パソコン修理ブログ > Archives > 2012-10

2012-10

NEC VN770Vが起動しない

こんにちは。

今日はNECのVN770Vが起動しないパソコンの修理についてです。

今回パソコンの電源を入れるとBIOSからSMARTエラーが検出され起動しない

状態でした。

SMARTエラーはハードディスクが出している信号のようなものなのですが、

この症状が出ていると大体ハードディスクに異常が出ている状態の可能性が高いですね。

 

セーフモードも起動しない状態なのでシステムにも異常が出てしまっている状態のようです。

 

早速お預かりさせて頂いて、分解を行い、ハードディスクのチェックを行ったところ、

やはりエラーが検出されました。

購入して2~3年程度とのことですが、最近のハードディスクは大体2年位たったものの

故障率が若干高い気がしますね。

 

さて検証結果としてはハードディスクに異常がでていて、システムが破損してしまっている状態ですが、念には念を入れて、テストハードディスクを使用し、リカバリーテストを

行なってみました。

 

リカバリー事態には問題なく行うことができて、動作も軽快で

CPUもQuad Coreなので、ばっちり動作します。

 

ですが、一つ問題があり、メーカーのパソコンなので、ドライバーの問題が発生します。

メーカーからのダウンロードが出来ないので、リカバリーディスクの取り寄せを

行う必要があります。

 

NECのオペレータさんに話を聞いたのですが、今のパソコンはリカバリーディスクは付属していなくて、基本的には購入した人が自分で作らなければいけません。

ですが、パソコンに詳しくない人にとってリカバリーディスクの作成は取り掛かるのが

難しいと感じますね。

 

今回のように、メーカに依頼すれば大丈夫ですが、作り置きはしないで、完全受注生産制だそうです。

個人的には2~3日で準備してもらえると思っていたのですが、2週間もかかってしまいました。

 

首を長くしてまったリカバリーディスクを使用し、新しいハードディスクでリカバリーを行ったところ、無事にリカバリーが成功し、ドライバーも全てあたり、完全な状態での

リカバリーを行うことが出来ました。

 

WindowsUpdateを行いサービスパックを最新にして、無事にお客様にお返しすることが出来ました。

 

無事に起動するようになり、お客様にも喜んで頂けました。

今回は重要なデータはなかったので、データの心配はありませんでしたが、

お返しの際に、データのバックアップをオススメさせて頂きました。

 

パソコン本体は部品さえあれば修理は可能ですが、データはそうも行かないので・・・

 

何はともあれ、無事に修理できて、喜んで頂いて良かったです。

これからも喜んで頂けるような修理を心がけていきたいと思います。

M3202の修理について

こんにちは!

今回はacerのデスクトップパソコン「M3202」の修理をご紹介したいと思います。

 

 

こちらのパソコンはAMDのプロセッサ「Phenom 2 X4」が搭載されていますので現在でも快適に動作します!

電源を入れても起動しなくなってしまったということでお預かりさせて頂きました。

 

 

電源ボタンを入れるとファンなどが動いたりランプが光ったりはしますが、ハードディスクをうまく読み込めていないのか、そこから先へ進むことができなくなっている状態です。

パソコンを起動するためのデータはハードディスクに保存されていて、起動する際にそのデータを読み込んで起動するといった仕組みになっています。

ですので、データが保存されているハードディスクが壊れてしまうと、今回のように起動できなくなってしまうといった事が起きてしまいます。

 

 

また、ハードディスクは起動するデータだけではなく、普段パソコンで使っているデータなども全て入っている機械になります。

パソコンの部品の中ではとても重要で大切な役割を果たしています。

ハードディスクは状態によってデータが取れる場合と全く取れない場合と分かれてしまうので、まずはデータが取れるかどうかの検査を行います。

この検査と平行してメモリなどの部品についても検査を進めていきます!

 

 

今回はハードディスクが壊れかけていた状態だったので、なんとかデータを取り出すことができました!

元の様に使えるようにするには、このデータを新しいハードディスクに移してあげる必要があります。

データを新しいハードディスクに移行した後は、パソコンがきちんと動作するかどうかのテストを行い、おかしいところがないかどうかを調べます。

 

 

今回はハードディスク以外には異常はなく、データを移行した状態でも正常に動作することが確認できましたので、ハードディスクの交換及びデータの移行を行って作業完了となります!

