イクオスで生え際の後退は防げる?M字ハゲに効く成分を徹底調査!

生え際の薄毛は頭頂部の薄毛と比べてもかなり厄介で進行も早いためその対策に悩んでいる方も多いはず。ですが、そんな中で生え際問題に一石を投じるのがイクオスです。頭頂部の薄毛に対しては効果が高いと評判でしたが、生え際が後退していくいわゆるM字ハゲにイクオスはどのように対処していくのか、そしてM字ハゲ対策に特化していると言われている育毛剤「薬用プランテル」と比較をするとどちらの方が生え際の後退に対して効果に期待ができるのか調べてみました!

 

【このページの目次】
1.生え際が後退するM字ハゲの原因は?
生え際後退は血行不良が原因
生え際後退はAGA(男性型脱毛症)が原因

 

2.イクオスの生え際後退を防ぐ成分
イクオスの生え際に効く成分
イクオスサプリEXも生え際に効果あり

 

3.イクオスとM字ハゲに効く育毛剤を比較
4.まとめ:イクオスの生え際後退に対する効果

 

1.生え際が後退するM字ハゲの原因は?

生え際が後退してしまうM字ハゲなどの原因は2つあると言われており、2つとも発症しているケースもあればいずれか1つが発症して薄毛が発生しているケースもあります。
まずはなぜM字ハゲなど生え際が後退してしまう薄毛が発生してしまうのかを一緒に確認していきましょう。

 

1-1 生え際後退は血行不良が原因

■血行不良で生え際が後退する理由
生え際は血行不良が起こりやすい部分でもあるため抜け毛が発生しやすいのです。
血行不良によって髪の毛に栄養が行き渡りづらくなることが原因で、生え際の毛根(毛母細胞)に栄養が届きにくくなり、成長しきれなくなってしまうことで抜け毛が発生してしまいます。

 


髪の毛の主原料はタンパク質で、その他にアミノ酸なども使われて髪の毛は生成されていますが、肉や大豆などをたくさん食べてタンパク質を大量に摂取したとしても、髪の毛を作る毛母細胞にまで届かなければ髪の毛は生えてきません。

 


タンパク質などの栄養を細胞に届ける役割を果たしているのが血液です。
頭皮に流れる血液量が多ければ多いほど、栄養がしっかりと毛母細胞に送り届けられますが、血管が収縮するなどして血行不良状態になってしまうと、毛細血管など末端の血管にほとんど血が流れなくなってしまうこともあるのです。
そのため細胞に送られる栄養も足らなくなり、各細胞はうまく機能しなくなります。

 


問題は、生え際は血行不良になりやすい、というところです。生え際はコリによって血行不良が引き起こしやすい部位とされており、栄養不足を原因とした薄毛が発症しやすいのです。
生え際は目の筋肉に近いため、目の酷使によってコリが発生しやすく、生え際の毛根にまで影響が出やすいんです。

 

 

■血行不良に陥りやすい原因
「パソコンを使った仕事をしていませんか?」
「長時間ゲームをしていませんか?」
「スマホばかりを見ていませんか?」

 

上記の項目に一つでも当てはまっている方は要注意です。
疲れ目などが日常的に続き、結果として毛母細胞の栄養が足りなくなれば髪の毛は長く成長する前に抜けてしまったり細くなってしまって産毛のような状態になりやすいわけです。

 


もう一つ、生え際は頭頂部や後頭部と比較して血管の本数が少ない、という点を指摘しておかなければなりません。少ない血管で多くの髪の毛をカバーしなければならないので、ちょっとした血行不良でも毛母細胞は栄養不足に陥りやすくなってしまうのです。
食事等から栄養を取っているはずなのに髪の毛に元気がない、という方は血行不良を疑ってみましょう。

 


ちなみに高血圧の方も生え際が薄毛になりやすいです。
生活習慣の乱れから高血圧は起こるので、食生活や寝不足などには充分気をつけてください。

 

>>血行不良に効くのはイクオス!公式サイトはこちら

 

