボードが同時期に数機、効かないキーは違うものの、同症状での修理の依頼がありましたので、
もしかするとキーボードがもともと弱いタイプの機種なのかもしれません。
同シリーズで同症状になってしまったかたがいらっしゃいましたら、ひどくなる前にパソコンのお医者さんに
修理のご用命をお待ちしております。

では、またお会いしましょう。

NEC LL750/8

こんにちは!
今回ご紹介するパソコンはこちら!

「NEC LL750/8」というWindows XPのノートパソコンです。
症状としましては、前日まで問題なく使用できていたのに、今朝付けてみたらキーボードの一部キーが正常に入力できなくなってしまったとのことでした。

店頭で確認した所、一部キーが反応しないだけでなく、押しっぱなしになってしまうものもあり、一度お預かりをさせて頂き詳しく検査を行うことになりました。

早速パソコンの分解を行い、キーボードを取り外し、背面を見ると何か水の後が・・・。
ジュースやお茶などでは無く、水のようでしたがこれが原因でキーボードが正常に動かなくなってしまった可能性が高い状態でした。

テスト用のキーボードを使用し、問題なく動作をすることが確認出来ました。
お客様のキーボードに関しましては水分を飛ばして乾かすことで回復できないかを確認シましたが、染みこんでしまいショートしてしまっているのか症状変わらず。

マザーボードには染み込んだ後も無いため、キーボード交換作業の見積もりをさせていただき、ご了承後、部品のお取り寄せ、交換作業を行いました。

元通りキーボードが使用出来るようになったことで大変喜んで頂いて幸いでしたが、お客様に改めて聞いてみると前日の夜窓際にパソコンがあり、少し雨が降ったとのことで、それじゃないかということでした。

皆さんもパソコンの置き場と、戸締りはしっかりしましょう!

Fujitsu FMV-BIBLO NF40Xの修理

こんにちは!

今回お預かりさせていただきましたパソコンはこちら。


「Fujitsu FMV-BIBLO NF40X」

Fujitsuのノートパソコンです!

症状と致しましては、画面が暗いということでお持ちいただきました。

お預かりさせていただき、症状の確認を行うと画面が薄暗いような状態で、これでは通常通り使用することが出来ない形となってしまいます。

よく見れば起動している…というような状態ですので、液晶周りの分解をして検証致しました。

液晶周辺にも、液晶パネルからバックライト・インバーター・LCDケーブルなど様々な部品が入っています。

それらの部品をひとつづつ切り分けをしていき、最終的に不具合があった箇所はバックライトでした。

既に消耗してしまっている状態で、まったく点灯しないような形です。

テストのバックライトの取り付けを行い点灯テストを行った所、長い時間問題なく点灯し動作していることを確認出来ましたので、バックライトの交換となりました。

バックライトは、液晶パネルの分解を行いハンダを伴う修理となりますので、非常に繊細な作業となります。
また、バックライト自体もとても細く折れやすい部品となるので、慎重に作業させていただきました。

バックライトの交換を行い綺麗に画面がうつり起動できることを確認し、お客様にも非常に喜んでいただくことが出来ました。

画面が暗いなどの症状でも、様々な箇所の故障が考えられますので、お困りのことがございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

TOSHIBA dynabook TX/66FBL

こんにちは。
今回修理依頼を頂いたパソコンはこちらです。

TOSHIBA dynabook TX/66FBLです。

症状は動作全てが遅い、そしてフリーズしてしまう症状です。

早速分解を行い、ハードディスクやメモリの検査を行いました。

まず、メモリ。こちらは異常は出ていない状態です。
問題なくテストをクリアしました。

続いてハードディスクの検査を行ったところ、
残念ながらハードディスクからエラーが検出されました。

動作の遅さやフリーズの原因の1つとして間違い無いでしょう。

恐る恐る破損しているハードディスクのクローンを作成し、
取り付けて起動させてみると、なんとか問題なく起動しましたので、一安心です。
と思いきや、フリーズの症状発生。
メモリテストはパス。もちろん検証用のハードディスクにも異常はありません。

セーフモードで起動の確認を行なうと、なんと普通に(?)起動する状態でした。
なにせインストールされているアプリケーションの数が多いので、スタートアップを
全てOFFにして見ましたところ、通常起動の際のフリーズや動作の遅延は起きないようです。

気になりインストールされているアプリケーションの中を見てみるとなんとセキュリティソフトが
3種類もインストールされていました。何かのインストールの際に入ってしまったのでしょうか。
これはイカンと思い、セキュリティソフトをアンインストールし、スタートアップを戻し、再起動!

