パソコン修理ブログ
遠隔サポートの図
コンテンツ
*
パソコン修理 栃木県
*
パソコン修理事例
*
データ復旧・復元 栃木
*
液晶バックライト交換
*
パソコン修理の流れ
*
パソコン修理料金
*
栃木 WEB制作
*
パソコン修理サポート地域
*
遠隔操作サポート
*
埼玉 パソコン修理
*
安全・安心への取り組み
*
宇都宮 求人
*
会社案内
代表挨拶
店舗のご紹介
NEWオープン
戸祭店
上横田店
中河原店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
上横田店

宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00

中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00

TOTAL
 
カウンター1

TODAY

カウンター2
ホームページ制作
*
パソコン修理業者 業務提携募集
パソコン修理の問い合わせはこちら
パソコンのお医者さん 028-639-2448
*
*
栃木県 宇都宮市 口コミ(クチコミ)ブログ
栃木 クチコミ
パソコン修理受付
マウス・キーボードが反応する場合
マウス・キーボードが反応しない場合
マウス・キーボードが反応する場合は何かしらのアプリケーションやプログラムが
フリーズの原因となっているケースが多いです。

キーボードが反応するので[タスクマネージャー]を起動させて
現在のパソコンの具合(メモリ、CPUの使用率など)を見てみましょう。

タスクマネージャーの起動の方法ですが
何通りか種類はありますが、私はショートカットキーが好きなので
ここではショートカットキーを使った[タスクマネージャー]の起動方法を
最初にご説明しておきますね。
この[タスクマネージャー]ですが、以外にと色々な時に
役に立つので覚えておいて損はないですよ。
[Ctrl]+[Alt]+[Delete]を押す。
コツは同時押しでもいいですが、[Ctrl]から順番に押していくと確実です。
コツはこれも同時押しでも問題はないですが、[Ctrl]から順番に押していくとこれまた確実です。
[Ctrl]+[Shift]+[Esc]を押す。
パソコンがフリーズするときはタスクマネージャーで確認!
こんにちは。
殆どの方が何かしらの形でパソコンに触ると思います。
そんな時誰もが1度は経験すると思います。
そう、「フリーズ」です。

一口にパソコンがフリーズすると言っても大きく2つに分類することが出来ます。
パソコンがフリーズする時の対処法
うまくショートカットキーが押せれば下のような画面が出てきます。
フリーズしている原因はCPU100%?
これが[タスクマネージャー]です。
便利なんですが、使わない人は本当に使わないものなので
知られているようで知られてないんですよね。

この画像の下の「CPU使用率」を見て頂きたいのですが、
100%!!

そりゃフリーズもしますよ・・・

ちなみに通常状態は下の画像のような状態です。
通常のタスクマネージャー
CPU使用率」というのはそもそも何なのかといいますと
現在パソコンが起動している時間の中で
OSやアプリケーションソフトらがパソコンに対して
何かしらの処理を行なっている時間の割合を指します。
これが0%の状態というのは、何も実行されていない状態を指します。
100%の場合はずっと何かしらの処理を行なっている状態を指します。
常にCPU使用率が下がらない状態の場合は、パソコンの処理能力を
超えた処理要求が降りてきている状態です。
例えばですが、コップに水を注ぎ続けると溢れてしまいますよね。
ざっくりとした例えですが・・・

100%でフリーズする自体になった場合は動作しているプログラムが無限ループを起こしている
可能性がありますね。これがマウスもキーボードも反応しない状態ですね。

さて、CPU使用率については終わりにして[タスクマネージャー]の使い方をご説明しないとですね。
タスクマネージャーのみかた

上の画像の赤い枠で囲ったところに注目して下さい。


①の赤枠ですが、パソコンに電源を投入してから今までに使ったメモリの最大値を表示しています。
もっと噛み砕いて説明してしまうと今パソコンが必要としているメモリ量です。