 

1-2 生え際後退はAGA(男性型脱毛症)が原因

男性で生え際が後退している方、M字ハゲになっている方の多くにAGA(男性型脱毛症)が関係しているとされています。
AGAに関わっているのは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。
5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる超強力な男性ホルモンが出来てしまい、髪の毛に脱毛の指令を与えてしまうのです。

 

■AGAと生え際後退の関係
そのDHTの影響で髪の毛が成長しにくくなってしまうのですが、頭髪全体に同じように影響を与えるわけではありません。
実はこれは側頭部と後頭部の毛根には強い影響を与えないんです。DHTが特に強い影響を与えるとされているのが、生え際と頭頂部のつむじ付近の髪の毛です。

 


人それぞれ髪が薄くなり始める場所は異なるのですが、基本的には生え際か頭頂部のいずれかから発症します。
最終的には生え際とつむじ付近の両方が薄くなり、その部分の薄毛が繋がってサザエさんにでてくる波平さんのような状態になるのです。

 

M字ハゲ、つまり生え際の薄毛の原因は主にこのAGAと血行不良によるものだという事がわかりました。
二つの要因が重なるので進行も早いため、この血行不良とAGAに対して同時にアプローチできる育毛剤が、生え際の薄毛対策には必要なんです。

 

 


>>血行不良、AGA対策が同時にできる!イクオス公式サイトはこちら

 

 

イクオスの生え際後退を防ぐ成分

生え際の後退を防ぐために効果的だと言われているイクオスには、全部で61種類もの成分が配合されています。

 

・天然由来成分・・・38種類
・アミノ酸・・・16種類
・ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミン類・・・7種類

イクオスに含まれているどの成分に生え際薄毛のM字ハゲを防ぐような効果があるのでしょうか?またイクオスから出ている育毛サプリ「イクオスサプリEX」の生え際の薄毛を防ぐ機能についてもお伝えします。

 

 

2-1 イクオスの生え際に効く成分

イクオスに配合されている成分の中で特に生え際の薄毛に対処してくれるとされているのが「Algas-2(アルガス-2)」と「ヒオウギエキス」、そして「シャクヤクエキス」です。
一つずつどのように生え際の薄毛に対処してくれるのかをチェックしていきましょう。

 

■Algas-2の効果
Algas-2とはM-034という成分とペルベチアカナリクラタエキスという海藻を混ぜ合わせる事でできあがる、イクオスが独自開発した成分です。

 


生え際は血行不良になりやすいということは先ほど述べましたが、イクオスのメイン成分であるAlgas-2に含まれるM-034には「血管を拡張させる血行促進作用」があるとされ、あの医薬発毛成分の「ミノキシジル」と同等の育毛作用があるとも言われているほどなのです。

 


それだけではありません。Algas-2には毛根の細胞を増殖させたりするなど髪の成長因子を増加させる効果があるので、抜け毛を減らしつつ太くて長い髪の毛へ成長させるパワーにも期待できるんです。

 

■ヒオウギエキスの効果
ヒオウギエキスはAGAを引き起こす原因物質の5αリダクターゼの抑制効果があるとされます。それだけでなく、ヒオウギエキスには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つイソフラボン誘導体を多く含みます。
その影響により男性ホルモンによる薄毛の影響に対処できるので、DHT抑制に関してとても優秀な成分なんです。

 

 

■シャクヤクエキスの効果
シャクヤクエキスには血行促進、消炎・抗炎症効果があるとされ、漢方薬としての実績もあります。
頭皮の血行を高めてくれる効果があり、さらに頭皮環境の改善も期待できます。

 

 

Algas-2やヒオウギエキス、シャクヤクエキスが生え際に効果があるという事がわかりましたが、「だからといってイクオスが特別生え際の後退に効くわけではないんじゃないの?」と考える方もいるかも知れません。
注目してほしいのはイクオスが低分子ナノ水を利用している、という部分です。

 

