パソコン修理ブログ
遠隔サポートの図
コンテンツ
*
パソコン修理
*
パソコン修理事例
*
データ復旧・復元 栃木
*
液晶バックライト交換
*
パソコン修理の流れ
*
パソコン修理 費用
*
栃木 ホームページ作成
*
パソコン修理サポート地域
*
遠隔操作サポート
*
埼玉 パソコン修理
*
安全・安心への取り組み
*
宇都宮 求人
*
会社案内
代表挨拶
店舗のご紹介
NEWオープン
戸祭店
上横田店
中河原店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
上横田店

宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00

中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00

栃木県内主要出張地域
宇都宮・小山市

さくら市・鹿沼市・壬生

真岡市・益子町

市貝町・那須町

日光市・喜連川・矢板

塩谷町・芳賀町・上三川

栃木・大田原市・高根沢

那須塩原市・下野市

那珂川・那須烏山市

TOTAL
 
カウンター1

TODAY

カウンター2
*
パソコン修理業者 業務提携募集
パソコン修理の問い合わせはこちら
パソコンのお医者さん 028-639-2448
*
*
栃木県 宇都宮市 口コミ(クチコミ)ブログ
栃木 クチコミ
パソコン修理受付

Mac修理について 事例と料金の目安

 

Mac」はアメリカのApple社が制作、販売しているパソコンです。
世界的なシェアとしては約7%と消して多くはありませんが、そのシェア率は年々上昇傾向にあり、当社にも修理に入ってくることが多いです。

当社に入ってくることが多い理由としてあげられるのが


・メーカーで修理対応ができない


・Macの修理に対応している業者がなかなか無い


上記2つが多いですね。
当社では、メーカーでサポートできなくなったものでも、部品などを国内や海外から取り寄せ、対応ができますのでご安心ください。
MacはWindowsとは全く別物になるため、MacにはMacの知識が必要とされます。
また、内部の部品構成も特殊なため、Mac修理ができない他社では検証が難しいのでは無いかと思われます。
メーカーでは、古いMacは修理対応ができません。
ですが、そういったメーカーでは修理対応出来ない古いMacを使用している方が沢山いるため、当社に入ってくることが多いわけですね。

 

そんなMacのよくある事例と修理料金の目安についてお話していきたいと思います。

【事例1】Power Mac G4の修理


Power Mac G4は当社に入ってくることが最も多いMacの1つです。
Power Mac G4といっても実は種類がいくつかあります。
代表的な物が3つ。


【グラファイト】

Mac修理

1999年~2001年頃に出回っていたモデルです。
特徴として前面が紺色で透過したプラスチックで加工されています。


【クイックシルバー】

2001年~2002年頃に出回っていたモデルです。
特徴としては、グラファイトのような加工がなく、前面の下の方にスピーカーの穴が1つあります。


【ミラードドライブドア】

2002年~2004年頃まで出回っていたモデルです。
特徴として、前面に鏡面があります。
また、PowerMacシリーズでMacOS9.2.2が普通に起動できるモデルとしては最後のモデルです。

上記3種のMacは今から10年以上前のモデルになりますが、それでも現役で使用されている方はかなり多いです。
理由は「MacOS9が使用出来ること」「これを変えるとすべての機器も交換しなくてはならいこと」などが上げられます。
これでないと困ると言う方が多くいらっしゃいますが、現在はAppleでは修理対象外です。

それではよくある症状を紹介して行きましょう。


【症状1】電源ランプを押すと、一瞬光ってすぐ消えてしまう。

これはPowerMacG4シリーズで一番よくあるのでは無いかという症状です。
故障の可能性が一番高い部品は「電源ユニット」になります。
販売から10年近く経っていることもあり、電源ユニットが経年劣化などで弱ってしまい、そういった症状が出てしまい起動ができなくなってしまうことが多いのです。
この場合電源ユニットの交換作業が必要ですが、ここで1つ注意点があります。
PowerMacG4はクイックシルバーやミラードドライブドアなど外見こそ似てはいますが電源ユニットの種類が違います。
電源ユニットの見た目が同じでも、配線等が違うため、併用はできません。
一歩間違えればロジックボードがショートして不具合故障してしまう可能性がありますので、載せ替えなどは控えましょう。


