パソコン修理ブログ > ノートパソコン

ノートパソコン Archive

NEC LL550/Tのパソコン修理

こんにちは!
パソコンのお医者さんの大畑です。

連日雲行きが怪しく、雨が降ったり止んだりの忙しい天気ですね。
傘が手放せない天気ですが、風邪には気をつけましょう。

今回お預かりさせていただいたパソコンは「NEC LL550/T」というノートパソコンです。

一度電話で、パソコンが上手く立ち上がらないということでお問い合わせいただきまして、その後店頭にご来店いただきました。
店頭にてお話を伺いながら症状を確認すると、Windowsロゴの画面出フリーズしているわけでは無いのですが、いつまで待ってもそこから進まないという状態です。
詳しくお話を聞いていると、何かソフトを入れたり、Windowsのアップデートが合ったということではなく、前日の夜まで使用できていて、朝になって電源を入れたら、立ち上がらなかったということです。
ここ最近、パソコンの動作が重たくなったかも?と感じていたということでしたので、ハードディスクやメモリの可能性を考えて一度お預かりさせていただきました。


分解し、各部品のチェックをしているとメモリには異常ありませんでしたが、ハードディスクの認識具合が悪く、検査の結果、不具合が生じていることがわかりました。
ハードディスクとは、パソコンのWindowsというシステムを保存したり、データを保存したりすることに使用するパソコンにとって必要不可欠な部品です。
ハードディスクが弱ってくると、正常にシステムやデータにアクセスすることが困難になり、動作が遅くなったり、最悪は、パソコンが立ち上がらなくなってしまうこともあります。

今回は、ハードディスクに不具合はあるものの、なんとかデータは取り出せる状態でした。
家族の写真をパソコンに撮り溜めていたそうで、パソコン自体は最悪ダメでも、データだけはなんとか・・・とお話伺っていたので、データが無事なことをお客様に伝えることができて幸いでした。
修理内容としては、ハードディスクの交換と初期化作業、データの取り出し作業を行い、正常な状態に戻ったパソコンにデータをお戻ししてお返しさせていただきました。

ハードディスクはパソコンの中では壊れやすい部品の1つです。
しっかりメンテナンスをしているパソコンでも、持ち運びをしないパソコンでも、絶対に壊れないと言うわけではありません。
ですが、しっかりとしたメンテナンスを行うことで少しでもパソコンの寿命を長くしてあげる事ができると思います。

なかなかめんどくさいと思ってしまうことですが、パソコンのメンテナンスはしっかりしてあげましょう!

TOSHIBA G7/X19PDEの修理

こんにちは!
パソコンのお医者さん 平澤です。

日本の今年の夏はどうやら記録的な残暑を記録し続けているそうです。
暦上ではもう秋のはず……なんだか、まだまだ遠いみたいですね。

今回お預かりさせていただいたパソコンは、東芝DynaBookの G7/X19PDE」です。

症状としましては、初期化をした後から、メールができない症状やインターネット関係の不具合が出ている状態でした。

メールの方は、初期化した為に設定などが消えてしまっている状態でしたので、設定を入れなおしてあげれば、また以前とおなじようにメールの送受信ができるようになります。

インターネット関係の不具合ですが、まずYahooの地図が見られなくなってしまっています。
一度開いて症状の確認をしてみると、検索ボックスに入っている地名や住所の所が文字化けしてしまっていることと、肝心の地図が真っ白で表示されてないような状態でした。

そして、後は一部開けないホームページがあったりと、様々な不具合が起こってしまっている状態でした。

お客様のご希望としては、それらの不具合を改善し、今までと同じようにメールなどもお使いになりたいということで見させていただきました。

インターネット関係の方の不具合は、初期化したことによりInternet Explorerのバージョンが古くなってしまっていた為、様々な不具合が起こってしまっている状態でした。
また、メールの方はお預かりしたプロバイダー書類を元に、再設定させていただきメールの送受信は問題なくできるようになりました。

通常、初期化してしまうと保存してあるデータはもちろん、細かい設定やパソコンを買った後に入れたソフトなんかも消えてしまいます。
また、Flash PlayerやJavaなども消えてしまっていますので、それらを使っているホームページなどでは表示ができなくなってしまいます。

設定が分からない、うまくソフトのインストールができないなど、初期化後のメールやインターネット、各種設定も承っていますので、お気軽にご相談ください。

TOSHIBA PACX935LSのバックライト交換

こんにちは!
パソコンのお医者さん 平澤です。

今回ご紹介させていただくパソコンは、TOSHIBAのPACX935LS(dynabook CX/935LS)です。

症状としては、以前から画面が赤みががっており、起動する前に画面が暗くなってよく見えなくなってしまうということでした。

上記の症状からするとバックライトの消耗が疑われましたので、一度お預かりさせていただき、分解・検査致しました。

バックライトの点灯テストを行った所、やはりバックライトの方が消耗している状態で、最初は点灯するものの少しすると消えてしまうという状 態になっていました。
テストのバックライトでは問題なく点灯しておりましたので、バックライトの交換が必要な状態です。

実際にバックライトの取り外しを行い、サイズを計測します。
バックライトは、その機種によって長さ・太さが全く変わってきます。

ミリ単位でのものになりますので、少しでも長さが合わないとうまく入らず、無理矢理つけようとすると破損の原因になります。
ですので、サイズはきちんと計測し、お客様のパソコンに合ったもので交換させていただいています。

今回も同様に、お客様のパソコンの液晶パネルを分解し、バックライトを取り外して計測。

同じサイズのものをお取り寄せさせていただき、交換作業を致しました。

交換後、点灯テストでも問題なく点灯していましたので液晶パネルの組み直しを行い、画面がはじめからきちんと映ることを確認致しました。

起動も問題なく出来るようになり、今回の修理は完了です。

以前の状態のままパソコンが使えるようになりましたので、お客様には非常に喜んでいただけました。
バックライトは、通常のノートパソコンだと一本のことが多いですが少し新しめのパソコンになってくると、2本タイプのものも多いかと思いま す。

万が一片方が切れてしまった場合でも、念のため一度に2つ、交換しておくとその後長くお使いいただけると思います。

最近のパソコンではバックライトではなく、LEDのタイプが多くなっていますが、まだまだバックライトの機種も多く使われていますね。

通常、バックライトが切れてしまった場合ですと液晶パネルごとの交換になってしまうことがありますが、パソコンのお医者さんではバックライ トのみの交換をすることが可能です。

画面が暗い、赤みがかっているなど、バックライト交換の修理はパソコンのお医者さんにお任せください!

ホーム > ノートパソコン

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る