■イクオスの低分子ナノ水とは?
どんなに素晴らしい育毛成分であっても、頭皮の奥まで浸透しなければ意味がありません。毛母細胞の近くまで浸透していけばより高い効果が得られる可能性が高まります。

 


通常の育毛剤に使われている液体は分子が大きく毛穴の奥まで浸透しづらいのですが、イクオスではその名の通り分子がものすごく小さい低分子ナノ水を利用しているので毛穴の奥まで浸透することができます。
育毛成分がより効率的に働いてくれる可能性が高いのです。

 

 

>>生え際に効く成分が勢ぞろい!イクオス公式サイトはこちら

 

 

2-2 イクオスサプリEXも生え際に効果あり

先ほど紹介した育毛剤のイクオスと是非併用してほしいのがイクオスサプリEXです。育毛サプリのイクオスサプリEXにも生え際の薄毛に対処できる成分が入っています。
注目してほしいのが「ノコギリヤシ」「イソフラボン」「カプサイシン」の3つです。3つの成分が相乗効果をもたらし、M字ハゲなどの生え際薄毛に対抗してくれます。

 

■ノコギリヤシの効果
ノコギリヤシはAGA治療薬として使われている「プロペシア」にも似た働きがあるとされており、5αリダクターゼの働きを抑制しDHTの生成を阻害する作用があります。
優秀な育毛サプリには必ずと言っていいほど含まれている成分なのです。
配合量などを記載してないサプリも多いなかで、イクオスサプリEXでは1粒あたり約100r配合としっかりと表記もしているため、信頼感も高いです。

 

 

■イソフラボンの効果
大豆などにも含まれているイソフラボンには女性ホルモンに似た作用があると言われており、体内の男性ホルモンの影響を弱める機能が期待できます。
AGAの原因として何度も出てきているDHTは別名「超強力な男性ホルモン」なので、男性ホルモンの過剰分泌を抑えられるイソフラボンも生え際の薄毛に対処できる機能があるとされているのです。

 

 

■カプサイシンの効果
唐辛子等にも含まれていることでもお馴染みのカプサイシンには血行促進による血管拡張効果があるのです。
血行不良になりやすい生え際の血行を高めてくれる効果が期待できるのと、先ほど紹介したイソフラボンと同時に服用することで髪の毛の成長因子の「IGF-1」を増加させる「カプイソ効果」があるとされてため、他の育毛サプリでは実感できなかった効果も期待できます。
カプサイシンが含まれているからと言ってサプリメント自体に辛さは無いので辛いのが苦手という方でも安心して飲めますよ。

 

身体に直接取り込むため副作用等の心配があるという方もいるかもしれませんが、イクオスサプリEXは用法容量をしっかり守って飲んでいれば副作用の心配はいりません。

 


イクオスとイクオスサプリEXをそれぞれ単体で使うのではなく、併用することで生え際の薄毛に対して真価を発揮するので是非同時に使用してみてください。

 


>>サプリと育毛剤の相乗効果が強い!イクオス公式はこちら

 

 

3.イクオスとM字ハゲに効く育毛剤を比較

数ある育毛剤の中でもM字ハゲに効果的であるという評判が高いのがプランテルEXです。ではイクオスとプランテルはどちらのほうがM字ハゲ対策におすすめなのでしょうか?
成分の効果面と価格面から徹底的に比較してみます。

 

■配合成分数の比較
まずは両方の育毛剤の成分数を見てみましょう。

 

・イクオスの配合成分数・・・61種類 ・プランテルEXの配合成分数・・・63種類

 

育毛剤単体での成分数はプランテルEXの方が2種類多いという結果になりました。
ですがイクオスの場合は育毛剤に加えて育毛サプリもあります。
イクオスサプリEXの配合成分数は46種類にもなり、育毛剤のイクオスと配合成分が重なるところもありますが、それでも配合成分数はイクオスのほうが圧倒的に多いことになります。
単純に成分の数が多ければ良いと一概に言えるわけではありませんが、その成分の数だけ対応できる薄毛の原因があるのも事実です。