 

 

大切なデータはバックアップなどを定期的に取るようにすると安心感が増しますのでおすすめです。

 

TOSHIBA PAAX820LST

こんにちは!
今回お預かりさせていただきましたパソコンはこちらです。

症状と致しましては、起動はするものの、すぐに固まってしまい何も操作ができないということでお話を伺いました。

実際に店頭で症状を見させていただきました所、通常通りWindowsのロゴが表示され、その後起動→壁紙やアイコンまできちんと表示されたと思ったら、そこで固まってしまい何もクリックしたり、操作したりは出来ない状態となっていました。

これですと、肝心なデータなども一切クリックすることができませんので参照することが不可な状態です。

お客様は、パソコンの中に残しておきたいデータがあるということでしたので、一度お預かりの上検査させていただく形となりました。
実際にお預かりさせていただき、中の部品などの検査を致しました所、ハードディスクの状態が悪化しており、それが原因となって正常通り起動が出来ない状態となっていました。

その辺りのお話をお客様にさせていただきました所、一番の希望としてはソフトや環境などもそのまま残したまま修理したいということでしたので、こちらで新しいハードディスクに環境の移行ができるかどうか試させてただきました。

ハードディスクの状態が悪く時間はかかってしまったものの、なんとか環境の移行ができまして起動の確認を行うことができました。

お客様に、環境移行が出来る旨をお話させていただきました所非常に喜んでくださり、すぐに修理のご了承をいただけました。

ハードディスクの交換をし、環境移行作業を行いました所きちんと起動し、ソフトの動作やデータの参照なども問題なくすることができ、無事にお返しすることができました。

お客様は、データがもう読み込むことが出来ないんじゃないかと、パソコンをお持ち込みいただくまで考えていらっしゃったようでして、今回データはもちろんのこと、環境まで全て戻ってきた!と非常に喜んでいただくことができました。

今回は、パソコンの状態がおかしくなってしまってから早めにお持ちいただくことができたので、なんとか環境の移行まで持って行くことができました。
パソコンの調子がおかしい、いつもと違うと感じたときは、なるべくお早めにご相談ください。

 

SONY VGC-JS90Sセキュリティソフト

こんにちは!
今回お預かりさせていただきましたパソコンはこちらです。

症状と致しましては、セキュリティソフトのインストールができないということでお預かりさせていただきました。

実際に状態を見てみると、セキュリティソフトのインストール画面までは進むが、エラーが出てしまいインストールが出来ない状態でした。

お客様の方ではエラーの内容の意味がよく分からないということでしたが、確認させていただくと、しばらくWindowsUpdateを実行していなかった為にService Packが当たっていない状態で、セキュリティソフトの動作環境を満たしていない状況でした。

セキュリティソフトにはそれぞれ必要な動作環境というものがあり、例えばパソコンの性能であったりOSであったり、今回のようなService Packであったりと様々です。

通常、セキュリティソフトのパッケージなどに記載されていることが多いかと思いますが、購入する前に自分のパソコンにインストールできるのかは確認しておくといいかと思います。

ただ、今回のようなService Packの問題であった場合はWindowsUpdateをすれば解決する問題ですので、大丈夫ですね。

最低動作環境を満たしていても、ソフトによっては異様に動作が重くなってしまったりすることもありますので、ある程度のスペックはほしい所だと思います。
WindowsUpdateを行い、VistaのService Pack2までアップデートをし、無事にセキュリティソフトのインストールを行うことができました。
お客様は、普段インターネットやメールを主に使用されていらっしゃるそうですので、やはりセキュリティ面での不安はあるそうです。

もうすぐセキュリティソフトの期限が切れてしまうが、更新ができずどうしたらいいのかわからず困っていたようでしたので、今回無事にセキュリティソフトのインストールができたことで非常に安心してくださっていました。

やはりインターネットを使用される場合は、セキュリティソフトは必須になってきますね。

今もメディアでウイルス感染については大きく話題となっていますが、たくさんのウイルスがインターネット上には蔓延しています。

セキュリティソフトも、物によっては正直あまり意味のないソフトなどもありますので、セキュリティソフトをインストールされる場合には一度調べてから購入するのがおすすめです。

セキュリティ面や、ソフトなどで何か分からないことがあればご相談ください。

Primeのパソコン修理

こんにちは!

 

今回は、ドスパラが販売しているPrimeというパソコンの修理についてご紹介したいと思います!