②の赤枠の値ですが、これはパソコンに搭載されているメモリ量です。 私の場合だと8GB搭載されているのでこのような表示になってます。


さて①と②を比較してみると何がわかるでしょうか。

①必要なメモリと②搭載メモリを比較して②の値のほうが多い場合は特に問題はないですが、
これが逆転した時。つまり
①>②になった場合はパソコンの動作が極端に重くなります。
激重です。

例えるなら256MB~512MBしか搭載していないCeleronマシンで
最新のセキュリティソフトを動かそうとしている状態ですね。
おそらく常にメモリ使用量もパンパンだし、CPU使用率については
常時100%を維持して、更にCPUファンは常に高回転している状態でしょう。

もちろん動作が重い原因としてメモリだけが原因になるわけではないですが、
指標の一つとしてはいい判断材料だと思います。
もしもタスクマネージャー上でメモリの不足に気がついたらメモリの増設をおすすめします。
メモリ不足が原因でフリーズして閉まっていた場合、バッチリ動作するようになりますし、
世界が変わるかもしれません。
もちろんCPUによる速度の頭打ちはありますが・・・


このようにマウスやキーボードが反応していれば[タスクマネージャ]から色々な
情報を得ることができます。

上の画像でCPU使用率が100%の写真がありましたね。
さて原因は何でしょうかという時にも[タスクマネージャ]である程度なら
調べることが出来ます。

[タスクマネージャー]の[プロセスタブ]をクリックしてみると
したの画像のような状態になると思います。

タスクマネージャーのプロセスタブ
さてそのズラリと並んでいる枠の中に更に項目がありますね。
見て頂きたいのは、緑で囲んである[CPU]と[説明]です。
このCPU使用率100%の原因となっているプログラムですが、
オレンジの枠で囲っている[prime95.exe]です。
このPrime95はCPUやメモリに負荷をかけるソフトウェアです。
今回はCPU使用率が100%の状態をお見せしたかったので
このソフトウェアに登場して頂きました。
こいつの説明は今回は割愛しますが、これを使うとCPUを意図的に100%にすることが出来るのです。

さて、原因のプロセスがわかったのでプロセスの上で[右クリック]を行うと
赤枠で囲った[プロセスの終了]をクリックして下さい。
そうすればこのプロセスとつながっているソフトウェアは強制的に落とされます。
よってCPUも安定し、動作の重さも解消しました。
ただ要注意!!
今回は説明の為に害の無いソフトウェアプロセスを用いましたが
システムファイルなどがこのようにCPU使用率を上げてしまうプロセスになってしまう事も
少なくありません。なので闇雲にプロセスを落としてしまうと
システムに重大なダメージを与えてしまうことになるので、要注意です。

じゃぁどうするのさと声が聞こえたのでもう1つ役に立つ機能をご紹介します。
[Windowsキー]+[R]で[ファイル名を指定して実行]というウィンドウが出てくると思います。
そこに「msconfig」と打ち込んで[OK]ボタンをクリックすると
ファイル名を指定して実行
上のような画面が出てきます。

この[システム構成]画面ではパソコンの中で設定されているサービスのON・OFFや
スタートアッププログラムのON・OFFを切り替えることが出来ます。

例えばサービスを全部OFFにしたい場合は
システム構成

②の[全て無効]ボタンをクリックして頂いて[OK]を押して下さい。
そうすれば実行されているサービス全てが無効になります。
が、注意が必要です。


①の枠を見て下さい。
[Microsoftのサービスをすべて隠す]
これにチェックを入れて全て無効にすることで、基本的なMicrosoftのサービスだけは残すことが出来ます。
私はチェックをいれることをおすすめします!

