パソコン修理ブログ > ハードウェア

ハードウェア Archive

NEC VN770Vが起動しない

こんにちは。

今日はNECのVN770Vが起動しないパソコンの修理についてです。

今回パソコンの電源を入れるとBIOSからSMARTエラーが検出され起動しない

状態でした。

SMARTエラーはハードディスクが出している信号のようなものなのですが、

この症状が出ていると大体ハードディスクに異常が出ている状態の可能性が高いですね。

 

セーフモードも起動しない状態なのでシステムにも異常が出てしまっている状態のようです。

 

早速お預かりさせて頂いて、分解を行い、ハードディスクのチェックを行ったところ、

やはりエラーが検出されました。

購入して2~3年程度とのことですが、最近のハードディスクは大体2年位たったものの

故障率が若干高い気がしますね。

 

さて検証結果としてはハードディスクに異常がでていて、システムが破損してしまっている状態ですが、念には念を入れて、テストハードディスクを使用し、リカバリーテストを

行なってみました。

 

リカバリー事態には問題なく行うことができて、動作も軽快で

CPUもQuad Coreなので、ばっちり動作します。

 

ですが、一つ問題があり、メーカーのパソコンなので、ドライバーの問題が発生します。

メーカーからのダウンロードが出来ないので、リカバリーディスクの取り寄せを

行う必要があります。

 

NECのオペレータさんに話を聞いたのですが、今のパソコンはリカバリーディスクは付属していなくて、基本的には購入した人が自分で作らなければいけません。

ですが、パソコンに詳しくない人にとってリカバリーディスクの作成は取り掛かるのが

難しいと感じますね。

 

今回のように、メーカに依頼すれば大丈夫ですが、作り置きはしないで、完全受注生産制だそうです。

個人的には2~3日で準備してもらえると思っていたのですが、2週間もかかってしまいました。

 

首を長くしてまったリカバリーディスクを使用し、新しいハードディスクでリカバリーを行ったところ、無事にリカバリーが成功し、ドライバーも全てあたり、完全な状態での

リカバリーを行うことが出来ました。

 

WindowsUpdateを行いサービスパックを最新にして、無事にお客様にお返しすることが出来ました。

 

無事に起動するようになり、お客様にも喜んで頂けました。

今回は重要なデータはなかったので、データの心配はありませんでしたが、

お返しの際に、データのバックアップをオススメさせて頂きました。

 

パソコン本体は部品さえあれば修理は可能ですが、データはそうも行かないので・・・

 

何はともあれ、無事に修理できて、喜んで頂いて良かったです。

これからも喜んで頂けるような修理を心がけていきたいと思います。

DELL XPS M1530の修理

こんにちは。

パソコンのお医者さん やまだです。

 

今日はDELL XPS M1530の修理です。

修理といっても起動しないという訳では無く、光学ドライブ内にディスクを入れたら取れなくなってしまったそうです。

早速起動確認を行うために電源を入れると、光学ドライブの中から「ウィーン、ガチャ、ウィーン、ガチャ」と音がします。原因はなんとも言えませんが光学ドライブの破損が原因で間違い無いと思います。

また今回お客様の方で新しいパソコンはすでに購入済みとの事。

ただ中に取り込まれてしまったディスクは知り合いに借りたものなので

取り出したいとのことでした。

 

このXPSですが、光学ドライブが通常のタイプのものとは異なり

スロットインタイプです。ディスクを飲み込ませるイメージですね。

今のモデルのMacに採用されているタイプですね。

さてまずこのXPS。

光学ドライブまでたどり着くのに裏のネジ、キーボード、スイッチ部分、キーボード下のパネル、止めにディスプレイまで外さないと光学ドライブにはたどり着けません。

 

更にお客様からのご要望で急ぎでとのことでしたので、お預かりして直様分解を行いました。

まず、裏のバッテリ、パネル、ネジを外します。

正面電源部分を外します。が、ここで注意。

フラットケーブルでマザーボードと接続されていますので、勢い良く引っ張ると・・・

すごく残念な事になりますので、細心の注意を払って下さい。

電源スイッチ、キーボードを外したら、液晶パネルを慎重に取り外します。

そして最後に天板を外し、ようやく光学ドライブが触れる位置に到達しました。

 