 

 

パソコンの種類としてはミドルサイズのデスクトップ型になります。

一般的なデスクトップパソコンで作りが親切なのでメンテナンスしやすいですね。

 

ノートパソコンに比べるとデスクトップ型パソコンは大きさに余裕があるので変わった作りをしておらず、分解しやすいことが利点です!

お預かりしたこのパソコンは電源ボタンを押しても画面が映らない状態です。

 

以前は普通に画面は表示されていたそうなのですが、ここ数日で調子が悪くなってしまったようです・・・。

このデスクトップパソコンはパソコンの本体とディスプレイが別々のタイプなので、まずはディスプレイ側が原因なのかパソコン側が原因なのかを調べます。

 

今回はノートパソコンの外部出力端子を使ってディスプレイの点灯テストを行いました。

 

ノートパソコン側でディスプレイに映像信号を送ったところ、正常に画面が表示されました!繰り返し信号を送ったり、電源のON/OFFを行なっても通常に表示されましたので、原因はディスプレイではなくパソコン側にあるようです・・・。

パソコンを分解し、内部の基盤や部品に異常がないかどうか検査を行います。

ディスプレイに映像の信号を送るのはグラフィックスと呼ばれるもので、マザーボードに内蔵されているものと、ボードとして接続されているものと2種類あります!

 

お客様のパソコンに搭載されていたものは、マザーボード内蔵タイプですのでこちらが故障している場合はマザーボード交換といった形になります。

また、メモリの不調などによっても画面が映らなくなってしまうことがありますので合わせて検証を行います!

 

検査の結果、ハードディスクはエラーがなく正常にデータの読み書きができる状態ですが、メモリの一枚に不具合がある状態でした。

 

正常のメモリと交換したところ正常に画面も表示されるようになりました!

 

メモリの交換作業後、きちんと動作を確認して修理完了となります!

LL850/Jの修理について

こんにちは!

今回は起動する際に見に覚えのないポップアップが出てきてしまうということでLL850/Jというパソコンをお預かり致しました。

 

 

確認させて頂いたところ、起動して少し経つと画面の右下に画面が表示されました。

内容としては見に覚えのない有料会員登録完了のお知らせと請求金額が載っている架空請求系のポップアップでした。

最近こういった架空請求の画面が出てしまうといった問い合わせを良く受けます。

怪しいサイトなどを閲覧した際やリンクなどをクリックした後にこのような症状になってしまうことがあります。

 

 

これはコンピューターウイルスの一種で、パソコンの中に入り込んで勝手に立ち上がるようにしてしまうプログラムなのです・・・。

表示されてしまう画面の内容は様々ありますが、架空請求の画面が出てくることが比較的多いようです。

この請求画面に表示されている電話番号に電話したりするとこちらの電話番号が知られてしまって危険なので注意しましょう。

 

 

このタイプのウイルスはポップアップウイルスと呼ばれており、比較的感染しやすいウイルスです。

架空請求の画面でお金を騙し取ることが目的なので安易に支払いを行わないようにしましょう!

ポップアップタイプのウイルスはパソコンのシステムを壊してしまったりするものはあまりありませんが、他のウイルスを感染させるキッカケになることがあるので危険です。

 

 

ウイルスによっては起動すらできなくなってしまうほどシステムを破壊するものもあります。

 

 

今回はポップアップウイルスのみで破壊をするウイルスには感染していませんでした。

ポップアップのウイルスの駆除を行った後、パソコンの部品の検査を行いました。

 

 

検査の結果、部品的には異常は見受けられませんでしたので、ウイルスの駆除作業をして作業完了となります!

こういったウイルスはセキュリティソフトを入れていても感染してしまうことがありますので、インターネットを使用する際などは注意して使用するようにしたほうが良いかもしれません。

 

DELL XPS M1530の修理

こんにちは。

パソコンのお医者さん やまだです。

 

今日はDELL XPS M1530の修理です。

修理といっても起動しないという訳では無く、光学ドライブ内にディスクを入れたら取れなくなってしまったそうです。

早速起動確認を行うために電源を入れると、光学ドライブの中から「ウィーン、ガチャ、ウィーン、ガチャ」と音がします。原因はなんとも言えませんが光学ドライブの破損が原因で間違い無いと思います。

また今回お客様の方で新しいパソコンはすでに購入済みとの事。

ただ中に取り込まれてしまったディスクは知り合いに借りたものなので

取り出したいとのことでした。

 