[OK]ボタンを押すことで再起動を促されますので、再起動を行なって下さい。
それで動作が安定する場合、動作しているサービスの中に問題があることがわかります。

次にスタートアップです。

スタートアップ
これは入っているプログラムのようなものですかね。
例えば[LINE]がありますね。
タスクマネージャで下調を行い、[LINE]が怪しいと思ったら
図のようにチェックを外して下さい
こうすることで再起動後にLINEは立ち上がりません。
注意点としてスタートアップにある項目と同じ物がサービスの中にある場合があります。
例えばセキュリティソフトなどですね。
サービス、スタートアップ両方共落とさないと意味が無い場合がありますので、
注意して下さい。
手っ取り早くサービス、スタートアップどちらもすべて無効にしてしまい
切り分けるというのもありかとは思います。

こんな感じです。
スタートアップ2
サービス
原因のプログラムがわかればそれを再インストールしてみたり
アンインストールを試して状態の改善が出来るか見てみましょう。

固まっていてもマウスとキーボードさえ動けばこれだけの事を試すことができますので、
試してみましょう!
ディスクのランプ
さてさて続いてですが、完全にフリーズしてしまってマウスもキーボードも
反応しない状態の場合ですが、
おそらく強制終了しか方法が無いかもしれませんね。
ただ強制終了する際は注意して下さい。


ディスクのランプ
起動選択画面
電源を長押して強制終了の後ですが、再度電源を投入したら
キボードの[F8]キーを連打して下さい。

そうするとこんな画面が出てきます。

赤枠で囲んである中に


・セーフモード


・セーフモードとネットワーク


・セーフモードとコマンドプロンプト


の3つがありますが、
完全にフリーズしてしまっている場合は一番上の[セーフモード]を選択しましょう。

セーフモードの起動に成功した場合、ちょっといつもと画面の見え方が違うと思います。
これはWindowsが起動する上で最低限のプログラムしか動いていないからです。
もちろんグラフィックやネットワークのドライバは動作していません。
もしこれで動作が安定するようであればインストールされているプログラムなどが
非常に怪しいので上の方で説明したスタートアップとサービスを全て無効にして再起動を行い
通常起動してみましょう。 それでもフリーズする場合はインストールされて動いているアプリケーションの競合や
ウィルス感染の疑い、あるいはハードディスクの異常なのど可能性があるので
可能であればバックアップを取った後に、システムの復元が可能な場合は復元を試してみましょう。

システムの復元でもうまくいかない場合本は格的にシステムに異常がある場合があるので
修復インストールなどを行なってみるのも手段ではあります。
いざといった時のためにバックアップはこま目に取りましょうね。

今回は使用中にパソコンが固まってしまう現象についてお話していこうと思います。


皆さんはパソコンを使っていて画面が固まってしまったり、キーボードやマウスが反応しなくなってしまったことはありますでしょうか?


一概にパソコンが固まるといっても起動してすぐ操作すると固まってしまうのか、特定のアプリケーションなどを使用していると固まってしまうのか、固まってしまう時間は短いのか長いのか様々種類があります・・・。
事例ごとに説明していこうと思いますので、もし当てはまるものがあれば是非参考にして頂ければと思います。

 

その1


・パソコンが起動してすぐに操作すると固まる

 

パソコンが起動しきっていないと動作が重かったり固まってしまうことがあります。


電源を入れて起動中の画面が出た後に、普段使っているデスクトップの画面が出てくると思います。このデスクトップの画面が表示されたからといってパソコンが起動しきっている状態ではないのです・・・。
パソコンはデスクトップ画面を表示させた後にも様々なアプリケーションを立ち上げたり、起動時に行わなくてはいけない処理を行なっています。


特にセキュリティソフトなどはパソコンが起動すると同時に立ち上がってくるものが多いので、起動しきるまでの時間を延ばしてしまうことがあります。


セキュリティソフトの種類によっても立ち上がるまでの時間は違いますが一般的には時間のかかるものが多いです。


セキュリティソフト以外にも少なからず立ち上がってくるアプリケーションは複数存在します。Windows標準のシステムだったり、追加したソフトウェアのアップデートだったりと起動時は非常に忙しい状態なのです!

