パソコン修理ブログ > Archives > 2013-01

2013-01

NEC LL550/Tのインバーター交換

こんにちは!

今回お預かりさせていただきましたパソコンはこちら。

NEC LL550/T

症状としては、画面が暗いという症状でお預かりさせていただきました。

よく見てみればなんとなくうっすら写っている状態でしたが、とても使用できる状態ではありません。

以前から気に入って使っているパソコンなので治して使い続けたいということでしたので、お預かりさせていただき診断をさせていただきました。

まず、液晶周辺の検査のために分解し検査です。

画面が暗いという症状の場合、その多くは液晶周辺の部品の不具合です。

バックライト、インバーター、液晶パネルなどの検査を行い、最終的にはインバーターの不具合によりうまくバックライトが点灯していない状態という結果となりました。

こちらのインバーターは二灯式です。


早速お客様とやりとりをさせていただき、インバーターの交換ということでご了承いただきましたので、部品の交換を致しました。

インバーターの交換により無事バックライトが綺麗に点灯し、きちんと起動していることを確認出来ました。

データや環境など、以前のままで起動し問題なく使用できるようになりましたので、お客様にはとても喜んでいただけました。

パソコンの画面が暗いという症状は、起動しないという症状と同様に多い不具合です。
このような状態になってしまった場合でもお直しできる可能性はありますので、ぜひ一度ご相談ください!

INSPIRON N5010の修理について

こんにちは!

今回はDELLのノートパソコン「INSPIRON N5010」の修理内容についてご紹介したいと思います。

 

 

今回お預かりさせて頂いたパソコンはブルースクリーンが出て起動しないという状態です。

 

ブルースクリーンとはパソコンに深刻なエラーがが起きている際に発生するもので、その種類は数え切れないほどたくさんあります・・・。

プログラムの競合によって起こるものからハードディスクなどの部品が壊れている事によって起こるものまであるので、原因を特定する作業は意外と大変だったりします(笑)

 

とはいってもブルースクリーンに記されているコードによってある程度原因を切り分けることはできるので、その辺は今までの経験などを生かして作業を行います!

 

まずはパソコンを分解し、部品別に入念なチェックを行います。

とても基本的なことですが、この作業を行うことによって解決への糸口が見つかりやすくなります。

 

今回部品ごとのチェックを行った結果、データを保存しているハードディスクと呼ばれる部品が故障しているため起動できないことが分かりました。

 

故障してしまっているハードディスクから何とかデータを救出することができましたので、今までの環境ごとの移行という形で修理させて頂きました。

 

NEC LL750/8

こんにちは!
今回ご紹介するパソコンはこちら!

「NEC LL750/8」というWindows XPのノートパソコンです。
症状としましては、前日まで問題なく使用できていたのに、今朝付けてみたらキーボードの一部キーが正常に入力できなくなってしまったとのことでした。

店頭で確認した所、一部キーが反応しないだけでなく、押しっぱなしになってしまうものもあり、一度お預かりをさせて頂き詳しく検査を行うことになりました。

早速パソコンの分解を行い、キーボードを取り外し、背面を見ると何か水の後が・・・。
ジュースやお茶などでは無く、水のようでしたがこれが原因でキーボードが正常に動かなくなってしまった可能性が高い状態でした。

テスト用のキーボードを使用し、問題なく動作をすることが確認出来ました。
お客様のキーボードに関しましては水分を飛ばして乾かすことで回復できないかを確認シましたが、染みこんでしまいショートしてしまっているのか症状変わらず。

マザーボードには染み込んだ後も無いため、キーボード交換作業の見積もりをさせていただき、ご了承後、部品のお取り寄せ、交換作業を行いました。

元通りキーボードが使用出来るようになったことで大変喜んで頂いて幸いでしたが、お客様に改めて聞いてみると前日の夜窓際にパソコンがあり、少し雨が降ったとのことで、それじゃないかということでした。

皆さんもパソコンの置き場と、戸締りはしっかりしましょう!

NEC LM750/Dの修理

こんにちは!
今回お預かりさせていただいたパソコンはコチラ!

