Web制作とブラウザ

Web制作で時間が取られてしまうのが、ブラウザの互換性チェックです。
ブラウザとは、インターネットを見るためのソフトで
Internet ExplorerやGoogle Chrome、Safari、Firefox、Operaなど様々な会社から提供されています。
また、Web制作においてはそれぞれのブラウザによって表示が異なる(厳密には誤差が出る)という事です。
さらに、そのブラウザのバージョンによっても読み込みの解釈が異なるので
今見ていたホームページが10年後に同じ形で見れているかどうかもわからないような状態です。
現に、10年前のホームページを現代のパソコンで見る場合、ディスプレーの大きさもパソコンの性能も
大きく変わってしまっている為、まったく違うように見えている可能性も高いのです。

もし、各会社が手を取り合い同一の仕様にするか基準の仕様が決定するのであれば
見る側にとっても、作る側にとってもこれ以上の素晴らしい事は無いでしょう。
ホームページを普段見ている方も、通常記憶には無いのでしょうが
微妙なズレや表示読み込みの遅さなどでページを離れていく事もあるのではないのでしょうか。
実現が出来るかは別の問題として、これを解決する事が、開発者も見る側のストレスも減るIT社会に近づくような気がします。

次に、会社ごとのブラウザの特徴ですが

Internet Explorer=WIndowsを使っている一般の方向け。最も普及率が高い。

Google Chrome=ホームページのいろいろな所で打ち出されており、普及率が伸びてきているブラウザ。速度が早いのが特徴

Firefox=昔からある、若干マイナーなブラウザです。機能追加の為のアドオンという機能が豊富で開発者〜一般・コアユーザーまで幅広く使えます。
私がメインで使っているのも、このFirefoxです。

Safari=iOSやMacなどに標準搭載されているブラウザです。動きが軽快なのが特徴。個人的にはGoogleより速さだけはすごいのでは…と感じる事も。

普段一時間〜二時間程度しか、ホームページを開く事が無いのであればInternetExplolerで十分ですが、もしそれ以上に使う事があって
使いやすいブラウザをお探しならば、FirefoxかGoogleChromeがオススメです。

私も最初はInternetExplolerのみで使っていましたが、他のブラウザを使った時の感動は忘れられません。
きっとホームページを見る事も楽しくなるのではないでしょうか。

システムとWEB制作

こんにちは、本日はWEBで使うシステムについてお話したいと思います。
WEBでよく使うシステムはデータベース系が多いと思います。
当社でも不動産のデータベースのシステムと中古車販売等で使うシステムを制作した事があります。
どちらもメインはCGIとSQLサーバーの組み合わせが多いです。ところどころにPHPの使用もしております。
ただカスタマイズとお客様仕様に変更する所は少々根気のいる作業になっています。
また、もちろんのことなのですが、入力側のユーザビリティと出力先の見た目の良さわかりやすさなどが鍵を握る為
二つの方向に気を使う必要があります。
また載せる画像の解像度等も気を使わないと強引に縮小されてしまう画像になってしまったり縮尺が合わないときれいな
画像が載せられなかったりと結構苦労いたします。
さらにグーグルマップAPI等も載せる事も可能になり、それらの統合した画面出力等も出来るカスタマイズが完成しましたので、
使いやすさはかなりいいと思っています。
次によく使うのは会員制のシステムなどのログイン機能等はよくしようしたりいたします。
たまに、グーグルのロボット等に検索されて拾われないように注意が必要です。
また問い合わせフォームや自動返信のメール等はよく使用されるシステムです。
メーリングリスト等も一時期はやりましたね。
また最近はブログ連携のFACEBOOKやツイッター連携等のオートメーション化等のプログラムが動いている場合が多いです。
やはりWEB制作をする上で、システム入りのホームページは充実していると思います。
なので、極力使える場合はシステムを組み込む事をお勧めしたします。

最後にシステムは組み終われば非常に沢山のデータを蓄積が出来て、管理等に非常に優れています。
業務の効率化や誰にでも使用できる汎用性等で非常にすばらしいWEB構築ができます。
沢山のデータや品物、物件等がある場合は頭をひねってシステムを組み上げて業務に取り込み
ルーチン化して沢山の情報を提供していくのが好ましいと思っています。
是非システムを構築してみてください。

ただし、一度できたシステムで完成というわけではなくてトライアンドエラーを繰り返してさらに良い方向にシステムを持っていくにはどうしたら
いいか、不都合な点はどこにあるのか、見やすく使いやすいものになっているのか?情報は足りているのか等を検証して、よりよいシステムを作っていく努力が必要なきがします。