多くアプリケーションを追加しているとその分起動が遅くなってしまうことがありますので必要のないアプリケーションなどはむやみにインストールしないほうが良いでしょう。


また、デスクトップ画面に写真や音楽、書類などファイルを沢山置いていると読み込みを行う際の負担になってしまうことがあります。


使いやすいデスクトップにファイルを置くと便利ではありますが、置きすぎてしまうと起動時の障害になってしまうことがあるということを知っていただければと思います。
完全に起動しきっているのかどうかを見極めるのは難しいかもしれませんので、起動が終わっているかどうかを確認する方法をご紹介しようと思います。
まず、パソコンが起動や動作などの処理を行なっているところはどんなところなのか簡単にご説明します。
基本的にパソコンは起動したり、インターネットをしたり、音楽を聴いたりするために「CPU」や「メモリ」などといった部品が細かい計算を行なうことによって動いているような状態になります。
この部品の性能が良ければ良いほどパソコンの動きは快適になります!
この「CPU」には使用率と呼ばれるものがあって0%が全く使っていない状態で100%がフル稼働しているような状態になります。


数値が大きければ大きいほどパソコンに負荷が掛かっている状態なので、動作が重く感じます・・・。
起動時にはこの数値が高くなることが多いので、この数値を見ることによって起動中なのか、落ち着いている状態なのかを把握することができます!


また、同じように「メモリ」に関しても使用している容量がリアルタイムで表示されるので数値が大きければ大きいほど負荷がかかっている状態になります。


WindowsにはこのCPUの使用率やメモリの使用率が表示できるツールが搭載されています!タスクマネージャーと呼ばれるツールでパソコンの様々な情報を確認することができます。


タスクマネージャーは「Ctrlキー」「Shiftキー」「Escキー」を同時に押すと立ち上げることができます。

この3つのキーを同時に押すと以下の様な小さいウインドウが表示されると思います。
初期設定だと「アプリケーション」のタブが開いている状態なので「パフォーマンス」のタブをクリックしてみて下さい。
すると、CPU使用率とメモリ使用率(RF使用率)と表示されているところがあると思います。
それぞれがグラフとメーター式で表示されているので、こちらを参考にして起動しきっているかどうかを見極めます!

パソコンを起動させて少ししたら上記の手順でタスクマネージャーを立ち上げて頂いて、それぞれのメーターを注目してみて下さい。


CPU使用率のメーターが100%だったり、数値の幅が大きく動いている場合などは後ろで何らかの処理を行なっている可能性が高いので落ち着くまで待ったほうが良さそうです。
しばらくすると数値が安定すると思いますので、その状態になれば起動しきっているということになります。
お使いのパソコンが電源を入れてからどのくらいで立ち上げるのかを把握しておくとイライラせずに済むかもしれません!
完全に起動するまでに時間が掛かってしまう場合は、起動時に立ち上がるアプリケーションの数が多いか性能の問題の可能性があります。

 

その2


・起動する途中で固まってしまう

 

パソコンの電源を入れて起動するまでの途中で固まってしまう場合は、もしかしたらパソコンが故障してしまっている可能性があります。

少しの間だけ止まってしまうだけで、その後問題なく起動できる場合であれば読み込みに時間がかかってるだけの場合がありますが、固まったまま動かなかったり最初の画面に戻ってしまう場合などはシステム面もしくはハード面での故障が疑われます。
もし、ハードウェア面で故障している状態だと壊れている可能性がある部品として「ハードディスク」が挙げられます。
ハードディスクはパソコンのデータを保存している装置なので、ここが壊れてしまった場合は中のデータが壊れている可能性があるのです・・・。

この状態だとパソコン修理の知識と技術が必要になってくるので、どうしたら良いか分からない方はお持ち頂ければと思います。
もし、この状態でパソコンから異音がする場合はハードディスクが壊れかけている可能性があるので、それ以上機器の状態を悪化させないためにも電源は切っておいたほうが良いでしょう!