その後の動作は問題なく、快適に動作します。年のためCPUやメモリに負荷をかけてみたり
ブラウジングや各種基本アプリケーションの動作の確認等を行いましたが、全く問題がない状態です。

今回の原因はハードディスクが劣化してしまっていて事と、セキュリティソフトのバッティグが原因でしょう。
お客様にお見積もりをお出しして、ご回答を待っている状態です。

例えばGoogle Chromeをインストールする際にもマカフィーがセットで入ってきたことがあったので、
パソコンに慣れてる人、そうでない人も注意が必要だと思いました。

MacBook Air 13インチ 2011年モデル

こんにちは!
今回お預かりさせていただいたパソコンは
「Apple MacBook Air 2011年製 13インチ」モデルです。


昔まではMacに対しての敷居があったような気がしますが、近年ではiPhone等の影響や、Intel化したことによってWindowsが搭載できる昨日があったりするので、一般の方でも購入しやすい傾向にありますね。

それもあり、ここ最近当社でのMac関係のお問い合わせも今まで以上に増加傾向にあります。

さて、今回のMacBook Airの症状は「飲み物をこぼしてから起動が出来ない」というものです。
こぼしたものがコーヒーということですのでなかなか厄介なシロモノです。

お預かりさせていただき、早速分解を行うと・・・


内部から甘い臭いがします。
コーヒーがかかってしまい基盤の腐食等もしていたため完全にロジックボードがダメになってしまっていました。
また、キーボード、バッテリーもダメになってしまっていたため、修理が概算の時点でも高額に・・・。

お客様としては「データだけでも」ということでしたので、早速SSDの中からのデータの取り出し作業を行いました。
幸いなことにSSDは無事だったため、なんとかデータを無事に取り出すことができ、お客様にもご満足いただけました。

小型のノートパソコンをカフェで開いている人をよく見かけるようになりましたが、飲み物こぼしもそれに比例して多くなってきてる気がします。
皆さまも気をつけて快適なパソコンライフを送りましょう。

FUJITSU AH520/2Aが起動しない

こんにちは。

今日はFUJITSU AH520/2Aの修理事例です。

 

マシンの外観はこのような感じです。

 

今回の症状は通電はするのですが、BIOSが表示されない症状です。

前日までは普通に使用出来ていたそうですが、次の日に立ち上げを行ったら

起動しなくなっていたとのことでした。

 

店頭にて症状の確認も出来ましたので、早速検証開始です。

 

まずはバッテリーを取り外しハードディスクを外し、電源を投入したところ、

症状は変わりませんでした。

バッテリーの障害で稀にこのような症状が発生する場合もありますが、

今回は違ったようです。

 

続いてメモリを取り外し、簡易放電を行い、再度組立を行い、通電させてみましたが

症状は変わらず、BIOSの表示はされません。

 

かなりマザーボードの可能性が高い状態ですね・・・

 

この場合、一度完全に分解を行い、完全に放電を行う作業が必要になります。

 

ということで、一度取り付けたメモリを取り外し、本体のネジを取り外していきます。

 

取り外したネジがどこのネジかわからなくならないようにきちんと管理しましょう。

 

スイッチのパネルと取り外し、キーボードを取り外します。

 

その後、パームレスト部分を外し、マザーボードを取り外します。

 

各種ケーブル、ヒートシンクを取り外し、CPUを取り外して、完全分解終了です。

 

その後30分から1時間程度放電の為、放置しまして、再度組立を行います。

分解した工程と逆に進めていって組み立てて行きます。

 

組立を終えて、バッテリーと取り付けて、ACアダプタにつないで電源を投入すると

起動しました!

 

動作も問題ない状態です。

その後、負荷テスト、メモリテスト、再起動、シャットダウンからの再立ち上げなど

基本動作のテストを行い、様子を見たところ、問題無い状態です!

 

ここまでの完全分解はある程度の知識がないと出来ないので、オススメは

できませんが、簡易的な放電作業であれば誰でも出来ますので、起動しないパソコンに

試してみるのもいいかもしれませんね。

 

メモリの取り外しは昔のマシンはキーボードの下にあったりして、分解が大変ですが、

最近のマシンはネジを1つ外せばメモリが露出しますので、簡単です。

 

取り外したメモリは正常に取り付けないとマザーボードの破損につながるので、

細心の注意が必要です。油断すると余計に症状が悪化しますので、注意が必要です!

 

完全放電作業が必要な場合は一度当社にお気軽にご相談下さい。

ホーム > ノートパソコン

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る