Web制作の進歩

最近ではたくさんの人達がスマートフォンやタブレット端末など、
インターネットを見ることが出来る機械を何かしらお持ちではないかなと思います。
パソコン以外でインターネットができる機械はいろいろとありますが、
やはり主に使われているのはパソコンではないのかなと考えています。
今ではたくさんのメーカーさんがいい機会を作り、
ドンドンと安い機器を提供してくれていますね。
私が子供の頃はパソコンなんて40万前後した記憶があります。
今のように「一家に1台」なんていう時代ではなかったのです。
高価なものですし、今のように使い勝手があまり良くなかった印象もあり・・でした。、
今ではその当時の3分の1、もっとお安く販売されているものもありますよね。
手頃に買える時代になったので、ほとんどの方が買われているのではないでしょうか?
昔はインターネットさえするのが難しかったのですが、
今ではブロバイダ料金も安くなり、利用しやすくなりましたよね。
その当時にインターネットをしていてたくさんのホームページを見てきた方、
当時に比べると今のホームページってどのような変化がありましたでしょうか?
デザインなど、その当時と比べると現在のほうが素晴らしくなっているように思えませんか?
Web制作の中で、
色や形以外に中で使われているプログラムなども変化してきています。
ホームページの中にフラッシュなどを使っているところも多く見かけますが、
昔はどのような感じだったのでしょうか?
私もけっこう昔からインターネットをしてきてたくさんのホームページを見てきてはいるのですが、
印象に残ってるフラッシュの使い方というのがないのです。
フラッシュはあったとしても、うまく魅せる技術やデザイン力が乏しかった時代だったのかもしれません。
フラッシュの他にも様々なスクリプトが開発されていますよね。
そういったところからホームページのデザイン性や機能性の幅が
どんどんと広がってきているのかもしれませんね。
全体的なデザインもすごく良くなってきてると思います。
昔はどの会社さんのホームページを見ても、
あまり大差のないデザインだったような気がするのです。
Web制作会社なども少なかったのでしょうか?
たくさん競争相手の会社や人間がいれば、そこに打ち勝つように工夫などがあったはずです。
今では競争相手のデザイナーも多くいる時代。
それに打ち勝つ事とこれからも進歩していく事が重要です。
これからもホームページの歩みを追っていきたいと考えています。

ホームページで売上を

ホームページで売上が上がらない方へ

ホームページを作ったが売上が上がらない…という方はいらっしゃいますか?
ホームページは確かに「作っただけ」では売上を伸ばすのは難しい事が事実です。
ここで一部、キャンペーンやTVCMとの掛け合わせなど特例は除外します。

ホームページで売上を上げる為に必要になってくるのが、検索エンジン最適化という方法。
GoogleやYahooなど大手の検索エンジンで上位に表示されやすくすることにより集客効果を狙う手法です。
これによって、多く検索されているキーワードで上位表示がされ顧客がホームページに来店し結果としてお問い合わせや売上に繋がります。

上記で紹介したSEO対策が最もホームページにおける集客で必要とされているものですが
今回は他の方法で売上を上げる事ができないかどうか、考えてみたいと思います。

新聞の折込広告やチラシを出す。
もちろんチラシにはホームページオープンしました。キャンペーン期間中などの掲載を行う事が必要となってきます。
費用がかかってしまう上に、チラシ→ホームページ→購入とホームページを挟む事によって成約率が下がってしまう感じがしますね。
しかし、ホームページに定着するお客さんは商品購入の「リピート率」が高いというレポートもあります。
最初のホームページ立ち上げ時などの活気を出す為には利用できるかもしれません。
ホームページからの購入で顧客のメリットになりそうなキャンペーンを併用するのもありではないでしょうか。

ホームページ内のブログで何度も自社製品を打ち出す。
ホームページ内にブログは作られていますか?
作られていないのでしたら、確実にブログはオススメ出来るホームページの更新方法です。
ホームページ内のブログを最低1日1回更新する事によって、一年間で360ページほどページが作られた事になります。
それだけのページ数でバリエーションに富み、かつ専門的で顧客に興味が持たれる内容であれば確実に顧客はそのブログを見て自社の製品に興味を持つはずです。
そのブログに入った後のユーザー側の導線設計も必要ですので
ユーザーがどんな事を求めていて(キーワード)で検索して、どうなりたいのか。何を欲しいのか。(ページ内コンテンツ)
しっかりと見極めた上で記事を作っていく事が必要です。

今日はこのあたりまでですが、ホームページの集客というものはこれ以外にも様々なサービスや手法で行われているので
是非、研究をして売上をホームページで上げていきたいですね。

Web制作でのフォントについて

今回は、フォントについてお話せていただきたいと思います。

フォントとは、文字の書体のデザインを指す言葉で、紙面にでの印刷で使われる場合や、現在ではホームページ上でも多く使用されています。

フォントにはゴシック体や明朝体などのたくさんの種類のものがあり、その場面場面で使い分けることによってより伝わりやすくなり、雰囲気によってフォントを変えるだけでも、かなり大きな違いが出てきます。

例えば高級感を出したいホームページを制作する時に、普通のフォントだけを使用しているよりもその高級感のイメージに合ったフォントを使うだけで一気にイメージが変わります。
写真などを入れて文字を入れ込みたいとなった場合、写真を綺麗に加工することはもちろんフォントを変えることでその写真のイメージも変わってきます。

注意点として、フォントは元々パソコンに入っているものでないと表示することはできませんので、例えばwindowsで標準で入っているフォントでも、Macには入っていないものもありますので、それを使用している場合見え方が変わってきてしまいます。
画像として文字をいれこんで作れば、どのパソコンでも同じように見られるようになりますが、文字テキストで入れているものの場合は、パソコンに入っていないものは表示できません。

たとえば、yahooであればfont-familyは("Osaka", "MS Pゴシック", "Arial,sans-serif",)が使われています。
また、googleでは("Arial,sans-serif")です。
このように色々な人が見る大手サイトを参考にしてみるのが間違いないと思います。

フォントには、一つのフォントでも色々な種類があります。
例えば、「ゴシック体」と一言で言っても、「MS ゴシック」「MS Pゴシック」「HG丸ゴシックM-PRO」等の種類があり、その文字の見え方や太さなども様々です。
元々太字のフォントであったり、細めのフォントであったりとその強調性もものによってかなり変わってきます。

どこを強調したいのか、通常はタイトルなどを太字にすることが多いと思いますが、他にもここを伝えたい!という所を太字にしたり、色を他とは変えてあげられたりすると強弱のバランスがつき、見る側の人たちも見やすくなります。

このようにホームページや画像テキストなどで使われるフォントは、ホームページ制作に非常に重要な点になってきます。
その辺りをイメージやページに合ったものにするだけで、より良いホームページや画像を作成することができるかと思います。