 

その3


・使っている途中で固まってしまう

 

動画再生や音楽編集など比較的重い動作を行った際にパソコンが固まってしまう場合は、パソコンに負荷が掛かりすぎて処理が間に合っていない可能性があります。
例として動画を見ている時に固まってしまう場合、再生している時としていない時のCPUの使用率などをみてどの程度の負荷が掛かっているのかを見てみましょう。
CPUの使用率などを見るには「その1」でご紹介したタスクマネージャーを起動させることによって確認することができますので、手順が分からない方はそちらを参考にして頂けると幸いです!
動画再生中のCPUの使用率が100%だったりそれに近い数値だった場合は、パソコンの性能がついていけていない状態のため固まってしまうことが多いです。


また、再生中に他の動作も重くなっている場合はパソコンに負荷がかかっていて全体の動きが遅くなっている場合があります。


パソコンの性能の問題になってしまうと部品交換などの高度な技術が必要ですが、できることがないわけでもありません。

現在使用していて最小化などで隠れているアプリケーションを終了を終了させたり、インターネットのページを複数開いている場合は、できるだけページを閉じた状態で再チャレンジしてみてください!


また、タスクマネージャーを見てもCPUの使用率が思ったほど掛かっておらず、動作も重くないのに動画が固まってしまう場合は動画サイト自体にアクセスが集中しているために固まってしまっている可能性があります。
この場合はインターネットのページ更新ボタンを押して再読み込みをさせてみましょう!


すると重かったり固まってしまったりといった状態が改善される場合があります。

それでも改善されない場合は観覧する時間帯を変えてみるのもひとつの手です!


また、パソコン全体の動作が重かったりする時はお使いのセキュリティソフトを開いて見て下さい。セキュリティソフトは定期的にウイルス検索をしている場合があるので、これによってパソコンの動作が劇的に重くなってしまっていることがよくあります(笑)


もしセキュリティソフトがウイルス検索などを行なっていた場合は終了まで待つか一時停止ができるのであれば一時停止をするなどして様子を見てみましょう!

その4


・起動した後不定期で固まってしまう

 

パソコンは正常に起動できるにも関わらず、起動後しばらくすると固まってしまう場合は部品的に故障している可能性があります。


部品が弱ったりしていると固まってしまう症状が不定期だったりするので分かりづらいですが、固まってしまうとマウスやキーボードの応答が完全になくなってしまうので動作が重くなってしまう現象とは違う事がわかります。
こうなってしまうと電源ボタンを長押することによる強制終了をするしかなくなってしまいます・・・。


このような症状が頻繁に出るようであれば、メモリやハードディスクといった機器の調子が悪かったり故障していたりするので、こういった部品を含めてパソコン全体のチェックを行うことをおすすめします!


お仕事で使ったりするパソコンだと重要な書類などの編集中に固まってしまい、編集にかけた時間が無駄になってしまったりするので注意したほうが良いでしょう!


また、特定の動作を行った際にのみ固まってしまう場合などは、その際に行っていた動作や開いていたアプリケーションなどが固まってしまう原因の可能性がありますので、アプリケーションを一度アンインストールしてしまって再度インストールを試みてみましょう!


パソコンは様々な機器やソフトウェアが同時に動くことによって成り立っている機械ですので、些細なことで動作がおかしくなってしまったりしがちです。


そうならないためにも、過酷な環境での使用や長時間負荷をかけるなどの使い方はできるだけ避けたほうが故障の確率を減らすことができます。


また、少しでもパソコンの動作がおかしいようでしたら一度検査してみることも今後の大きな故障防止にも繋がります!

パソコン修理
それでも直らない場合はパソコンのお医者さんに→
パソコン修理を依頼してみる
のもおすすめです(*゚▽゚)ノ
感染してからでは遅い!無料体験から始める人気ウイルス対策ソフト

動作が軽く検出率も高いのでおすすめしています。
是非無料版でためしてみてください。

当社の全パソコンで使用しているセキュリティ対策です。↓

感染してからでは遅い!無料体験から始める人気ウイルス対策ソフト
動作が軽く検出率も高いのでおすすめしています。
是非無料版でためしてみてください。

 

 

当社のホームページ制作でかなり使っています。おススメです。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額105円~容量最大60GB!WordpressやMovable Typeの簡単インストール付★

パソコン修理 パソコン修理事例 データ復旧・復元 栃木県 液晶バックライト交換 パソコン修理の流れ パソコン修理料金案内 栃木 ホームページ制作 出張地域 遠隔操作 埼玉 パソコン修理
宇都宮求人 会社案内 サイトマップ