 

 

■配合成分のM字ハゲ(生え際ハゲ)への効果を比較
イクオスとプランテルEXには基本的に似た成分が配合されているので、それぞれの主成分の効果について比較してみましょう。

 

・イクオスの主成分・・・Algas-2 ・プランテルEXの主成分・・・リデンシル

 

Algas-2についての効果(血行促進作用や毛母細胞の増殖作用)は前述したのでリデンシルについて解説していきます。
リデンシルはDHQCというポリフェノールが含まれたセイヨウアカマツ球果エキスやEGCG2と呼ばれる成分が含まれたチャ葉エキスなどで構成された成分で、主な効果は「炎症を抑える効果」と「毛母細胞の増殖を促す効果」の2つだとされています。
要は、リデンシルは前頭部の薄毛の原因であるAGAや血行不良に対処する機能は持っていない可能性が高いのです。

 

もう一点お伝えしなければならないのがイクオスサプリEXの存在です。身体の外側からケアをする育毛剤とは別に、内側からケアできるイクオスサプリを併用することでイクオスの生え際対策力はかなり効果を発揮します。
発毛剤の一つにプロペシアというものがあり、5αリダクターゼの阻害効果があるとされています。そのプロペシアは飲み薬なのです。臨床試験の結果AGAに効果があると認められて、実用化されています。

 


育毛剤単体で見ると正直互角と言っていいのかもしれませんが、イクオスはイクオスサプリEXとの併用でより強いパワーを発揮できるため、配合成分の効果で見てみても、プランテルEXよりもイクオスの配合成分のほうが生え際への影響力が強いと考えられます。

 

>>生え際への効果はイクオスが断トツ!公式サイトはこちら

 

 

■価格を比較
最後に両者の価格で比較してみます。
どちらの育毛剤もドラッグストアなどでは販売されておらずネットで購入することになるわけですが、どちらの商品もAmazonや楽天と言った通販サイトではなく、公式サイトから買う方が一番安く購入できます。
公式サイトでの定期コースの価格は以下の通りです。

 

育毛剤は長い付き合いになるので長期的に購入して金額的に負担にならないものが優秀と言えますが、料金に関してはイクオスとプランテルEXの間には大きな差がありました。
プランテルEXが育毛剤単体で10,000円近くかかるのに対し、イクオスは育毛剤と育毛サプリを含めて7,000円ほどなのでイクオスのほうが継続しやすい、ということになります。

 


今回はプランテルEXとの比較になりましたが、イクオスはその他の育毛剤の価格と比較してもかなり安い部類に入るため、育毛業界全般で見てもかなりコスパの良い育毛剤であるという事がわかりました。

 


>>コスパは最強の育毛剤はイクオス!公式サイトはこちら

 

 

4.まとめ:イクオスの生え際後退に対する効果

生え際の後退をストップさせるのは難しいとされていますが、それに負けじと育毛剤も日々進化しています。そこでイクオスの出した答えが、育毛剤と育毛サプリの併用による相乗効果でした。
単純に配合成分のレベルが高いこともそうですが、頭皮のより深くまで浸透しやすい作りになっていたり、継続しやすい価格に設定されていることからも、同じく生え際の薄毛に特化した育毛剤と言われているプランテルEXより高く評価できます。

 


日常生活の乱れによっても発生してしまいがちなのが生え際の後退なのですが、そんな日常をストップさせるためにもイクオスを使用してみてはいかがでしょうか?

 


>>生え際への効果はイクオスが断トツ!公式サイトはこちら

 

 

 

 

【あわせて読みたい関連記事】

 

イクオスは女性の薄毛にも効果ある?副作用や頭皮トラブルの可能性

 

イクオスはガチで効果ない?口コミに書かれた育毛効果がヤバすぎる

 

イクオスとミノキシジルの効果を比較!副作用無く髪が生えるのは?

 

 

関連サイト:育毛剤IQOS(イクオス)の効果と口コミは?私の体験談【画像有】