パソコン修理 ブログ
遠隔サポートの図
コンテンツ
*
パソコン修理 栃木県
*
パソコン修理事例
*
データ復旧・復元 栃木
*
液晶バックライト交換
*
パソコン修理の流れ
*
パソコン修理 料金
*
栃木 WEB制作
*
パソコン修理サポート地域
*
遠隔操作サポート
*
埼玉県 パソコン修理
*
安全・安心への取り組み
*
求人 宇都宮
*
会社案内
代表挨拶
店舗のご紹介
NEWオープン
戸祭店
上横田店
中河原店
駅東店
宇都宮市東宿郷1-7-7 1F
028-666-7475
営業時間 10:30~20:00
上横田店

宇都宮市上横田町1318-9
028-616-3133
営業時間 10:30~20:00

中河原店
宇都宮市中河原町5-7 1F
028-639-2448
営業時間 10:00~20:00

TOTAL
 
カウンター1

TODAY

カウンター2
*
パソコン修理業者 業務提携募集
パソコン修理の問い合わせはこちら
パソコンのお医者さん 028-639-2448
*
*
栃木県 宇都宮市 口コミ(クチコミ)ブログ
栃木 クチコミ
パソコン修理受付

パソコンの仕組み

 

今や一家に1台はありそうなパソコン。
仕事にも欠かせないものになっていて、今こうやって書き込んでいるのもパソコンですね。
最近ではスマートフォン等と連動して使用することも多く、パソコンを今まで以上に色々な周辺機器と併用して使用することが多くなってきていると思います。

普段何気なく使用していると思いますが、実は複雑な精密な機器であるということは皆さま忘れがちでは無いでしょうか?


修理を行なっていると、メンテナンス不足で不具合を起こしたパソコンや、炎天下に置き去りにされて動かなくなってしまったパソコン。
デリケートな機器でありますので、当然のように衝撃などにも強くはありません。
ノートパソコンが多くなってきている今日では、持ち運びの際は、パソコン用のクッションが入ったバッグを使用する等して、なるべく丁寧に扱って上げることをオススメ致します。

さて、今回はそんな必要不可欠の存在になってきている、パソコンの仕組みについて勉強していきたいと思います。

パソコンは大きく分けて2つの構成になっています。


機械的な部品が「ハードウェア
データ的な物が「ソフトウェア」です。


その2つについて下記にご説明させて頂きます。

 

【ハードウェア】


パソコンを構成する部品です。
最低限必要な主部品として「CPU「メモリ」「マザーボード」があります。
これらがパソコンの基本的な性能を決定づけるものになりますので、パソコンを自作する方々は、まずここから選んでいる方が多いでしょう。
その他に「電源ユニット」「ハードディスク(HDD)」「光学ドライブ」があり、それらを収める「PCケース」や、ゲームなんかをやる方の場合は「グラフィックボード」が合ったりしますね。
他にも周辺機器によって、デスクトップ型のパソコンの場合は部品を増設することができます。
ノートパソコンで部品を増設することは難しいですが、メモリやハードディスク等の部品の容量を上げたりすることで、快適性を高めたりすることが可能です。

それでは、下記に今上げた部品の詳細をご説明させて頂きます。


【CPU】

パソコンの仕組み

人間で言う所「」の役割を果たす部品で、中央演算処理装置と言います。
パソコンの核的な存在で、私達が与えた命令を処理する重要な部品です。
この部品の性能が高ければ高いほど、色々な処理をした際のスピードが早く、最近出ているものでは「Core i7」と言われる、仮想的にですが脳が7つあるタイプがあります。
脳の数が多いほど、並行してデータを処理できるため、負荷が少なく速度が増すわけですね。


【メモリ】

CPUが命令を受けて色々な処理をする際に、一時的にデータを記憶しておく役割を補っている部品です。
わかりにくいかもしれませんが例えると「机」のような存在ですね。
この部品の容量が多ければ多いほど、一度に机に載せられるデータの量が多くなるため、並列的に処理しやすくなります。
パソコンの動作が重い際に増設すると、軽くなる可能性が高い部分でもあります。


【マザーボード】

パソコンで使用されるハードウェアをまとめるためのメインの基盤です。
このマザーボードに「CPU」や「メモリ」等の部品を取り付けてパソコンを組み立ていきます。
制御基板になり、このマザーボードに合わせて、CPUやメモリ等の規格を選んでいく必要があります。


【電源ユニット】

マザーボードや、HDD、光学ドライブ等に電気を供給するための部品です。
種類が多々あり、パソコンの構成にあわせた容量(W)の電源ユニットを選ばないと電源不足でパソコンが立ち上がらなくなってしまいます。


【ハードディスク(HDD)】

システムなどのソフトウェアや、データを保存しておくための部品です。
メモリはあくまで一時的に保存するに過ぎませんので、また使いたいデータや、写真や、音楽等の個人的データを保存する際にはコチラに保存されます。
容量が大きければ大きいほど沢山データを保存できます。


【光学ドライブ】

CD、DVD、ブルーレーディスク等のディスク類を読み込むための部品です。
光学ドライブも種類がありますので、使用用途に合わせて選ぶ必要があります。


【グラフィックボード】

高度な映像処理をするための部品で、CPUやマザーボードに標準搭載されているグラフィックだけでは足りない方が使用します。
映像を再生中「カクカク」したりする場合は、映像処理能力が足りていない可能性がありますので、高画質な映像を見る場合、3Dやゲーム等をする場合はグラフィックボードを使用することをオススメ致します。


【PCケース】

上記部品を全て収めるための「」です。
むき出しのままでは、危険であり、故障の原因になることは間違えないでしょう。
また何より格好が付きませんよね。
ケースにはスイッチ基盤等がついている為、これがないとパソコンを通電させるのが難しいです。
ノートパソコンの場合は、上記の部品がメーカー独自の形をしていますが、仕組みや構成としては代わりありませんね。