PowerMacG4の電源ユニットの概算ですが


・電源ユニット交換(部品代、工賃込) 25,000円前後


上記のようになっています。
部品は在庫状態によって、新品が取り寄せられる場合と、中古しかない場合がありますので、お問い合わせください。

 


【症状2】電源は入るが画面にフォルダマークが出て起動ができない。

全てのMacOSであり得る症状です。


MacOSのシステムが壊れていて起動ができない場合や、ハードディスクに不具合があり正常に読み込めていない場合に表示されます。
ハードディスクの寿命が平均4~5年くらいと言われていますので、10年近く使用していると、当然弱ってきている可能性が高く、うまく読み書きができないため、システム破損の原因にもなります。
修理としては、システムが壊れてしまっている場合は、システムの修復作業を行います。
まずは、システムのどの部分が壊れてしまっているのかを判断し、ピンポイントでわかれば直接そこの部分を修復します。
あまりにも破損がひどい場合は、システムのみを一度入れなおして、データや環境をその後移行します。
ハードディスクの故障によって読み込めない場合は、まずはハードディスクのクローンが作成できるか確認します。
ハードディスクの状態次第では新品のハードディスクの環境をそのまま移行し、読み込ませることができるからです。


システムの不具合の場合とハードディスクの不具合の場合の概算ですが


・システムトラブル解決 10,000円前後


・ハードディスク交換&全環境移行作業 43,000~50,000円前後


上記のようになっています。
システムの不具合は、故障の度合いによって修理内容が変わりますので、一度お預かりさせていただき、検査させていただければ幸いです。

 

 

【事例2】iMacの修理


iMacは現在でも出続けている人気の一体型PCのシリーズですが、大きく分けて2種類あります。
それは「PowerMac」と「IntelMac」です。


【PowerMac】

こちらのタイプのモデルは1998年~2005年まで製造、販売されていたもので、Apple独自の「PowerPC」と言われるもので構成させていました。
G3」と言われるブラウン管のテレビのようなものから始まり「G4」を言う半球体上の本体から、可動可能のアームが伸びてその先にディスプレイがつながっている前のG3のデザインを覆すようなデザインで販売されました。
その後、当社でもよく修理に入ってくる「G5」と言われるアルミスタンドのみで支えられた、ディスプレイのみのように見える一体型のMacが製造、販売されています。


PowerPCでは、MacOSXが動きつつ、Classicと言われる仮想環境でMacOS9が動くため、現在でも重宝され、幅広い分野の方に使用されています。


【IntelMac】

2006年~現在まで製造販売されているのがIntel製のハードウェアを使用した「IntelMac」と言われるものです。
Intel製の構成になったことで、MacOSとWindowsOSの併用が可能になり、1台で2種のOSを使い分けることができるようになりました。
そのため、敷居が下がったような感じを受けやすくなり、年々シェアが増えて行っています。

それではiMacのよくある症状と概算をご紹介致します。


【症状1】起動音はするが、画面が出ない

よくある症状の1つですが、原因としては


・メモリの不具合


・HDDの不具合


・ロジックボードの不具合


上記のようなハードウェア的なトラブルが考えられます。
Macだけでなくパソコン全般的にも言えることですが、パソコンはハードウェア面を起動する際に最初に読み込むため、どこかの部品に不具合がある場合、画面すら出なくなってしまうということが多々あります。
メモリに不具合がある場合は、起動音でなく「ビープ音」と言われる「ピーピー」という普段はならないような音がなり、故障を知らせます。
そのような場合は、メモリを交換することで症状が改善し、正常に起動ができるようになります。
ハードディスクの不具合の場合は、データの安全と確保を最優先に行い、新品のハードディスクへの入れ替え、その後OSの再インストール等を行います。
状態が良ければ、環境やデータも元通りに戻すこともできますので、一度状態を見させて頂く必要があります。
ロジックボードの不具合の場合は、メインの基盤をまるごと交換するため、分解には細心の注意が必要です。
ロジックボードとは、Windows機等でいうマザーボードに当たり、全てのハードウェアを接続、制御する基盤です。
こちらに不具合がでると、各部品が制御できなくなり、起動ができないと言うわけです。


メモリの交換作業を、ハードディスクの交換作業、ロジックボードの交換をした場合の概算ですが


・メモリ交換作業 15,000円前後


・ハードディスク交換&全環境移行作業 43,000~50,000前後


・ロジックボード交換 50,000円~


上記のようになることが多いです。
メモリやハードディスクは規格や容量で、ロジックボードは規格によって金額や在庫が変わりますので、一度ご相談ください。

 

