パソコン修理ブログ > ハードウェア

ハードウェア Archive

ドスパラ製デスクトップパソコンの修理

こんにちは。

最近パソコン価格が下がっていますね。

パソコンショップや有名メーカー以外のオリジナルパソコンもたくさんあります。

他社では修理を受け付けてくれない自作系に扱われるメーカーパソコン。

弊社では受け付けていますのでご連絡ください。

 

今回はそんなドスパラ製のパソコンをお預かりし修理した事例を紹介致します。

まず、症状ですが起動してもすぐに電源が落ちてしまい、使用できない状態とのことでお預かりしました。

ハードディスクやメモリ等に不具合はない状態でした。

ただしパソコンのケースを開けたところ、CPUを冷やす為のCPUクーラーがホコリが溜まりすぎていたた目詰まりしている状態でした。

 

 

CPUファンを含め、パソコン内部のクリーニングとメンテナンスを行ったところ起動後すぐに電源が落ちてしまっていた症状が改善されました。

しばらくパソコンに負荷を掛け様子を見ましたが、継続して起動し続けていたのでクリーニング・メンテナンスという内容うにて修理完了となりました。

 

CPUの熱がキャパシティを超えてしまうとシャットダウンしてしまう、熱暴走という症状でしたが、これから夏に向けて皆様のパソコンは如何でしょうか?

デスクトップパソコンよりもノートパソコンやディスプレイ一体型パソコンでの発症が多いので、気になられた方は一度弊社へお問い合わせください!!

 

 

HP Pavilion dv7の修理

こんにちは!
本日は東北の大震災より2年の月日が経った日です。
あれからもう2年経ってしまったと思う今日ですが、復興が一日も早く進み良い形でできることを栃木から祈っています。

さて、今回紹介するのは「HP Pavilion dv7のファンのエラーが出る」と言うものです。

この機種は出てから2年ほどの機種で、比較的新しいですが、当社ではすでに何件か同じエラーでお預かりさせていただいています。

原因としてはCPUのファンが正常に回らなくなってしまっている状態をBIOSが感知して警告を出している状態です。
確かにこのままではCPUの冷却が出来ないため、最悪はCPUも壊れてしまいます。

温度も100℃近くまで上がってしまう状態なので、早急にファンの交換が必要ですね。

お客様にお見積りのご了承を頂き、早速CPUファンのお取り寄せ、交換作業を行いました。

交換作業後、念のためCPUの温度を測定しつつ負荷テストを行いましたが温度も安定し、問題なく動作していることが確認できましたので、お客様へパソコンのお引き渡しをさせて頂きました。

メーカーのリコール等無い場合でも機種によっては一部の部品が弱りやすい傾向にありますので、一度自分のパソコンの型番を調べてみるといいかもしれませんね。

DELL PRECISION T3400 SSD交換

こんにちは。
今日はDELLのデスクトップマシンのSSD換装です。

ちなみにですが、SSDを今現在購入するなら、Intelが個人的にオススメです。
2.5インチ→3.5インチのマウンタが付いているので、個別にSSDとマウンタを買うより楽でいいと思います。
速度も安定性も優れているのでオススメです。

今回の症状ですが、電源投入時にオペレーティング・システムノットファウンドと出てしまい起動しない状態です。
購入して長い間、安定して動作していたそうですが、HDDの劣化が原因で今回の症状が発生してしまったようです。

重要なデータはバックアップしてあるとのことでしたが、このマシンに愛着があるとの事で修理したいと
お客様が仰っていました。一部のお客様の声の中にはすぐに買い換えてしまうと耳にする中、
このように言って頂けると、とても嬉しく感じます。

今回動作も早くしたいとのご要望があり、メモリの増設も行いたいとお伺いしましたが、
メモリは4GB搭載されていて、WindowsXP 32bitでもメモリを最大容量認識していいる状態ですので、
SSDのご提案をさせて頂きました。修理のご成約を頂いて、早速SSDに換装したところ、
改めての爆速ぶりに思わずニヤついてしまいました。

お客様に店頭で確認して頂いたところ、速度の向上が予想以上だったようで、とても
喜ばれていました。

今後もお客様のご要望にしっかりと答えていけるように修理に励みたいと思います!

SOTEC S501B9Kのマザーボード交換

こんにちは。
パソコンのお医者さん 山田です。
今日はSOTEC S501B9Kのマザーボード交換です。

写真の取り方が下手くそですみません・・・
このコンデンサ、破損しているコンデンサです。
症状としては通電はするが、画面出力が出来ない症状です。

グラボでの出力も試したのですが、やはり症状は変わりませんでした。
写真の箇所以外にもいくつかコンデンサの破裂や膨張が確認出来ました。
実は私事ですが、実家で家族が使っていたパソコンも同じ機種でした、
同様にマザーボードのコンデンサが破裂して使用不可になってしまいました。
もしかしたらこの機種系列が若干破損率高いのかもしれないですね。