 

 

【ソフトウェア】


ここでご説明させていただくソフトウェアは「オペレーティングシステム(OS)」と言われるものです。
パソコンはハードウェアだけでは、動作ができません。
中には動作できるように処理をできるような方もいらっしゃるとおもいますが、一般的には厳しいですね。
そこで登場するのが「オペレーティングシステム(OS)」と呼ばれるものです。
これは、パソコンを動かすためのソフトウェアで、現在主なものとして


Windows」「Mac」「Linux


といったものがあります。
これらがハードウェアにインストールされることで初めて、皆さまが手にとっているような状態になります。
これがなければ、書類を作成したり、インターネットをしたり、写真を編集したりなんてことはできません。
2つで1つというところですね。
それでは、上記で少し名前が出た、メジャーなオペレーティングシステムについてご説明させて頂きます。


【Windows】


世界中で使用されているオペレーティングシステムで、最もシェアが高く今日ほとんどの人が使用しているパソコンに搭載されています。


2012年8月現在でのシェアは「92.01%」となっています。


Microsoft社が制作、販売しているソフトウェアですが、今現在パソコンを使用する上で、手放せないものとなっています。
シェアが高いこともあって、有料無料問わず数多くのソフトがあり、汎用性が高く色々な機器と連動していたりします。
メリットが多い機種ですが、デメリットとしてはそういったソフトが出すぎて中には相性が悪かったり不良なソフトウェアも出回っているため、不具合が起きやすいということです。
また、ウイルスが非常に多く、ウイルス対策ソフトが欠かせません。
セキュリティソフト等の更新を怠るとウイルスの感染率が高くなり、架空請求をしてくるウイルスや、最悪システムを壊してしまうようなウイルスに感染する危険性が高まります。


【Mac】

アメリカのApple社が制作、販売しているオペレーティングシステムです。
Windowsに次いでのシェアを誇りますが、Windowsが圧倒的なシェアの為、使用している人は、Windowsの総人口に比べると少なく、シェアは「6.97%」となっています。
専門的なことに対して使用している方が多く、画像処理や映像処理、音楽編集等で使用されていることが多いです。
Windowsと比べて操作性が全く異なるため、ユーザーによっては使用しにくく感じてしまいますが、なれればWindowsもMacも大差はありません。
有料無料含めて配布されているソフトウェアは少なめですが、高品質な物が多く、そういったものが専門的なことで使用されている人々の指示を集める1つの要因となっています。
またMac OSは、Apple社のパソコンのみ搭載可能な専用オペレーティングシステムです。


【Linux】

無料で配布されているオープンソースのオペレーティングシステムです。
自作でパソコンを作成される方は、殆どの人がWindowsを購入するとは思いますが、システム代の節約にコチラを使用される方もいます。


上記のような用途で使用される方は一部で、実際はパソコンやプログラム等が好きな人が、自由に操作、改良ができるシステムとして好んで使用、改良しています。
なれればかなり自由にカスタムできるため、自作でパソコンを組み上げ、オペレーティングシステムにLinuxを選び、独自の物を作成することでオリジナル感がとても出ますね。
現在Linuxは、ある程度できたものを公開している方もいます。


その中でもよく話を聞くのが「Ubuntu」「KNOPPIX」の2種類ですね。


この2種類はLinuxベースで作成したものを公開して、配布。
それをさらに改良を重ねてより使用しやすい物になるように研究されています。
いきなりLinux OSを自分で一から作成するのはとてもハードルが高いものですので、一度使用感を確認する上でも、UbuntuやKNOPPIXのような形ができたものを使用することをオススメ致します。

さて、ハードウェアとソフトウェアが2つ揃って初めてまともに使用が出来る状態になりますが、その他に必要なものなどについてもお話していきます。

現在お話させていただいた物以外で必要になってくるのが
「出力装置」と「入力装置」です。
これらに分類する機器は下記の物があります。


【出力装置】

液晶ディスプレイ、プロジェクタと言った、パソコン本体で処理された内容を実際に画面に映し出すために必要な装置です。
また、画面に写すような物以外にも、プリンタ等の印刷機器がこれに当たります。


【入力装置】

キーボードや、マウス等のパソコンに命令を与えるために必要な入力機器です。
これがなければ、パソコンは命令を受けることができず動くことすらままなりません。


他に、マイク、スキャナ、等もこれに当たります。

 

必ずパソコン周辺にあるものではありますが、なんとなく使用している方が大半だと思います。
ですが、このようにパソコンは、複数の機器を合わせることで初めて動かすことができます。
上記のような知識を持つことで、自分でパソコンの部品を揃えて組み立てたり、システムを入れたり、場合によっては修理したりなんてこともできるわけです。


パソコンの仕組みを知る上で、上記を知りつつ自作のパソコンを組み上げればより一層知識が深まり、色々な事柄に活かすことができます。


皆さんも一度は組み上げてみてはいかがでしょうか?

パソコン修理 パソコン修理事例 データ復旧・復元 栃木県 液晶バックライト交換 パソコン修理の流れ パソコン修理 料金 WEB制作 宇都宮市 出張地域 遠隔操作 埼玉 パソコン修理
宇都宮求人 会社案内 サイトマップ
ホームページ制作

当社の全パソコンで使用しているセキュリティ対策です。↓

感染してからでは遅い!無料体験から始める人気ウイルス対策ソフト
動作が軽く検出率も高いのでおすすめしています。
是非無料版でためしてみてください。

 

 

当社のホームページ制作でかなり使っています。おススメです。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額105円~容量最大60GB!WordpressやMovable Typeの簡単インストール付★