このXPSですが、光学ドライブが通常のタイプのものとは異なり

スロットインタイプです。ディスクを飲み込ませるイメージですね。

今のモデルのMacに採用されているタイプですね。

さてまずこのXPS。

光学ドライブまでたどり着くのに裏のネジ、キーボード、スイッチ部分、キーボード下のパネル、止めにディスプレイまで外さないと光学ドライブにはたどり着けません。

 

更にお客様からのご要望で急ぎでとのことでしたので、お預かりして直様分解を行いました。

まず、裏のバッテリ、パネル、ネジを外します。

正面電源部分を外します。が、ここで注意。

フラットケーブルでマザーボードと接続されていますので、勢い良く引っ張ると・・・

すごく残念な事になりますので、細心の注意を払って下さい。

電源スイッチ、キーボードを外したら、液晶パネルを慎重に取り外します。

そして最後に天板を外し、ようやく光学ドライブが触れる位置に到達しました。

 

固定されているケーブルとネジを取り外し、光学ドライブを摘出。

中を覗いてみるとディスクが確かに入ってます。

 

更にディスクが取り出せない原因の一つがわかりました。

ディスクが飛び出さないようにストッパーのようなものがあるのですが、

それが常に動いてしまっていてディスクの排出を邪魔していた状態ですね。

その為、光学ドライブを分解し、ディスクを取り出しました。

 

逆の順序で組み立てなおし、起動確認を行い、問題なく起動するので、これにて解決です!

 

パソコンのお医者さんではこのようなトラブルにもスピーディーに対応します。

お困りの際は是非一度ご相談下さい。

 

よろしくお願い致します。

NEC VW500/MG 起動しない

こんにちは!

今回お預かりさせていただきましたパソコンは、「NEC PC-VW500MG」一体型のパソコンです!

こちらのパソコン、テレビが見られるパソコンでして大きくて安定感もあるので使いやすい機種ですね。

症状と致しましては、起動しないということでお預かりさせていただきました。

検査させていただきました所、ハードディスクが少し動いては動きが止まってしまうような状態でして、OSが起動できない状態となっていました。

WindowsなどのOSや、データ関係は全てこのハードディスクに保存されていますので、そこが故障してしまうと読み込めなくなってしまう為、起動できない状態となってしまいます。

お持ち込みいただきますパソコンの中でも、ハードディスクの不具合は非常に多くパソコンの部品の中でも壊れやすい部品です。

ハードディスクの交換は可能な状態ですが、こちらの機種はリカバリー領域が内蔵されているタイプでしたので、リカバリディスクが必要となってきますが、お客様はリカバリディスクの作成をしていなかったので、取り寄せが必要でした。

最近のパソコンでは、多くのものがリカバリー領域内蔵型となっており、自分でディスクを作成しないと起動しなくなった時にハードディスクの状態が悪いと、再セットアップができなくなってしまったりします。

電気屋さんなどで購入されたものですと、作成してもらえる所もあるようですが多くは自分で作成しておく必要があると思いますので、パソコンを購入したらまずリカバリーディスクを作成しておくことをおすすめします。

リカバリディスクは内蔵タイプのものですとほとんど取り寄せは可能となりますが、中には在庫がなく取り寄せができないものや、ディスク代などもかかってきてしまいます。

今回のパソコンに関しては在庫がありましたのでディスクのお取り寄せをし、ハードディスクを新品のものに交換してリカバリーをし、作業完了です。

Officeはお客様がお持ちでしたので、再インストールをすることで再度ExcelやWordが使用できる状態となりました。

パソコンの初期化をすると、様々な購入後に入れたデータやソフトが購入時の状態に戻ってしまうとともに、Officeも消えてしまいます。

Officeが元々入っているパソコンのモデルでしたら、購入時についていた書類などと一緒についていると思いますので、こちらも大事に保管しておいたほうがいいかと思います。

パソコンの不具合で最も多い症状のパソコンが起動しない症状、そんな状態でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