固定されているケーブルとネジを取り外し、光学ドライブを摘出。

中を覗いてみるとディスクが確かに入ってます。

 

更にディスクが取り出せない原因の一つがわかりました。

ディスクが飛び出さないようにストッパーのようなものがあるのですが、

それが常に動いてしまっていてディスクの排出を邪魔していた状態ですね。

その為、光学ドライブを分解し、ディスクを取り出しました。

 

逆の順序で組み立てなおし、起動確認を行い、問題なく起動するので、これにて解決です!

 

パソコンのお医者さんではこのようなトラブルにもスピーディーに対応します。

お困りの際は是非一度ご相談下さい。

 

よろしくお願い致します。

NEC LL750 液晶パネル交換

こんにちは!

今回はNEC LL750の液晶パネルの交換修理です。

今回は画面が割れてしまっている状態でした。

早速電源を入れてみましょう。

見事に割れているところが映りませんね。

外部出力は問題ないので、パネルの交換を行うための検証を始めます。

まずはパネルを取り外します。

液晶画面のフレームと取り外します。フレームは脆いので、取り外しの際は

慎重に行います。

フレームを外すと本来、大体の機種にはインバータとバックライトが見えるのですが、それは見えません。どうやら今流行りのLEDパネルですね!

 

液晶の天板を外し、液晶パネルの裏側を確認するとケーブルが差し込まれています。

これがパソコンと液晶パネルを接続しているケーブルでしょう。

 

慎重にパネルから取り外します。このケーブルを壊してしまうとせっかく液晶を直しても

正常に画面出力がされないので細心の注意を持って外します。

 

ケーブルを外したらサイドのネジを取り外して液晶パネルと取り外します。

 

これでパネルが取り外せました。

 

液晶パネル自体の破損の場合、部品の取り寄せで対応をしますので、

型番等で調べます。

今回、新品の同じタイプの液晶パネルが見つかりましたので、新品液晶パネル交換で

お見積もりです。

 

お客様にお見積もりしたところ、ご成約を頂きましたので、早速部品を注文し、

交換作業を行いました。

 

交換後、電源をいれると、正常に画面が出力されていました。

 

これにて無事、液晶交換完了です。

動画などを長時間再生してみて確認を行いましたが、問題なく綺麗に映像が流れていました。流石LEDパネル!

 

通常のバックライトを搭載している液晶パネルよりも寿命が長いそうですが、

流石に割れてしまっては致し方無いですね。

 

今後使っていく上で綺麗に映像を出力し続けてくれればと思います。

 

パソコンのお医者さんでは液晶パネルの交換もスピーディーに行うことができます。

急ぎのお客様のニーズにお答えすることが出来ると思いますので、是非お困りの際は

一度ご連絡下さい!

 

よろしくお願い致します。

DELL OPTIPLEX GX280が起動しない

こんにちは。
今日はDELL OPTIPLEX GX280が起動しない症状です。


詳しい症状ですが、電源投入後にCPUファンが拘束回転をして、ジェット機のような音がする症状です。

以前にも同じ症状の案件の修理を行ったことがありますが、今回も同様の症状でしょうか。

早速分解を行い、メモリのテストを行いたいところですが、BIOSが出ない状態です。

なので他の部品のチェックを行います。
ハードディスクの状態から行います。
今回の原因として、ハードディスクでは無いですが、もちろん検査します。
特に目立った障害は無く、異音もしない状態です。
ハードディスクのチェックには多少時間がかかりますが、問題なくテストをクリアしました。
中のデータも生きてるいるので、重要なデータはなんとかなりそうです。

続いてメモリを交換して、通電させてみましたが、症状は変わりませんでした。
メモリのリードエラーでファンコントローラーが異常な動作をしているかもと思ったのですが、
あてが外れました。