 

【事例3】MacBook系の修理

MacBookは、Apple社が製造販売するノートパソコンです。


性能や用途によって種類が異なり現在は「MacBookPro」「MacBook Air」などがあります。
すでに販売がされていないものでは「MacBook」や「iBook」が上げられます。
ノートタイプのMacは人気が高く、デザイン関係や音楽関係の仕事をされている方が使用されていることが多く、持ち運びに便利なため人気が出ていると考えられます。
また、MacBook Airに関しては、小さく、薄く、軽いという持ち運びを重視したものになっていて、内部の構成として、SSDが標準搭載されているため、起動や動作がハードディスクの機器に比べて大観亭に早くなっています。

それではMacBook系のよくある症状と概算をご紹介致します。


【症状1】MacBookProで画面が歪んだり乱れたりする

この症状は2007年~2008年製造のMacBookProによく見られる症状で、ある日突然画面が乱れてしまったと駆け込む方が多い症状です。
前兆もなく、突然襲ってくる可能性が高い症状の為、日頃からバックアップを取っていないと、画面が正常に見れないため、データの取り出しが個人では困難な状態になってしまします。
この症状の原因として考えられるのは「グラフィックチップ」です。
MacBookProの2007年~2008年モデルには「NVIDIA GeForce 8600M GT」というグラフィックチップが採用されている物が出ています。
このNVIDIA社製のグラフィックチップには不具合があると発表されていて、Apple社のMacBookProもこれの対象なります。
不具合の症状として、突然画像が乱れたり、歪むといった症状の他に、画面自体が全く表示されないといったものがあります。
これらはApple社が公式で3年以内に上記のような症状が出た場合は無償対応すると発表しています。
ですが、上記の症状が出たからといって必ずしもグラフィックチップではなく、原因が他にある場合は有償修理の対象となってしまいますので注意が必要です。
当社では、細かい原因などの検査ができるため、事前にグラフィックチップの不具合か、他の原因かの切り分けを行うことができます。


当社で修理する場合の概算の修理金額としては


・ロジックボード交換作業 50,000円前後~


上記のようになっています。
仕様などによって金額は変わりますので、一度お問い合わせください。

 

【症状2】MacBookが起動できない

漠然としていますが一番多い症状です。


パターンとしては


・Appleのロゴでフリーズしてしまう。


・フォルダマークが出て先に進めない


・ロゴすらでない


上記のようなものがあります。
フリーズしてしまう原因としては、ハードウェア関係の不具合やソフトウェアの不具合どちらも考えられます。
よくあるものとしては、ソフトウェアアップデートを行ったあとから起動しないというものです。
アップデートを行ったことで、OSとインストールしたApple社製以外のソフトウェアが競合してフリーズしてしまうというとこです。


その場合は、競合しているソフトウェアを一度無効化したり、場合によっては削除する必要があります。
また、競合が原因でシステムが壊れてしまっている場合は、システムの修復作業が必要になります。
ロゴすら出ない場合は、考えられる原因としては、ハードウェアに不具合が生じていたり、弱ってしまっていることで、正常に構成のチェックができず、先のプロセスに行けない状態だと考えられます。
その場合は、不具合が起きているハードウェアの特定と、修復作業が必要になりますね。


修理の概算的なものとしては


・システムトラブル解決 10,000円前後


上記のようになります。


ハードウェアの不具合に関しては、どの部分のハードウェアが壊れているかによって全くお見積もりが変わってしまいますので、一度お預かりさせていただき詳細な診断をさせていただく必要がございますので、ご検討いただければ幸いです。

 

当社では、Windowsだけでなく、Macの修理も長年行なってきたため、確かな技術と知識があります。


Mac修理のことなら「パソコンのお医者さん」にお任せください。

パソコン修理 パソコン修理事例 データ復旧・復元 栃木県 液晶バックライト交換 パソコン修理の流れ パソコン修理 費用 WEB制作 栃木 出張地域 遠隔操作 埼玉 パソコン修理
宇都宮求人 会社案内 サイトマップ
全国から宅配にて修理依頼が多いです。まずはお電話を!
本日の閲覧数      トータルの閲覧数 
ホームページ制作