CE50Y9の修理について

こんにちは!
今回はCE50Y9というパソコンの修理をご紹介致します。
CE50Y9は富士通のデスクトップパソコンでOSはwindows vistaになります。


CPUもCore2 Duoを搭載するなど、スリムタイプのデスクトップパソコンにしては性能が良く扱い易い仕様になっています。
データを保存するハードディスクの大きさも320GBと十分な容量のものが搭載されています。
場所を取らずにスムーズに動作するパソコンとしてオススメです!
さて、今回の症状ですが、インターネットの特定のページに飛ぼうとするとページが開けないといった少し珍しいものになります。
全くインターネットに繋がらない場合だと、モデムやルーター、回線などの不具合が関係してくるケースが多いのですが、特定のページだけ接続できないとなるとパソコン側の不具合が原因になっていることが多いのです・・・。
まずは基本的なことですが、きちんとインターネットに接続できているかどうかを念のために確認しました。こちらは問題なく接続できているようですのでモデムやルーターなどには問題が無さそうです。
となるとパソコン側の何らかの不具合によって特定のページにアクセスできなくなっている可能性がありますので、まずはパソコンの基本的な検査を行いました。
メモリやハードディスクには異常がない状態でしたので次はシステム面におかしいところがないかどうかをじっくりと検査します。
Windows vistaは他のOSに比べるとシステム面で不具合が起こりやすいので、OS自体の不具合の可能性を考えながらソフトウェア面でも問題が起こっていないか同時進行で作業が進みます。
お預かりしているこのパソコンにはInternetExplorer、Firefox、GoogleChromeとインターネットを観覧するためのソフトが入っているので、こちらのソフト全てを使って確認しましたが同症状が出ているようです・・・。
観覧が出来ないページ自体が壊れていないかどうかを調べるために、他のパソコンを使って確認しましたが、こちらでは問題なく観覧できる状態でしたのでサイト自体には問題は無さそうです。
セキュリティソフトは入っていないので、やはりOS自体に不具合が起きている可能性が高くなってきました。
Windows updateを見てみると更新プログラムが動いておらず、SPが当たっていない状態でしたのでwindows vistaをSP2適用させることにしました。
すると・・・・・。
嘘のようにすんなりとページを読み込みました!
どうやらvistaのシステム自体が古かったため、新しい技術が取り入れられているページに対応できていなかったようです。
Windows vistaのSP2適用といった形で修理完了です!

NEC LaVie L LL730/Tのパーテーションサイズ変更

  • 2012-10-09 (火)
  • 7 | SONY

こんにちは!

今回の修理はこちら、「NEC LaVie L LL730/T」のパーテーションサイズ変更についてです。

症状としては、Cドライブがいっぱいになってしまい空き容量が少なくなっていますという警告が頻繁に出るので、空き容量を増やしたい、というご要望でした。

元々のCドライブの容量が少なく、Dドライブは大きいのですがほとんど使用していない状態で、Dドライブは空きがある状態でした。

特にSONYのパソコンだと多いのですが、元々出荷時の状態はCドライブが少なめに取られていることがあります。
昔のパソコンですと特に多いと思います。

多くの方は、Cドライブにソフトのインストールをしたりデータの保存などをされていらっしゃるかと思いますので、これではすぐに容量不足となってしまいます。

容量不足になるとどのような現象が起こってくるかというと、上記にも記載したように「空き容量が少なくなっています」という表示が頻繁に出るようになったり、ソフトの新たなインストールができなくなってしまったり(またはエラーが発生する)、動作がおかしくなってしまうなど、システムに不具合をきたすことがあります。

CドライブからDドライブにデータの移行をしたり、外付けHDDなどに移行をすれば空き容量は増えますが、手間がかかりますし、移動してはいけないもの(ソフトやシステムのデータ、関連付けされているデータなど)を移動してしまいますと、更にシステムの不具合が起こる可能性があります。

このような時に有効なのがパーテーションサイズ変更です。

Dドライブに空き容量があれば、パーテーションサイズの変更での対応が可能となり、データの移行や削除をする手間も省け、今後も空き容量を気にせずデータを保存できるようになります。
こちらのパソコンも、Dドライブに100GBほど余裕があったのでDドライブのサイズを縮小し、その分Cドライブの容量を大きくしかなりの余裕がある状態となりました。

元々のハードディスクの容量が小さいと、パーテーションサイズの変更を行なってもさほど変わらない場合もありますが、その場合はハードディスク自体の容量を大きくしてしまう、という手もあります。

同様の症状でお困りの方、パーテーションサイズ変更や、ハードディスク容量の変更など、お客様のパソコンの環境や使用状況を加味したご提案が出来るかと思いますので、ぜひ一度ご相談ください。

Home > Archives > 2012-10

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る