「NEC LM750/D」です!
お持ち込みの理由としては「昨日まで普通に使用できていたのに、今朝電源を入れたらパソコンが立ち上がらなくなってしまった」ということでした。

店頭への持ち込みのご案内をさせて頂き、お持ち込み頂いた所、機種としてもまだ新しいパソコンのため、どこか部品が壊れてしまったというのも考えにくい状況でしたが、起動中に青い背景に「0x000000ED」と他に英文字が出て起動が出来ない状態でした。

これは「ブルースクリーン」といわれるWindowsのシステムやハード面に重大な不具合が出た場合に出るエラー画面で、今回の語尾に「ED」と付くタイプに関しましてはハードディスクの故障による不具合の可能性が高い状態が考えられました。

検査を行った結果やはりハードディスクに不具合がありましたが、なんとかデータや環境は救出出来る状態でしたので、全環境移行作業のご提案をさせて頂きました。

パソコンの高速化に興味があるとのことでしたので合わせてSSDと言われるハードディスクの代わりのようなものをご提案させていただいた所そちらを使用した全環境移行作業を行うことになりました。

今までどおりの環境を再現するだけでなく、SSDに換装したことで起動や動作が段違いで早くなったため、お客様が大変喜ばれていたことが私としては嬉しい限りです。

これからもお客様の快適なパソコンライフの為に、色々なご提案をさせていただければとおもいます。

fujitsu NB40Mのバックライト交換

こんにちは。
今回はバックライトの交換作業です。

今のパソコンの多くにはLED液晶が使用されています。
ですが、まだまだバックライトを使用しているパソコンは多いので、
これからこの記事を読んでいる人のパソコンにも起きるかも!?

今回は一灯式、ノングレアの液晶パネルでした。
症状としては、電源投入時に既に画面が赤っぽく写っていてしばらくすると
画面が暗くなってしまう状態です。画面が暗い状態でも
よーーく見るとかすかにアイコンが見えます。

典型的なバックライトの症状ですが、きちんとインバータやケーブルのチェックも
行なう必要があるので、油断は禁物です。

液晶パネルを取り外し、テスト用の液晶パネルをつけてみての動作を確認したところ
バッチリ移ります。
インバータやケーブル大丈夫そうですね。

早速お見積もりを入れてバックライト交換を行なう事になりました。
バックライト交換で一番大変なのは外すことよりもとに戻すことが大変です・・・

今回はすんなりはまってくれましたがはまらない時は・・・

ちゃんと収縮チューブをははめて、ハンダ付けを行います。一灯式だからショートしないわけではないので
そこはしっかりとしないといけません。

綺麗に映るようになったので、よかったです。

ちなみにこれが取り外したバックライトです。

すこしショートしていたのでしょうか。焦げがついてます。


これからも質の高い修理が出来るように日々努力していきます。

Fujitsu FMV-BIBLO NF40Xの修理

こんにちは!

今回お預かりさせていただきましたパソコンはこちら。


「Fujitsu FMV-BIBLO NF40X」

Fujitsuのノートパソコンです!

症状と致しましては、画面が暗いということでお持ちいただきました。

お預かりさせていただき、症状の確認を行うと画面が薄暗いような状態で、これでは通常通り使用することが出来ない形となってしまいます。

よく見れば起動している…というような状態ですので、液晶周りの分解をして検証致しました。

液晶周辺にも、液晶パネルからバックライト・インバーター・LCDケーブルなど様々な部品が入っています。

それらの部品をひとつづつ切り分けをしていき、最終的に不具合があった箇所はバックライトでした。

既に消耗してしまっている状態で、まったく点灯しないような形です。

テストのバックライトの取り付けを行い点灯テストを行った所、長い時間問題なく点灯し動作していることを確認出来ましたので、バックライトの交換となりました。

バックライトは、液晶パネルの分解を行いハンダを伴う修理となりますので、非常に繊細な作業となります。
また、バックライト自体もとても細く折れやすい部品となるので、慎重に作業させていただきました。

バックライトの交換を行い綺麗に画面がうつり起動できることを確認し、お客様にも非常に喜んでいただくことが出来ました。

画面が暗いなどの症状でも、様々な箇所の故障が考えられますので、お困りのことがございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

T350/56ABの修理について

こんにちは!