さてよくコンデンサ交換などで修理可能な事もありますが、今回は
安定して使い続けて頂くためにもマザーボードの交換をご提案させて頂くことになりました。

ただ困ったことに部品の流通が殆ど無く、メーカ修理も出来ないと来ました。

お客様に事情をご説明し、少しお時間を頂き部品を調査するお時間を頂きまして、
ようやく動作品を確保することが出来ました。

まだまだ現役で動作できるスペックを持っているのに部品の流通が無いと修理出来る物も
出来なくなってしまう可能性がありますので、そこが難しいところだなと最近痛感しました。

部品さえアレば究極ですが、殆どのパソコンを修理することが出来ます。
もちろんケースバイケースですが・・・

これからは素早く必要な修理部品を確保出来るように目を光らせていきたいと思います!

Apple PowerMac G4 MDD(ミラードドア)の修理

 

こんにちは。

今日はApple PowerMac G4(MDD)が通電しないという症状でお預かりした修理の

内容です。

会社で使用しているパソコンとのことでしたが、通電しなくなってしまい、困ってしまったとのこと。

店頭にお持ち込み頂き、早速電源スイッチを押してみると何の反応もしません。

電源部分に耳を当てて確認してみましたが、通電している様子がありません。

 

これはMDDだけに言えることではないのですが、G4の他の種類(クイックシルバー、グラファイト)でも

同様の症状が出るケースが多いです。G4関連は電源ユニットの破損率が高いと思います。

お客様に現在の状態をご説明させて頂き、お預かりさせて頂きまして、早速分解を行いました。

ロジックボードにショート痕やコンデンサ破裂は見当たらないので、ますます電源ユニットが怪しいと思いました。

もちろんメモリや内部電池も交換し、確認してみましたが、症状が変わることは無かったので、ロジックまたは電源ユニットが

濃厚と思われます。

 

早速MDD用のテスト電源を使用し、通電・起動確認を行ったところ通電しました。

起動確認の際はテストのハードディスクを使い、リストアを行い確認しましたところ、問題なく起動してくれました。

ロジックボードではなく一安心です。電源ユニット交換でのお見積りをさせて頂き、

無事に修理完了することが出来ました。

G4はまだまだ使用しているお客様が多いマシンですので、もっと知識を深めて行きたいと思います。

NEC LM750/Dの修理

こんにちは!
今回お預かりさせていただいたパソコンはコチラ!

「NEC LM750/D」です!
お持ち込みの理由としては「昨日まで普通に使用できていたのに、今朝電源を入れたらパソコンが立ち上がらなくなってしまった」ということでした。

店頭への持ち込みのご案内をさせて頂き、お持ち込み頂いた所、機種としてもまだ新しいパソコンのため、どこか部品が壊れてしまったというのも考えにくい状況でしたが、起動中に青い背景に「0x000000ED」と他に英文字が出て起動が出来ない状態でした。

これは「ブルースクリーン」といわれるWindowsのシステムやハード面に重大な不具合が出た場合に出るエラー画面で、今回の語尾に「ED」と付くタイプに関しましてはハードディスクの故障による不具合の可能性が高い状態が考えられました。

検査を行った結果やはりハードディスクに不具合がありましたが、なんとかデータや環境は救出出来る状態でしたので、全環境移行作業のご提案をさせて頂きました。

パソコンの高速化に興味があるとのことでしたので合わせてSSDと言われるハードディスクの代わりのようなものをご提案させていただいた所そちらを使用した全環境移行作業を行うことになりました。

今までどおりの環境を再現するだけでなく、SSDに換装したことで起動や動作が段違いで早くなったため、お客様が大変喜ばれていたことが私としては嬉しい限りです。

これからもお客様の快適なパソコンライフの為に、色々なご提案をさせていただければとおもいます。

fujitsu NB40Mのバックライト交換

こんにちは。
今回はバックライトの交換作業です。

今のパソコンの多くにはLED液晶が使用されています。
ですが、まだまだバックライトを使用しているパソコンは多いので、
これからこの記事を読んでいる人のパソコンにも起きるかも!?

今回は一灯式、ノングレアの液晶パネルでした。
症状としては、電源投入時に既に画面が赤っぽく写っていてしばらくすると
画面が暗くなってしまう状態です。画面が暗い状態でも
よーーく見るとかすかにアイコンが見えます。

典型的なバックライトの症状ですが、きちんとインバータやケーブルのチェックも
行なう必要があるので、油断は禁物です。

液晶パネルを取り外し、テスト用の液晶パネルをつけてみての動作を確認したところ
バッチリ移ります。
インバータやケーブル大丈夫そうですね。

早速お見積もりを入れてバックライト交換を行なう事になりました。
バックライト交換で一番大変なのは外すことよりもとに戻すことが大変です・・・

今回はすんなりはまってくれましたがはまらない時は・・・

ちゃんと収縮チューブをははめて、ハンダ付けを行います。一灯式だからショートしないわけではないので
そこはしっかりとしないといけません。

綺麗に映るようになったので、よかったです。

ちなみにこれが取り外したバックライトです。

すこしショートしていたのでしょうか。焦げがついてます。


これからも質の高い修理が出来るように日々努力していきます。

Fujitsu FMV-BIBLO NF40Xの修理

こんにちは!