CMOS電池を交換しての動作確認を行いましたが、ファンは相変わらず拘束回転しています。
ここまで来るとマザーボードの障害の可能性が高くなって来ました。

もちろん電源ユニットを検査用の物と交換してみましたが、症状は変わらないので、
マザーボードの可能性が濃厚になってしまいました。

完全放電も兼ねて、取り外せる部品は全て取り外し、マザーボードの破損を目視で
無いか確認したところ、コンデンサが破裂し中の電解液が漏れている状態でした。
しかも1つだけでは無く、複数個破裂してしまっています。


1つや2つならコンデンサの交換で対応が可能なのですが、あまりに多いと
交換しても正常動作しない可能性があります。

お見積もりをお出しするために、故障部品であるマザーボードを探してみましたが、
なかなか見つかりません。メーカーに確認を取ったところ、部品の保有期間を過ぎているため
メーカーも部品を持っていないそうです。

様々な部品を取り扱っている問屋に問い合わせたところ、なんとか部品の確保ができる事がわかりましたので、
マザーボード交換でお見積もりをお出しして、お客様からご成約頂きまして、
部品を発注し、修理することが出来ました。

ファンも正常に回転し、画面の出力も問題なしです。
メモリのテストも行い、問題なくクリアしたので、無事にお返しすることが出来ました。
重要データなデータの破損もありませんでしたので、一安心です。

旧モデルのマザーボードの場合、コンデンサの破裂による障害が起こる可能性は
思っているほど低くありません。

同じパソコンを愛用している方は一度開けて確認をしたほうがいいかもしれません。

不安な時はお気軽にご相談下さい!

デスクトップパソコンの電源が入らない

こんにちは。
今日はデスクトップパソコンが立ち上がらない症状の時のお話です。

つい前日までは問題なく動作していたデスクトップパソコンですが、
次の日の朝に電源ボタンを押しても全く通電しないとのこと。

症状を店頭で確認してお預かりさせて頂きまして、早速分解作業を行いました。

まずはハードディスクを取り外して、動作を確認しました。
が、結果はやはり通電しません。
通常通電しない原因として多いのは、電源ユニットの故障、マザーボードの障害、
経年劣化しているパソコンに多い帯電が主だと思います。
その他にはメモリの異常やCMOS電池の電池残量が少ない場合に稀に発生する障害です。

一度完全分解を行い、1時間程経過後に再度組み上げ、通電の確認を行いましたが、
やはり症状は変わりませんでした。

検査用メモリでの動作確認を行ったところ、うんともすんとも言いません。
マザーボードによって変わってきますが、メモリに異常があった際はビープ音で
異常を検知するパターンもありますが、そもそも通電していないので、今回の症状の原因として
メモリの可能性は薄いです。

CMOS電池を新品のものと交換して動作の確認を行いましたが、症状は変わりませんでした。

ここまで絞り込んだ場合、残すところ、電源ユニットまたはマザーボードのどちらかが原因になっている
可能性が濃厚です。

電源ユニットを検査用電源ユニットに変えて通電確認を行ったところ、
正常に通電し、BIOSが起動することを確認できました。
今回の原因としては電源ユニットの異常で間違いないでしょう。

マザーボードでなくて、一安心です。
電源ユニットを交換するにあたり、注意すべき点ですが、
電源ユニットの電力ですね。

ビジネスモデルであれば500W程度のものでも十分に対応することができますが、
例えばゲーミングマシン。

CPUはオーバクロックして、SLIなどを行う場合、電源を非常に多く必要とします。

BTOで注文した電源ユニットの場合、起動ギリギリの電源ユニットが搭載されていることも・・・

もし電源の容量をオーバーした使い方をした場合、正常な動作の妨げになったり、
突然電源が切れる場合もあると思います。
そもそも起動しない事も十分に考えられます。

その為、電源ユニットを交換する場合、もしくは新しくパソコンを自作する場合、
少し余裕をもたせた電源ユニットを選択することをオススメします。

あとこれは個人的な選択のコツなのですが、
電源ユニットの「重さ」です。

同じ電源容量のユニットもメーカーなどで重さが違います。
個人的にユニットの重さを比較した際、重いほうがしっかりと働いてくれる気がします。
実際に耐久テストを行った訳では無いので、正確な意見は無いですが、
個人的には重い電源ユニットをオススメします!