今回は東芝のwindows7搭載ノートパソコン「T350/56AB」の修理についてご紹介したいと思います。

 

 

こちらのパソコンはcore i5プロセッサやブルーレイドライブなどを搭載しており、ノートパソコンとして非常に使いやすい仕様になっています。

今回は、電源を入れても正常に起動しなくなってしまったということでお持ち込み頂きました。

実際に確認させて頂いたところ、メーカーのロゴ移行画面が全く進まない状態でした。

精密な検査を行うため一度パソコンをお預かりさせて頂き、部品などのチェックを行います。

今回の様な症状ですと部品が壊れてしまっていてうまく読み込めないといった可能性がある状態になります!

一度分解を行い部品ごとに異常がないかどうかをチェックを行いました。

その結果、データを保存しているハードディスクと呼ばれる部品が故障してしまっているため正常に起動できなくなっている状態でした。

ハードディスクにはwindowsのデータなども全て含まれているため、正常に読み取りができなくなってしまうと起動もできなくなってしまうといった症状になってしまうことがあります。

今回はハードディスクを新しい物に交換し、初期セットアップを行なっての修理をさせて頂きました!

FUJITSU LX50L Unknown HDD Errorにて起動しない。

あけましておめでとうございます。

今年も弊社をごひいきにお願いいたします。

 

さて、弊社は本日から仕事始めとなりました。

さっそくですが、昨年末に年をまたがないギリギリで修理が完了した事例についてご紹介したいと思います。

 

 

機種は上の写真の、「FUJITSU LX50L」 で、症状はUnknown HDD Errorにて起動しなくなってしまったということでお預かりさせていただきました。

 

 

年賀状を作ろうと思ったらこの状態だったということで、はじめはHDDの故障か・・・と考えていたのですが、HDDをチェックしてみると全く問題がない状態。

BIOS上でHDDの認識はきちんとしている状態で、手詰まりの状態・・・そこで、お客様との会話を思い出してみると、動きが若干遅くなってきたため、お客さまにていろいろなファイルを削除した後から起動しなくなったという話を思い出しました。

そこで、システム系の不具合を疑いHDD内を確認したところ、OSはWindowsXPで、なければならないはず場所に、起動に必須なNTLDR等のファイルが消えてしまっていました。

この必要なファイルを復元し、再起動を行ったところ、無事に起動ができる状態に。

動作確認を行ったところ、お客様の必要なデータ等は確認でき、一般的な動作も問題なかったため、お預かりした翌日にはお返しすることができました。

パソコンを修理して年賀状を作成したいので急ぎでと言われていましたので、大変喜んでいただけました。

 

今回の事例紹介は以上になります。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。

 

 

Home > Archives > 2013-01

スタッフのご紹介
代表の田中です。 リピーター様の多い事が、当社の誇りです。栃木のパソコン修理はお任せください!
出身校:大田原高校
All About
マスコ
チーフ
増子 邦彦
『たくさんの知識と経験で皆様の困ったを解決いたします!』
オギノ
サブチーフ
荻野 学
『お困りのことがありましたら、なんでもご相談ください!』
オオハタ
サブチーフ
大畑 貴洋
『お客様のパソコンライフを快適にするために、日々努力しています!』
ヤマダ
テクニカルサポート
山田 祐伴
『お客様の満足を獲得するために全力をそそぎます!』
アライ
テクニカルサポート
新井 瑛之
『どんなご要望にもお答えできるように、常に勉強し万全のサポートができるように努力しています!』
ヒトミ
テクニカルサポート
人見 進一郎
『東京・神奈川・埼玉のパソコン修理は私達にお任せください!』
ヒラサワ
テクニカルサポート
平澤 玲奈
『全メーカー対応しています!あきらめずにまずはお気軽にお相談ください!』
パソコン修理の拠点をご案内
中河原店
中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00
宇都宮駅東店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
宇都宮市上横田店
上横田店
宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00
TODAY

カウンター1
TOTAL

カウンター2

社長ブログ 栃木県
パソコン修理ブログ
パソコン修理の問い合わせはこちら

ページのTOPへ戻る