今回お預かりさせていただきましたパソコンはこちら。


「Fujitsu FMV-BIBLO NF40X」

Fujitsuのノートパソコンです!

症状と致しましては、画面が暗いということでお持ちいただきました。

お預かりさせていただき、症状の確認を行うと画面が薄暗いような状態で、これでは通常通り使用することが出来ない形となってしまいます。

よく見れば起動している…というような状態ですので、液晶周りの分解をして検証致しました。

液晶周辺にも、液晶パネルからバックライト・インバーター・LCDケーブルなど様々な部品が入っています。

それらの部品をひとつづつ切り分けをしていき、最終的に不具合があった箇所はバックライトでした。

既に消耗してしまっている状態で、まったく点灯しないような形です。

テストのバックライトの取り付けを行い点灯テストを行った所、長い時間問題なく点灯し動作していることを確認出来ましたので、バックライトの交換となりました。

バックライトは、液晶パネルの分解を行いハンダを伴う修理となりますので、非常に繊細な作業となります。
また、バックライト自体もとても細く折れやすい部品となるので、慎重に作業させていただきました。

バックライトの交換を行い綺麗に画面がうつり起動できることを確認し、お客様にも非常に喜んでいただくことが出来ました。

画面が暗いなどの症状でも、様々な箇所の故障が考えられますので、お困りのことがございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

TOSHIBA dynabook TX/66FBL

こんにちは。
今回修理依頼を頂いたパソコンはこちらです。

TOSHIBA dynabook TX/66FBLです。

症状は動作全てが遅い、そしてフリーズしてしまう症状です。

早速分解を行い、ハードディスクやメモリの検査を行いました。

まず、メモリ。こちらは異常は出ていない状態です。
問題なくテストをクリアしました。

続いてハードディスクの検査を行ったところ、
残念ながらハードディスクからエラーが検出されました。

動作の遅さやフリーズの原因の1つとして間違い無いでしょう。

恐る恐る破損しているハードディスクのクローンを作成し、
取り付けて起動させてみると、なんとか問題なく起動しましたので、一安心です。
と思いきや、フリーズの症状発生。
メモリテストはパス。もちろん検証用のハードディスクにも異常はありません。

セーフモードで起動の確認を行なうと、なんと普通に(?)起動する状態でした。
なにせインストールされているアプリケーションの数が多いので、スタートアップを
全てOFFにして見ましたところ、通常起動の際のフリーズや動作の遅延は起きないようです。

気になりインストールされているアプリケーションの中を見てみるとなんとセキュリティソフトが
3種類もインストールされていました。何かのインストールの際に入ってしまったのでしょうか。
これはイカンと思い、セキュリティソフトをアンインストールし、スタートアップを戻し、再起動!

その後の動作は問題なく、快適に動作します。年のためCPUやメモリに負荷をかけてみたり
ブラウジングや各種基本アプリケーションの動作の確認等を行いましたが、全く問題がない状態です。

今回の原因はハードディスクが劣化してしまっていて事と、セキュリティソフトのバッティグが原因でしょう。
お客様にお見積もりをお出しして、ご回答を待っている状態です。

例えばGoogle Chromeをインストールする際にもマカフィーがセットで入ってきたことがあったので、
パソコンに慣れてる人、そうでない人も注意が必要だと思いました。

HP Probook-4515Sのハードディスク交換

こんにちは!
今回お預かりさせていただきましたパソコンはこちら。

HP  Probook-4515S

症状としましては、パソコンが起動する度に毎回チェックディスクがかかってしまう状態ということでお預かりさせていただきました。

チェックディスクが終われば起動の方するが、動作がすごく重くなってしまったという事でした。

データの方は正常起動している時に、お客様の方で前もって取ってくださっていたので、特に今回データは不要ということでした。

お預かりさせていただいて見てみた所、ハードディスクが物理的に弱ってきている状態です。
ハードディスクが弱ってきていると、急に動作が極端に重くなってしまったり、起動や動作に異常をきたしてしまうということが多く見られます。

他の各部品の検査を行った所ハードディスク以外の部品などは問題なく大丈夫でした。

一度テストでリカバリ作業をさせていただいた所、問題なく正常にリカバリを行うことが出来ましたので、お客様とお話させていただき、今回はハードディスクの交換とリカバリをさせていただくこととなりました。

新品のハードディスクに交換させていただき、リカバリした所チェックディスクがかかったり、動作が重くなったりすることなくきちんと動作するようになりました。

お客様は、またパソコンが使えるようになったということで安心していました。

上記のような症状や、パソコンがおかしいと思った時は、ぜひ一度ご相談ください。

ホーム > ハードウェア

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る