今回のデスクトップパソコンにも軽い電源ユニットではなく、重い電源ユニットを選択し、
交換を行いました。

正常にOSも起動し、お客様にお返しすることが出来ました。

単純に最初から電源ユニットを疑い、検証することももちろん可能です。
普通に考えれば電源ユニットが怪しいかなと思いますが、
潜伏している可能性のある故障を発見するためにあえて、遠回りをすることも必要な場合があります。

今回は電源ユニットでしたが、マザーボードの可能性もありますし、両方の可能性も
否定出来ません。

その為、しっかりとした検証が必要になります。

今後もしっかりとした検証を行い修理作業を行なって行きたいと思います。

『 Fujitsu CE70G7 』パソコンが起動しない。

こんにちは。
パソコンのお医者さんのひとみです。

昼間はまだまだ暑くなっていますが、夜はずいぶん涼しくなってきましたね。
ようやく秋っぽさが出てきた今日この頃。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

これから、朝晩と昼間の気温差が激しくなってきますので、体調を壊さないように気をつけてくださいね。それはさておき、先日『FUJITSU CE70G7』にてパソコンが起動しなくなってしまったというお客様からお預かりさせていただきました。そのときの修理事例をご紹介いたします。

まず、こちらのパソコンは8年前に発売されたかなり古い型です。

お預かりする際に、いろいろとお客様からお話を聞かせていただき、安くできるなら修理、ある程度高額なら新しいパソコンを買ってデータを移したいとのことでしたが、USBドングルを使用する見積もり制作や顧客管理をするソフトを使用していて、そのソフトはどうしても使用できるようにしたいが、古いソフトなのでディスクがない。とのこと。

しかも、XP以外のOSで使用できるかを調べようとしたところ、そのソフトを作った会社は倒産していてなくなってしまったということで・・・。
また、新しいOSになると使い慣れるまで大変だから、できればXPのままで新しいパソコンがほしいといった内容でした。一度お預かりさせていただき、症状を確認し診断したところ、マザーボードのコンデンサが数箇所破裂していて、HDDにも物理的なエラーが出てきている状態でした。しかし、環境やデータの移行はできる状態でした。

そこで、私が提案させていただいたのが、パソコンのお医者さんでお客様の使用用途に合わせてデスクトップパソコンを作り、新しいパソコンに古いパソコンの環境やデータをそっくりそのまま移行して納品させていただくといった、普通の家電量販店ではできないサービスを提案させていただきました。

すると、「そんなことができるのか!ぜひその方法でパソコンを1台作ってくれ」ということでした。
早速お客様と打ち合わせさせていただき、一緒にパソコンの構成を考えさせていただき、すぐに部品発注。
部品が届き次第すぐ組み上げて、古いパソコンから環境を移行し納品させていただきました。
お客様からは、『今まで通りの環境で使いやすく、かつ速度がものすごく速い。しかも新品パソコンなのでしばらくは安心して使える。』といううれしい言葉をいただきました。

こういった、今までの環境を使っていたいという方や、どうしてもXPでないと使えないソフトを使っているなどのお悩みがあり、新しいパソコンを買うのに躊躇しているといった方がいましたら、ぜひ一度ご相談ください。
きっと満足していただけるかと思います。

最後に、今回預かったパソコンと新しいパソコンの簡単なスペックを書いて終わりたいと思います。


旧PC          新PC
OS:    WindowsXP         WindowsXP(データ・環境等は旧PCより移行)
CPU:     Pentiam4         Intel i5
メモリ:    DDR 512MB        DDR3 8GB
HDD:   160GB           SSD120GB+HDD500GB
筐体:   省スペース        microATX
ディスプレイ:17インチ スクエア    21.5インチ ワイド

ホーム > ハードウェア

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る